お問い合わせ

萬福寺(京都府宇治市)の永代供養の費用・評判と見学予約

萬福寺

  • 住所:〒611-0011 京都府宇治市五ケ庄三番割34
  • 経営主体:寺院墓地
  • アクセス:JR奈良線・京阪宇治線の黄檗駅で下車したあと徒歩5分
  • 総区画数:樹木葬は199区画

条件

国籍 宗派 ペットと埋葬 檀家義務 生前申込
宗派不問
不可
なし
可能

費用の価格幅

永代供養墓 250,000円~2,100,000円
納骨堂 500,000円~
樹木葬 350,000円~480,000円

永代供養の無料相談

ご相談は何度でも無料です

ご相談は何度でも無料

萬福寺の永代供養の費用

永代供養のお墓の種類には、合祀墓・個別墓といった屋外に建てる永代供養墓、墓石の代わりに樹木を墓標として故人を供養する樹木葬、屋内に遺骨が収蔵できる納骨堂があります。

また、遺骨を永代供養する方法は、2種類あります。1つは他の方の遺骨と一緒に埋葬する合祀と呼ばれる方法、2つ目は他の方の遺骨と一緒に埋葬しないで個別で埋葬する方法があります。

萬福寺には、永代供養墓、納骨堂、樹木葬があり、永代供養墓には、合祀となる帰元墓「黄檗の碑」と、個別に埋葬となる永代供養墓があります。

個別に埋葬となる永代供養墓には以下の種類があり、遺骨の最大収容人数によって費用が異なります。

永代供養墓

萬福寺 合同墓所 帰元墓「黄檗の碑」

萬福寺 合同墓所 帰元墓「黄檗の碑」の費用
費用 250,000円
管理費 不要
費用の支払い方法
支払い方法
分割払いの対応
萬福寺 合同墓所 帰元墓「黄檗の碑」の概要

空き状況
安置方法 合祀
遺骨の埋葬方法 骨壺などから取り出して合祀
遺骨の安置場所 屋外
安置期間 永代
安置期間経過後
遺骨の供養方法 毎年7月に合同供養
継承者の有無 なし
遺骨の最大収容人数 1霊ごとに永代供養費を支払えば何霊でも可
お墓の耐震性
区画面積
ペットと埋葬 ×

萬福寺 二人の小さな碑

萬福寺 二人の小さな碑の費用
費用 780,000円~
管理費 6,600円

※別途で遺骨の埋葬料として22,000円が必要です。

費用の支払い方法
支払い方法
分割払いの対応
萬福寺 二人の小さな碑の概要

空き状況
安置方法 個別
遺骨の埋葬方法 骨壺
遺骨の安置場所 屋外
安置期間 最後の方が祀られてから33年
安置期間経過後 黄檗の碑に合祀
遺骨の供養方法 毎年7月に合同供養
継承者の有無 なし
遺骨の最大収容人数 2霊
お墓の耐震性
区画面積
ペットと埋葬 ×

萬福寺 夫婦の碑

萬福寺 夫婦の碑の費用
費用 1,250,000円
管理費 8,000円

※別途で遺骨の埋葬料として22,000円が必要です。

費用の支払い方法
支払い方法
分割払いの対応
萬福寺 二人の小さな碑の概要

空き状況
安置方法 個別
遺骨の埋葬方法 骨壺
遺骨の安置場所 屋外
安置期間 最後の方が祀られてから33年
安置期間経過後 黄檗の碑に合祀
遺骨の供養方法 毎年7月に合同供養
継承者の有無 なし
遺骨の最大収容人数 2霊
お墓の耐震性
区画面積
ペットと埋葬 ×

萬福寺 家族の碑

萬福寺 家族の碑の費用
費用 1,500,000円~
管理費 8,800円

※別途で遺骨の埋葬料として25,300円が必要です。

費用の支払い方法
支払い方法
分割払いの対応
萬福寺 家族の碑の概要

空き状況
安置方法 個別
遺骨の埋葬方法 骨壺
遺骨の安置場所 屋外
安置期間 最後の方が祀られてから33年
安置期間経過後 黄檗の碑に合祀
遺骨の供養方法 毎年7月に合同供養
継承者の有無 なし
遺骨の最大収容人数 4霊
お墓の耐震性
区画面積
ペットと埋葬 ×

萬福寺 継承墓 常しえの碑

萬福寺 継承墓 常しえの碑の費用
費用 2,100,000円~
管理費 15,400円~

※別途で遺骨の埋葬料として33,000円が必要です。

費用の支払い方法
支払い方法
分割払いの対応
萬福寺 継承墓 常しえの碑の概要

空き状況
安置方法 個別
遺骨の埋葬方法 骨壺
遺骨の安置場所 屋外
安置期間 最後の方が祀られてから33年
安置期間経過後 黄檗の碑に合祀
遺骨の供養方法 毎年7月に合同供養
継承者の有無 あり
遺骨の最大収容人数 7霊以上
お墓の耐震性
区画面積
ペットと埋葬 ×

※継承墓の常しえの碑は継承者が必要ですが、継承者がいなくなった場合は最後の方が祀られてから33年後に、黄檗の碑に合祀して萬福寺が永代に供養をします。

納骨堂

萬福寺 慈光堂

萬福寺 慈光堂の費用
費用 500,000円~
管理費 なし

※納骨堂を修理する場合は永代祠堂金が別途で必要になります。

費用の支払い方法
支払い方法
分割払いの対応
萬福寺 慈光堂の概要

空き状況
安置方法 個別
遺骨の埋葬方法 骨壺
遺骨の安置場所 屋内
安置期間
安置期間経過後
遺骨の供養方法 毎年7月に合同供養
継承者の有無 なし
遺骨の最大収容人数
お墓の耐震性
区画面積
ペットと埋葬 ×

樹木葬

萬福寺 樹木の調べ

萬福寺 樹木の調べの費用
費用 350,000円
管理費 なし

※別途で購入時に1回のみ植栽維持費として55,000円と埋葬料22,000円を支払う必要があります。

費用の支払い方法
支払い方法
分割払いの対応
萬福寺 樹木の調べの概要

空き状況
安置方法 個別
遺骨の埋葬方法 骨壺
遺骨の安置場所 屋外
安置期間 12年
安置期間経過後
遺骨の供養方法 毎年7月に合同供養
継承者の有無 なし
遺骨の最大収容人数 1霊
お墓の耐震性
区画面積
ペットと埋葬 ×

萬福寺 樹木プレート

萬福寺 樹木プレートの費用
費用 480,000円
管理費 なし

※別途で購入時に1回のみ植栽維持費として33,000円と埋葬料22,000円を支払う必要があります。

費用の支払い方法
支払い方法
分割払いの対応
萬福寺 樹木プレートの概要

空き状況
安置方法 個別
遺骨の埋葬方法 骨壺
遺骨の安置場所 屋外
安置期間 最後の納骨から12年
安置期間経過後
遺骨の供養方法 毎年7月に合同供養
継承者の有無 なし
遺骨の最大収容人数 2霊
お墓の耐震性
区画面積
ペットと埋葬 ×

萬福寺の永代供養の見学予約

見学をおこなっている曜日
見学ができる時間帯 9:00~16:00

萬福寺の見学予約をご希望の場合は、ハカシルにお電話もしくはメールフォームでご連絡ください。見学予約についてご案内します。

また、見学後、別の寺院(霊園)をご希望される場合は、ご希望に沿う寺院(霊園)をご案内します。

永代供養の無料相談

ご相談は何度でも無料です

ご相談は何度でも無料

萬福寺の永代供養に納骨するまでの流れ

1.見学予約をする

ハカシルの電話または、メールフォームから見学予定日をご連絡ください。

2.見学にいく

萬福寺へ見学にいきます。質問がありましたら見学の際に住職の方へお聞きください。

3.契約をする

実際に見学をして、墓地の雰囲気が気に入りましたら契約をします。

4.納骨式に参列する

契約したあとに納骨式の日程を決めます。後日、萬福寺で納骨式に参列して終了です。

萬福寺の設備情報

萬福寺の景色・外観と設備情報

萬福寺は中国の明時代末期頃の様式で作られたため、屋内・屋外ともに日本のお寺では見かけないデザインとなっています。

萬福寺の境内には沢山の紅葉やイチョウの木があり、秋には紅葉を楽しむことができます。

また現在、萬福寺では感染症対策をおこなっています。各場所に消毒液完備していますので、拝観や見学に行かれる際はご利用ください。

ほかにも、マスクの着用、身体的距離の確保、三密回避をお願いしているほかに受付で検温などもおこなっています。

萬福寺の開門・閉門時間 9:00~17:00
萬福寺の参拝・拝観ができる時間 9:00~16:30

※萬福寺では、参拝・拝観料として、大人・大学生・高校生は500円、中学生と小学生は300円が必要です。

萬福寺の設備

トイレ 喫煙所 休憩スペース 会食施設 法要施設
×
水場 売店 車いすの用意 障がい者用トイレ 車いすでの参拝
ごみの処分箱 管理人駐在 防犯カメラ・見回り 駐車場 バリアフリー

※萬福寺では、一部境内にてスロープ等対応しています。

萬福寺本願寺の供養のルール

萬福寺では特に供養のルールはありません。

萬福寺の最寄り駅・駐車場とアクセス方法

萬福寺の周辺地図

電車でのアクセス方法

【黄檗駅からお越しの方】
黄檗駅から徒歩5分

【JR奈良線京都駅からお越しの方】
JR奈良線 奈良行・城陽行に乗車したあと【黄檗駅】で下車。黄檗駅から徒歩5分

バスでのアクセス方法

【京坂宇治バスからお越しの方】
【JR黄檗バス停】から徒歩4分

自動車でのアクセス方法

【滋賀方面 京滋バイパス宇治西ICから車でお越しの方】
車で5分

【大阪方面 京滋バイパス宇治西ICから車でお越しの方】
車で10分

※萬福寺では50台駐車ができる有料の駐車場があります。最初の90分は500円、以降30分毎に200円でご利用できます。自動車でお越しの方はご利用ください。

萬福寺の年間行事と歴史

萬福寺では毎年7月に合同供養をおこない、永代供養をされた遺骨を供養しています。

合同供養は故人の家族や親しかった友人も参加できます。また、遺骨の供養は合同供養以外にも希望があれば1周忌、年回忌などの追善供養もおこなっています。

ほかにも、黄檗開山・宗祖隠元禅師祥当忌である「開山祥忌」をはじめ、年間を通してさまざまな行事をおこなっています。行事の内容については萬福寺にお問い合わせください。

1月1日~1月3日 新年年頭法要
1月17日 百丈忌
2月15日 涅槃会
3月11日 東日本大震災故者慰霊法要
4月3日 開山祥忌
4月8日 降誕会(黄檗開山・宗祖隠元禅師祥当忌)
4月(第3日曜日) 佛供講法要(信徒各家総回向)
5月8日 厳有忌(第4代将軍徳川家綱公祥当忌)
5月(第3土日) 全国煎茶道大会
7月 合同供養
7月13日~15日 中元法要
7月16日 祥當売茶忌
9月19日 法皇忌(第108代天皇後水尾法王忌)
9月23日 北向地蔵尊彼岸回向(霊園総回向)
10月5日 達磨忌
10月中旬 月見の煎茶会
普度勝会
11月4日 慈愍忌(宗祖生誕日)
12月1日~12月8日 臘八大接心
12月13日 煤払い
12月29日 餅つき
12月31日 除夜の鐘

萬福寺の歴史

黄檗宗萬福寺を開山した隠元隆琦は、明(中国)の万暦20年(1592年)、中国大陸南東の福建省福州府に生まれました。29歳で仏門に入り、46歳の時に故郷の黄檗山萬福寺の住職となります。当時は明においても高名な僧で、その名声は日本にも届いていました。

隠元隆琦が来日したのは明暦順治11年、日本の承応3年(1654年)です。長崎の興福寺の住職である僧逸然性融らが隠元隆琦を日本に招き、それに応じて日本に来日しました。

来日してから3年経った頃、隠元隆琦は帰国を希望しましたが、元妙心寺住職の龍渓性潜をはじめとする日本側の信奉者たちは、日本に留まることを強く希望しました。

隠元隆琦が帰国を希望していることを江戸幕府にも伝えことで万治元年(1658年) 隠元隆琦は江戸へおもむき、第4代将軍徳川家綱に拝謁しています。

家綱も隠元の仏教の教えに従ったことで、翌万治3年(1660年))には幕府によって山城国宇治にあった近衛家の所領で、後水尾天皇生母中和門院の大和田御殿があった地を与え隠元隆琦の為に黄檗宗萬福寺が建てられることになりました。

これによって隠元隆琦も日本に留まることを決意し、当初は3年間の滞在で帰国する予定でしたが、日本に骨を埋めることになりました。

黄檗宗萬福寺は寛文元年(1661年)に開創され、造営工事は将軍や諸大名の援助を受けて延宝7年(1679年)頃にほぼ完成したと伝えられています。

萬福寺でよくある質問

萬福寺のは永代供養墓と納骨堂、樹木葬の費用を教えてください

萬福寺には永代供養墓と納骨堂、樹木葬があり、永代供養墓は250,000円~2,100,000円、納骨堂は500,000円~、樹木葬は350,000円~480,000円の費用がかかります。

永代供養墓と樹木葬はご遺骨の数によって費用が異なります。くわしくはこちら

萬福寺に見学予約をする方法を教えてください

ハカシルの電話(0120-061-029)または、ホームページのメールフォームから見学希望寺院と見学希望予定日と時間をご連絡ください。

見学希望時間につきましては、萬福寺の受付可能時間(9:00~16:00)内でお選びください。くわしくはこちら

萬福寺の永代供養の口コミ・評判

萬福寺

0

交通の利便性

0.0/10

寺院の雰囲気

0.0/10

お墓の管理状況

0.0/10

寺院の設備状況

0.0/10

寺院の周辺環境

0.0/10

口コミの入力はこちら

永代供養を探す

北海道・東北

関東

信越・北陸

中部・東海

近畿

中国

四国

九州・沖縄