お問い合わせ

仏壇の買取の相場と売る前の注意点

この記事では、仏壇の買取についてまとめています。高額で買取してもらえる仏壇の特徴、買取する前にやるべきこと、注意点、相場、買取の流れ、買取・処分ができる場所など、仏壇の買取に関する全ての情報を知りたい方には是非読んで参考にしてください。

仏壇の買取は難しい理由

中古の仏壇を買う人はほとんどいない

中古仏壇は安く提供されることもありますが、購入者の間ではあまり人気がないことが多いようです。

これは、仏壇が個人的なものであり、祀られる家族にとって唯一無二の未使用の仏壇を持ちたいという思いがあるためです。

たとえ職人の技が高く評価されても、需要がなければ、大きな値段がつくことは少ないです。

仏壇は美術品のような価値が無い

仏壇の第一の役割は仏を祀る空間であり、美術品の役割は美的に評価されることもあります。

仏壇の価値を美術品として価値があると判断されるのは珍しいことでそのようなケースは極めて稀です。

リサイクルにも費用がかかる

金などの貴金属や希少な木材で造られた高価な仏壇は、資源としてリサイクルすることができますが、解体する際に人件費や運搬費などのコストがかかる場合もあります。

仏壇職人の練習台や教材として採用されることもありますが、需要の減少や仏壇職人の不足もあり、無償で引き取ってもらえることは稀です。

そのため、仏壇の買取は難しいですが、一部の仏壇には買取対象となっている物もあります。

買取価格が安い

仏壇の購入費用は決して高くはないケースが多いです。

初期価格は数十万円から数百万円するにもかかわらず、買取は1万円程度で済むこともあります。

しかし、買い手を見つけるのが難しくなっている仏壇にとって、処分費用が無くなるのはありがたいことかもしれません。

以上ことから、仏壇の買取が難しいといわれています。

高額で買取して貰える仏壇の特徴

仏壇の種類

仏壇は大きく分けて2つの種類があります。

金色の漆で仕上げ、その上に金箔を重ねたお仏壇は、貴重な素材を使用しているため、非常に人気があります。

多くの小売店で購入することができますが、漆や金箔の品質によって価格が変わります。丁寧に塗られた日本製の漆と、純度が高く厚みのある金箔が高価買取の対象となります。

しかし、黒檀や紫檀など自然の木目を生かした唐木仏壇は、金箔を使用しないため、すべての店舗で買取が可能とは限りませんし、買取価格が低くなることもあります。

工芸品として価値がある

仏壇は、その複雑なデザイン、磨き上げられた漆、金箔など、貴重な作品となることがあります。

また、何代にもわたって受け継がれてきたお仏壇であれば、骨董品としての価値が付加されている場合もあります。

このような場合は、通常の仏壇店ではなく、骨董品店に依頼することをお勧めします。意外と価値があるケースもあります。

海外では、仏壇として使わず、家の中の装飾品として使っている人もいます。そのため、海外のネットオークションサイトで仏壇を販売する個人も少なくありません。

お仏壇を高く売りたい方は、海外のネットオークションへの出品を検討してみてはいかがでしょうか。

未使用の仏壇

使わなくなった仏壇は、フリマアプリで買取することができます。

仏壇を譲り受けて購入した仏壇が不要になったという方や、なかには廃盤になった仏壇を出品している業者があります。

店頭に並んでいた頃よりも価格は低く設定されているケースが多いですが、中古よりも高く売られているケースがあります。

仏壇を買取する前にやるべきこと

菩提寺に相談する

まずは、自分達が懇意にして通われているお寺に声をかけてみましょう。仏壇が不要になった理由を相談すると、仏壇の処分方法について教えてくれるかもしれません。

魂抜きをする

お寺様によってお仏壇から霊を抜いてもらうことが重要です。

仏壇には仏様やご先祖様がいらっしゃるので、仏壇の処分や購入、引っ越しなど、仏壇を動かす際には必ず魂抜きを行う必要があるのです。

魂抜きの儀式が済んでいない仏壇は、売り手も引き取らないので注意が必要です。

家族と相談する

お仏壇の処分は、ご家族の気持ちを考えて決めることが大切です。

仏壇は先祖が宿る神聖な場所とされており、安易に処分してしまうと家族間の争いを引き起こす可能性があります。

そのため、大切な家族とは事前によく話し合っておくことが大切です。

仏壇の買取の注意点

引き取ってもらえない物がある

仏壇以外の品物も受け入れてもらえるかどうか、確認することが大切です。位牌や肖像画など、個人の思い出や魂が宿っているものは、先方で引き取れない場合もあります。

さらに、仏壇の中に他のものが入っている場合もありますので、これらの処分についても事前に問い合わせるようにしましょう。

配送料を負担する必要がある

遠方の業者から仏壇を購入する場合、送料はお客様の負担となり、運送会社を通じて手配することになります。

仏壇の買取価格の相場

仏壇の価値は、その素材である貴金属で決まると言っても過言ではありません。

金・銀・プラチナはお仏壇の素材として人気があり、貴金属としての価値が高いため、買取も高くなります。

古くて変色しているように見える仏壇でも、金や銀が含まれている物は買取価値が高く、18金1gの価格は3,660円~3,711円(相場)です。

全て18金でできている仏壇であれば、その重さに近い値段で取引される可能性があります。

ただし、使用されている金の量や純度によって仏壇の価値が変わることもありますし、骨董品や美術品とみなされ、価格が上がる可能性もあります。

仏壇の市場価値は1つ1つ大きく異なるため、正確な見積もりは専門家に相談するのが一番です。

仏壇を買取する流れ

買取業者へ問い合わせする

買取業者に依頼する前に、売りたいお仏壇の情報を集めておくとよいでしょう。サイズ(幅、高さ、奥行き)、仏壇の種類(金、唐木)、現在の状態(購入時期、傷や汚れ)などを確認します。

これらの情報が手元にあれば、あとは買い手と連絡を取り、査定の日時を調整します。スムーズに手続きを進めるためにも、しっかりとした準備が大切です。

仏壇を査定・成約

仏壇の査定は、まず買取業者がサイズや状態、種類を確認することから始まります。仏壇や仏具、仏像など、査定するものの量にもよりますが、30分からそれ以上の時間がかかります。

査定が終わると、買い手は仏壇の買取価格を提示する書面を提出します。双方が条件に納得すれば、売却を進めることができます。

売却の際に注意したいのは、撤去費用や供養費用などです。買取業者によっては、3万円を超えるような追加料金を請求されることもあり、仏壇の買取価格が低くても相殺されてしまうことがあります。

仏壇の搬出

搬出作業は、買い手の業者や運送会社が担当することになります。周辺の清掃や荷物の運搬などを引き受けてくれます。通常、お客様ご自身で移動させる必要はありません。

軽量な仏壇であれば、特別な対応をしなくても買取業者のスタッフで運び出すことが可能です。

100kgを超える大型の仏壇の場合は、4人体制で移動する必要がある場合もあります。運送会社が搬出作業を担当する場合は、仏壇を回収する日を別に設定します。

仏壇の買取や処分ができる場所

リサイクルショップ

仏壇を買い取るリサイクル施設はありますが、中古の仏壇部材の市場は限られており、買い手も乏しいのが現状です。

提示される価格は低額であることが多いです。仮に買取に応じたとしても、解体して材料だけを再利用することが多くあります。

リサイクルショップは店舗数が多く便利ですが、仏壇を売るには不向きな場合もあります。売却する前に、買取の可否を問い合わせることをお勧めします。

仏壇仏具を販売している店舗

古い仏壇の処分を考えている方は、仏壇を販売しているお店に声をかけてみましょう。仏壇を引き取り、処分してくれるかもしれません。

回収された仏壇は合同供養でお焚き上げされるので安心です。なお、処分にかかる料金はあらかじめ決まっているので、途中で予想外の費用がかかる心配はありません。

買取に関しては、近年は中古仏壇の需要が減少しているため、買取サービスを行っている店舗を探すのは難しいかもしれません。

買取を希望する場合は、仏壇店のホームページを確認するか、実店舗に出向いて買取方法について問い合わせるとよいでしょう。

フリマアプリやネットオークションに出品

フリマアプリやネットオークションで仏壇やアクセサリーを売るという方法があります。日本のオークションサイトだけでなく、海外のオークションサイトもあります。

海外のオークションサイトでは、仏壇を美術品や工芸品として購入したいというバイヤーが多いので、高値で買い取ってもらえる可能性があります。

個人で海外のオークションサイトを利用して出品する場合は、配送中に破損しないようにきちんと梱包する責任があることを念頭に置いておきましょう。

遺品整理業者

仏壇の処分には、専門業者も選択肢のひとつです。これらの業者は、引き取りや供養などのサービスを一貫して行っているため、一人で仏壇を処分するのが難しいという方にも便利な選択です。

全国には専門業者が多数あり、中には自宅まで引き取りに来てくれる業者もあります。

店舗によっては引き取りサービスしか行っていない場合もあるので、供養サービスを行っているのか、それとも別途料金がかかるのか、事前に確認しておくことが肝心です。

また、回収のみの業者の場合は、事前に魂抜きを行う必要があります。お付き合いのあるお寺や、仏壇や仏具を扱っているお店などに相談するとよいでしょう。

仏壇の買取についてよくある質問

中古の仏壇を買う人はいるか教えてください

中古仏壇は安く提供されることもありますが、購入者の間ではあまり人気がないことが多いようです。これは、仏壇が個人的なものであり、祀られる家族にとって唯一無二の未使用の仏壇を持ちたいという思いがあるためです。

高額で買取して貰える仏壇を教えてください

お仏壇の価値は、金、銀、プラチナなどの貴金属の種類とその量、純度によって決まります。純度が高く厚みのある金箔が高価買取の対象となります。

仏壇の処分はどこでできますか

仏壇を販売している店舗や遺品整理業者、リサイクル施設、フリマアプリやネットオークションなどで仏壇の購入や処分をすることができます。海外のバイヤーの中には、美術品や工芸品として仏壇を購入したいという人もいるかもしれません。

墓じまいはハカシルが代行します
墓じまいの相談は何でも無料
ハカシルの安い墓じまい