お問い合わせ

遺品の処分ができない人へ!亡くなった人の物の処分方法を解説

「遺品の処分ってどうすればいい?」
「遺品の処分方法が知りたい!」
とお問い合わせが多くあります。

今回の記事では、このような質問にお答えします。

遺品処分ができない理由

遺品が処分できないことに対しては下記のような理由が存在していることがほとんどです。

上記のような理由があるため処理することが難しくなっています。どれも無視できないような問題になっているのが特徴的です。

ここからはそれぞれの理由について順番に解説していきます。

遺品を捨てる罪悪感がある

遺品は故人が大切に使っていた可能性もあるので、捨てる際には悩んでしまうこともあるでしょう。

いざ、捨てるとなると罪悪感が湧いてしまうこともあるので、処理の際に難しい問題となっています。

人によっては罪悪感のあまり亡くなった人の物をずっと捨てることができないということもあり得ます。

そのくらい、遺品の処分と人の罪悪感というものは切っても切り離せない問題となっているのです。

何から手を付けていいかわからない

人によっては遺品の処分で何から手を付けたらいいか分からないということもあるでしょう。

というのも、亡くなった人によっては多くの遺品を残している場合があるからです。断捨離をしていない場合は多くの物が残っているので、さらに難易度が上がります。

したがって、処分のコツとして明らかに不要なものから処分していくといいでしょう。不要なものから処分することで効率良く進めていくことが可能です。

思い出の遺品から手を付けてしまうと思い出に浸ってしまい、思ったように作業が進まない場合があります。

効率を重視する場合は十分に注意しましょう。

仏壇や神棚の処分の仕方がわからない

仏壇や神棚といった少し特殊な遺品の処理の仕方が分からないという方もいらっしゃるでしょう。

処分する方法が分からず、そのまま手付かずになり、作業自体が進められないということもあり得ます。

そこで、もし仏壇や神棚を処分する場合にはお坊さんにお焚き上げしてもらい処分することがおすすめです。

もし魂入れといった開眼供養をしている場合は、魂抜きを事前にしてもらいましょう。

亡くなった人の物が思い出深い

遺品を処分する場合亡くなった人の物が思い出深い場合、簡単に処分することができないのが難点です。特に下記のような遺品は処分しづらくなっています。

  • 写真、アルバム
  • 眼鏡
  • 時計
  • 日記、手帳

上記のように亡くなった人がよく使っていたと思われるものは手放しづらいです。

そこで、もし手放しづらい場合はお寺や神社で供養、お焚き上げをしてもらいましょう。

最近では遺品整理業者にお願いすることもできるため検討してみることがおすすめです。

遺品を処分するときの考え方

遺品処分をするコツとして下記のような考え方をすることがおすすめです。

  • 「いつか使う」遺品は処分する
  • 形見分けをしてみる
  • 遺品処分の前に供養してみる

上記のような考え方をすることで、処分が格段にやりやすくなるでしょう。

ここからはそれぞれの考え方についてご紹介いたします。

「いつか使う」遺品は処分する

遺品処分をうまく行うコツとして「いつか使うもの」は優先的に処分しましょう。

なぜなら、「いつか使う」と考えている遺品は結局使わないままで残してしまうといったパターンが非常に多いからです。

そのため、ずっと手元に残しておく必要はありません。

気持ちを切り替えて、優先的に処分するように心がけましょう。

そうすることで、処分をスムーズに進めることにつながるはずです。

形見分けをしてみる

遺品を処分する際の考え方として形見分けを行うという方法もあります。

形見分けとは、故人と親交があった方の思い出としてもらうために遺品を贈るという方法です。

そこで、交友関係、年齢、好みを考えてよりその人にあった遺品を贈ることが大切となります。

形見分けで贈る場合としては衣類、家具、小物などが一般的です。

マナーとして、綺麗でしっかりと使える物を選び、クリーニングなどを行うことが必要となります。

形見分けを行う際には、そういった細かいマナーもあるのであらかじめ覚えておきましょう。

遺品処分の前に供養してみる

遺品処分を行う場合にどうしても気が引けたり、罪悪感が残る場合は遺品を供養することが大切です。

遺品を供養することで安心して処分することができるので、心理的な負担が大幅に軽減されます。

お寺や神社で遺品の供養を受け付けているので是非お願いしてみましょう。

最近では郵送で遺品を送って供養してもらうこともできるので、より手軽に遺品を供養したい場合は郵送も検討してみることがおすすめです。

遺品処分が進まないならプロの業者に頼む

もしどうしても気分的に遺品処分が進まない場合は、プロの業者に頼むことがおすすめとなります。というのも、下記のような明確なメリットがあるからです。

  • スタッフの対応が非常に丁寧
  • 無料で査定してもらえることが多い
  • 多くの遺品を処分している実績があるので安心できる
  • プロなので作業がスピーディ

上記のように多くのメリットが存在するため、どうしても遺品を処分できない際の心強い味方になってくれます。

もし、1人で悩んでしまっている場合はまずは電話で相談してみましょう。

遺品を売るのに抵抗があるなら時間をかけて処分する

もし、ご自身で遺品を売るのに抵抗がある場合は、ゆっくりと時間をかけて少しずつ処分していきましょう。

スケジュールを決めて少しずつ処分していくことで、精神的な負担を軽減して作業することが可能になります。

もし、スケジュールを立てずに一気に遺品を処分し始めると、肉体的にも精神的にも疲れてしまうことがあるのでおすすめできません。

したがって、遺品を処分する際にはスケジュールを立てて計画的に作業をしていきましょう。

遺品処分が進まないならプロの業者に頼む

遺品の処分がなかなか思うように進まないなら遺品整理業者に頼みましょう。

遺品整理業者は、遺品の整理はもちろん、不用品の回収や買取、供養など様々なサービスを受けることができます。

【無料】お墓の質問・相談窓口
【無料】お墓の質問・相談窓口

エリアで探す

ハカシルのサービス