お問い合わせ

ペット葬儀の流れと大切な家族と後悔しないお別れの方法

ペットが亡くなった時にどのような流れで葬儀を行うか、どのような方法でお別れをするかについて説明します。初めて飼ったペットが亡くなったときだとどうすればいいのかわからなくて、しっかり見送りできなくなってしまうのでペットが亡くなったらすること、遺体の管理方法、届出の手続き、火葬の方法や代表的なプラン、価格相場について押さえておきましょう。

ペットの葬儀とは?

ペット葬儀は、ペットを亡くした飼い主が、共に生活してきたペットが亡くなった際に行われる葬儀のことをいいます。昔はペットのご遺体を焼却して埋葬していたが、近年ではペットのご遺骨を引き取って、自宅で供養する家庭が増えていて、ペットに特化した霊園が増えている。

ペットが亡くなったらすること

ペットが亡くなった時には、まずそのままにしておくと硬直が始まり、棺に収まらなくなってしまう可能性があるので、前・後足を胸の方へやさしく折り曲げることが必要です。

その後、お体をきれいに清めて、直射日光の当たらない風通しの良い場所に、ビニールシートやペットシートを敷いた段ボール箱に、薄手のタオルやお布団のおいて、ペットを寝かせて、その上からタオルなどを掛けましょう。

また、死亡を知らせるために、家族や友人にも連絡しましょう。

亡くなった当日は家族みんなでお別れ(お通夜)をすることが好ましいです。生前の写真を飾ったり、愛用していた食事の容器に好きだった食べ物を供えるなどがおすすめです。

ペットの遺体をどうするか

遺体は時間が経過するにつれて、腐食が進行してしまうため、なるべく腐食が始まる前に葬儀の手配をしましょう。

手配する先として、自治体に依頼、ペット霊園に依頼がありますが、その後の供養のことを考えるなら、ペット霊園などで火葬をしてもらうのがおすすめです。

ペットが亡くなった後の届出

ペットが亡くなった場合、火葬や葬儀の申し込みだけでなく、自治体や役所に対して30日以内に届け出の手続きをする必要があります。

その理由は、狂犬病の予防のためであり、届け出を行わなかった場合には罰金が科せられます。

猫や鳥などは必要ありませんが、ライオンや虎、ワニのように人間に危害を加える可能性がある動物は死亡届が必要です。届け出に必要な書類や手数料は、役所によって異なります。

ペット火葬とは?依頼の方法

ペット火葬とは、ペットの遺体を火葬することです。寺院や霊園でも火葬ができますが、寺院によっては対応していないこともあるので、事前に調べる必要があります。

ペット火葬ができる場所は、公営・民営どちらもありますが、火葬の方法が異なります。公営によるペット火葬場は費用は安くなりますが、ペットごとに丁寧に火葬をしてもらえない可能性があります。一方で民営によるペット火葬場は高いですが、個別に火葬をしてもらうことができ、遺骨も持ち帰ることができます。火葬場によっては対応できるペットの種類が異なります。

ペットの火葬の代表的なプランと価格相場

ペットの火葬の代表的なプランと価格相場について、訪問ペット火葬とペット霊園施設の2つのプランがあり、料金は体重やプランによって異なります。訪問ペット火葬は、体重10㎏のペットの場合、1.5万円~3万円程度、ペット霊園施設は、体重10㎏のペットの場合、2.7万円~3.3万円程度が相場となっています。

費用の幅があるのは、火葬にプランがあるからです、火葬のプランには、「訪問火葬」「合同火葬」「個別一任火葬」「個別立会火葬」があります。

訪問火葬車によって自宅周辺で火葬を行う訪問火葬で1.5万円~3万円程度、他のペットと一緒に火葬を行う合同火葬で1万円~6万円程度、個別で火葬を行う返骨が可能な個別一任火葬は1.5万円~6.6万円程度、立ち合いができる個別で火葬を行う個別立会火葬で、1.8万円~8万円程度の費用がかかります。

各プランによって、料金の相場が異なりますので、自分に合ったプランを選ぶことが大切です。

見送るのも「飼い主の責任」

ペットが亡くなったときに、飼い主はそれを見送ることが重要です。

飼っているペットが老いたり、病気になった時に、その最期を見送ることが「飼い主の責任」です。最近では、ペット霊園や火葬施設などで手厚い供養を行うことができるプランもあります。

ペット葬儀についてよくある質問

亡くなったらまずすることについて教えてください

ペットが亡くなった時には、まずそのままにしておくと硬直が始まり、棺に収まらなくなってしまう可能性があるので、前・後足を胸の方へやさしく折り曲げることが必要です。

ペットの体をどうするのが正解ですか

遺体は時間が経過するにつれて、腐食が進行してしまうため、なるべく腐食が始まる前に葬儀の手配をしましょう。手配する先として、自治体に依頼、ペット霊園に依頼がありますが、その後の供養のことを考えるなら、ペット霊園などで火葬をしてもらうのがおすすめです。

ペットが亡くなった後の届出について教えてください

ペットが亡くなった場合、火葬や葬儀の申し込みだけでなく、自治体や役所に対して30日以内に届け出の手続きをする必要があります。その理由は、狂犬病の予防のためであり、届け出を行わなかった場合には罰金が科せられます。