お問い合わせ

ぼったくり葬儀をさせない地域最安プランを即日でご案内

ハカシルの葬儀会社・お坊さんの紹介

ご相談から葬儀社を決めるまでの流れ

葬儀社探しの相談窓口

    このようなお悩みをまるごと解決

    • 亡くなってから何をすればよいか分からない
    • 葬儀の進行がスムーズにいくか不安だ
    • どの葬儀社を選べばよいか分からない
    • 検討する時間が短くて選ぶのに困っている
    • 葬儀をどうやって依頼すべきか分からない
  • 葬儀のプロに無料相談する
【無料】葬儀社探しの相談窓口

このようなお悩みをまるごと解決

  • 亡くなってから何をすればよいか分からない
  • 葬儀の進行がスムーズにいくか不安だ
  • どの葬儀社を選べばよいか分からない
  • 検討する時間が短くて選ぶのに困っている
  • 葬儀をどうやって依頼すべきか分からない

葬儀にかかる費用の相場


ひっそりと身内だけで葬儀をしたい方へ

特徴1呼ぶ人が少ない方向け
故人とご縁があった人がすでに亡くなられている、遠方に住んでいて呼ぶことができないといった呼ぶ人がほとんどいない場合はご遺族だけでおこなう直葬を選ばれる方が多いです。
特徴2葬式は2時間程度で終わる
直葬は通夜式や葬儀式、告別式をおこないません。
亡くなられてから24時間後に火葬場へご遺体を搬送し、火葬式をおこなって葬式は終了となります。
費用や拘束時間が減るので負担を抑えることができます。
特徴3無宗教の人に選ばれている
直葬プランでは原則的にお坊さんを呼んだり、祭壇を用意するといった宗教儀式はおこないません。無宗教の方に選ばれることが増えています。


費用を抑えて満足いく葬儀にしたい方へ

特徴1通夜をおこなわないので葬儀が1日で終わる
一日葬では通夜式をおこないません。葬儀式・告別式・火葬式の流れで進み、1日で終えられるのでご遺族の精神的・肉体的負担を抑えることができます。
特徴2葬儀に呼ぶ人数が30人程度な方にピッタリ
親族だけでなく、故人の親しかった友人、交流のあった知人、お世話になった会社関係者の方も呼びたいという方は一日葬を選ぶことが多いです。
特徴3故人をきちんと供養できる
直葬とちがって、原則的に祭壇の準備、お坊さんの手配をおこなうため、故人をきちんと供養することができます。無宗教の方のために宗教行為をおこなわない、お別れ会形式にすることもできます。


やれることは全部やりたい!

後悔を残したくない方へ

特徴1故人との時間を長くとることができる
二日葬は2日間に分けて通夜式・葬儀式・告別式・火葬式をおこないます。故人との最期の時間を少しでも長くとりたい方は二日葬を選ぶことが多いです。
特徴2葬儀に呼ぶ人数が30人以上になる方にピッタリ
故人の人脈が広く、葬儀に呼ぶ人数が30人以上になることが想定されるときは、できるだけ多くの人が参列できる二日葬を選ぶことが多いです。
特徴3後悔が最も少ないのは二日葬
二日葬は現代において最大限、故人にしてあげられる見送り方です。葬式が終わったあと、「もっと故人との時間をとりたかった」「もっと華やかにしてあげればよかった」と後悔が少ないのは二日葬です。

ハカシルの対応事例

なるべく費用をかけずに身内だけでやりたい
故人様のご友人もご存命の方が少なく、遠方のため呼ぶことも難しい状況にありました。遺言にも葬儀は簡単にしてくれればいいとあったようなので、ハカシルではご遺族に負担が少なく、きちんと送り出せる火葬式をご提案しました。

親戚や友人を呼んで華やかにしたい
生前、人徳が深かったため、多くの人を呼んで見送ってあげたいというご相談を受けました。また、葬式においては由緒ある儀式の流れを大事にしたいということでしたので二日葬をご提案しました。さらに宮型霊柩車にこだわりをもっていましたので、宮型霊柩車を手配できる葬儀社をご紹介させていただきました。

故人らしい葬儀にしたい
質素な葬式ではなく、故人の好きだったものを祭壇に飾ったり、写真や動画などをスクリーンに映したいといったご相談を受けました。棺や骨壺も様々な種類から選べることをお伝えしたところ、葬式全体を自分の要望通りに設営できる葬儀社を紹介してほしいということになり、3社ほどおすすめの葬儀社を紹介させていただきました。

葬式(葬儀)の選び方

どの葬式プランを選べばよいか分からない人は以下の質問に「はい」「いいえ」で答えていくとご自身に合った葬式プランを選ぶことができます。

Q1 多くの人を呼ばず、親族と親しかった人だけを呼んで見送りたい

Q2 故人との最期の時間はできるだけ長くとりたい

Q3 友人や仕事関係者など多くの方を呼びたい

Q4 葬式までの時間は自宅で安置したい。もしくは安置所でもご遺体と面会したい。

Q5 お坊さんを呼んで読経をしてほしい

結果A 直葬がおすすめ

火葬だけおこなう直葬の特徴

ハカシルの葬儀プラン直葬は通夜式や葬儀式、告別式をおこなわないため、費用や拘束時間が減るので負担を抑えることができます。また、直葬プランでは原則的にお坊さんを呼んだり、祭壇を用意するといった宗教儀式はおこないため、無宗教の方に人気があります。

結果B 一日葬がおすすめ

必要最低限にまとめた一日葬の特徴

ハカシルの葬儀プラン葬儀式・告別式をおこなうため、遺族だけでなく友人や知人も呼び、限られた人数で葬式をおこなうことができます。直葬じゃ寂しい、必要最低限な葬式をおこなって故人を見送りたいという方に人気があります。

結果C 二日葬がおすすめ

悔いを残さず見送れる二日葬の特徴

ハカシルの葬儀プラン二日葬は2日間かけて、通夜式・葬儀式・告別式をおこなうため、一日葬よりも多くの人を呼ぶことができます。そのため、故人の人脈が広いという場合は二日葬がおすすめです。また、二日葬は故人にできる最大限の見送り方になるため、後悔が少なく人気が高いです。

ハカシルでは生前予約のご相談も可能

生前予約をするデメリットとメリット

デメリット

  • 家族の理解が得られないともめる可能性がある

メリット

  • 葬儀費用の負担を遺族にかけずにすむ
  • 遺族の手間を減らせる
  • 自分の納得のいく葬式をおこなえる

残された遺族は、ご家族が亡くなられてから葬儀社選びや手配、準備をすぐに対応しなければなりません。

また、故人の口座は葬式が終了するまで凍結してしまうので、葬儀費用はご遺族の負担になってしまいます。
ご遺族に負担をなるべくかけないようにするためにも生前予約は必要です。

【無料】あなたに最適なお葬社をご案内
【無料】あなたに最適なお葬社をご案内

葬式の分からないことはハカシルで解決できる

葬式(葬儀)は分からないことが多く、人に聞いても思うような答えが返ってこないということは多いのではないでしょうか。

ハカシルでは多くの葬儀社と連携しているため、葬式や終活に関する正しい情報を得ることができます。

お墓探しのご案内も可能

お墓のことを日常的に考えている方は少なく、必要に迫られてもなかなか決断できないという方が多くいらっしゃいます。そのような状況において、ハカシルは故人にふさわしくご家族が納得する選択ができるようにサポートします。

葬儀社探しの相談窓口

    このようなお悩みをまるごと解決

    • 亡くなってから何をすればよいか分からない
    • 葬儀の進行がスムーズにいくか不安だ
    • どの葬儀社を選べばよいか分からない
    • 検討する時間が短くて選ぶのに困っている
    • 葬儀をどうやって依頼すべきか分からない
  • 葬儀のプロに無料相談する
【無料】葬儀社探しの相談窓口

このようなお悩みをまるごと解決

  • 亡くなってから何をすればよいか分からない
  • 葬儀の進行がスムーズにいくか不安だ
  • どの葬儀社を選べばよいか分からない
  • 検討する時間が短くて選ぶのに困っている
  • 葬儀をどうやって依頼すべきか分からない
【無料】墓じまいガイドブック