お問い合わせ

行年の意味と行年を使用するケースを紹介

行年とは、人生の旅を数える年齢の方法の一つです。

行年では、生まれた日から始まり、死ぬ日までの期間を数えます。

行年は、人生を振り返る時に使用することができます。 特に、葬儀や忌明けの場合などに使用されることが多いです。 

行年には満年齢や数え年とは異なる特徴があり、使い方も異なります。詳細は次の記事で説明します。

行年とは

行年とは、生まれてから死ぬまでの、何歳まで生きたかという年数のことを指します。

別名、満年齢とも呼ばれます。享年という言葉も似ている意味を持ちますが、明確な違いはありません。

ただ、満年齢ではなく数え年で年齢を数える場合には享年と使い分けることがあります。

古くからの祝い事の年齢の基準である七五三や還暦、古希、喜寿、傘寿、米寿などはこの数え年を用いられることが多かったため、仏教の行事でも数え年を基準にしていることが多いです。しかし、最近ではお祝い事などでも満年齢を使うことが増えてきています。

年齢の数え方については、お墓には亡くなられた年齢として「行年・享年」のどちらかを彫刻するのが一般的です。

行年と享年の違い・使い方

行年と享年の違い

「享年」と「行年」は、年齢を数える方法の違いです。

「享年」は、天から受けた年数を数える方法で、「行年」は、この世に生きて何歳まで修行したかを意味する満年齢です。

日常的には満年齢を使用していますが、昔は数え年と呼ばれ、生まれた時を1歳とし、1月1日(元旦)に歳を加算する方法が使用されていました。

また、墓石に記される故人の年齢も、行年か享年かによって異なります。

現在では墓石や位牌には満年齢で記されることが多いですが、地域の慣習によっても違いがあるので、確認をしておくことが重要です。

行年と享年の使い方

行年と享年は、喪中はがきを送る際に故人の年齢を記載するために使用される言葉です。

享年・行年をつけても問題はありません。

お墓などで使用されることが多く、「享年」は寺院に入れるお墓や位牌などに使用されることが多いです。

その流れから、故人の亡くなった年齢も「天から享(う)けた命」、良いものとして考えるようになる「享年」を用いることもあります。

行年の数え方と満年齢・数え歳との違い

行年の数え方

喪中はがきを送る際には、故人の年齢を記載する場合がありますが、その際に使用するのは「行年」か「満年齢」か、または何もつけるべきでないか判断に困ることがあります。

ここでは、行年の数え方について解説します。

行年は、生まれた瞬間に1歳を迎えるとする数え年が基準です。

例えば、5月に生まれた赤ちゃんは生まれた年は1歳で、それから8ヶ月後の新年1月1日には2この数え年は、赤ちゃんが母親のお腹の中にいる時期を0歳として数えると主張するや、実年齢を少しでも長く表すことで長命を叶えようとする説など説があります。

満年齢・数え歳との違い

満年齢・数え歳との違いは、どこから数えるのかによって分かれます。

満年齢は生まれた日を0歳とし、誕生日当日が来るたびに1歳ずつ増えていきます。一方、数え年は生まれた日を1歳とし、1月1日の正月を迎えるごとに歳を取ると考えます。

歴史的に見ると、昔は満年齢ではなく数え年が東アジア諸国で用いられていました。

日本では若返ることで気持ちを明るくさせる効果や国際性の向上などの理由から、1950年に法律によって満年齢を用いることが定められます数え年で生まれた日を1歳とする理由には諸説ありますが、赤ちゃんがお母さんのお腹の中にいた十月十日の間を0歳と考え、生まれた瞬間に1歳を迎えるとする。

行年についてよくある質問

行年の意味について教えてください

行年とは、生まれてから死ぬまでの、何歳まで生きたかという年数のことを指します。別名、満年齢とも呼ばれます。享年という言葉も似ている意味を持ちますが、明確な違いはありません。

行年と享年の違いについて教えてください

「享年」と「行年」は、年齢を数える方法の違いです。「享年」は、天から受けた年数を数える方法で、「行年」は、この世に生きて何歳まで修行したかを意味する満年齢です。

行年と享年の使い方について教えてください

行年と享年は、喪中はがきを送る際に故人の年齢を記載するために使用される言葉です。享年・行年をつけても問題はありません。

墓じまいはハカシルが代行します
墓じまいの相談は何でも無料
ハカシルの安い墓じまい