お問い合わせ

お彼岸でやってはいけないことは?お墓参りのマナーや注意点を紹介

お彼岸は、亡くなった方を敬うために行うお墓参りの時期です。お彼岸には禁止されているわけではありません。お墓参りをするときには周りに迷惑をかけないように、お墓参りのマナーを知っておきましょう。

お彼岸にやってはいけないことはない

お彼岸には特に禁止されていることない

お彼岸では、特に禁止されていることはありません。お墓参りをする時には、周りの人々に迷惑をかけないように、きちんとした服装やマナーを心がけることが大切です。

お彼岸のお墓参りは禁止されていない

お彼岸のお墓参りは禁止されていません。ですが、お墓参りをする時には、お墓周りを汚さない、花を供えるなど、マナーを守りましょう。

また、お墓参りのときは、周りの人々に迷惑をかけないように大きい声で読経をあけるなどせずに静かにおこないましょう。

お彼岸にやってはいけないと誤解されていること

お葬式やお供え物をすること

お彼岸には、お葬式やお供え物をすることは禁止されていません。ただし、お墓参りをする場所によって、お供え物をすることが許可されていないことがあるので、事前に確認しましょう。

お墓参り中にアルコールを飲むこと

お墓参りには、亡くなった方との時間を思い出したり、報告をしたり、それぞれ目的があります。生前、故人がお酒が好きでよく吞んでいる方であれば、お墓参り中に1口程度のアルコールをのんで故人との時間を思い出すこともあるかと思います。

しかし、酔った状態でお墓参りをすることは、周りに迷惑をかけることにもなりますので、避けましょう。

お墓参り中にスマートフォンを使用すること

お墓参り中にスマートフォンを使用することは禁止されていません。

しかし、お墓は故人の魂がある場所です。興味本位で撮影するのはやめましょう。

写真を撮影するときに、ほかのお墓が写ってしまったら、そこのお墓で眠る故人の魂に失礼をすることになります。

お彼岸で避けたい周囲への気遣いマナー

お墓参り中に大声で話すことや楽器を演奏すること

お墓参りは亡くなった方との時間を思い出したり、報告などそれぞれ大切な時間を過ごしているので、雰囲気を壊すことはやめましょう。

お墓参り中には大声で話すこと、お墓参り中に楽器を演奏することは避けて、ほかのお墓参りをしている人々に迷惑をかけないようにしましょう。

お墓参り中に煙草を吸うこと

お墓は故人の魂が住んでいる場所です。お墓参り中に煙草を吸うことは避けましょう。

お彼岸のお墓参りでやってはいけないこと

お墓を乱雑にすること

お墓は、故人が眠っている場所です。そのため、お花やお供え物を荒したり、お墓参りで使ったものを放置することはやめましょう。

他人のお墓を土地に踏み込むこと

お墓は、家族や親しい人が眠っている場所です。他人のお墓がある土地に目的なく勝手に踏み込むことはやめておくべきです。

お墓の周りにゴミを捨てること

捨てる缶や紙、リンゴの皮などお墓参りに来た人が持ち帰らないで捨てられていることがあります。なかには、灰皿や紙巻きタバコが置かれることもあります。

故人や先祖代々納骨されている方への敬いの気持ちを行動で表すためにも、お墓周りをきれいにし、ゴミを持ち帰るようにすることが大切です。

お彼岸にお供えしてはいけないもの

お供えしていけないと決められているものはない

お供えしてはいけないものはありません。ただし、墓地・霊園の規則によって、お供えが禁止されているもの、持ち帰りが必要なものがあるので、注意が必要です。

何をお供え物にするかは自己判断で決めましょう

お墓参りにおいては、周囲に迷惑をかけないようにすることが大切です。

墓地が狭く限られたスペースしかない場合は大きなお供え物をすることは避けましょう。

お彼岸の事前準備とやるべきこと

お墓参り先の予約や確認

お墓参りをする前に、お墓参り先が予約制であるかどうかを確認しましょう。予約が必要な場合は、事前に予約をしておきましょう。

また、お墓参り先が駐車場があるかどうかや、入場料がかかるかどうかも確認しておくことが重要です。

お墓参りの時間やルートの確認

お墓参り先までのルートも事前に調べておくことで、道に迷わないようにすることができます。

交通機関や車での移動の場合は、事前に時刻表や運行状況を確認し、遅延や渋滞に対応することも重要です。お墓参りの準備をする時間は十分に取って、スムーズにお墓参りができるようにしましょう。

お墓参りに必要なもの(例:花、草、お水など)を用意

お墓参りに必要なものは、文化、宗教によって異なります。

日本の多くでは、花や草をお供えするために花束や草を用意することが多いです。

また、お墓を整えるためにお水や手掃除用の小物が必要となります。個人的に故人の好きだったものをお供えするのも良いでしょう。

宗教や文化によっては、特定の色や形状のお花をお供えすることが必要になることもあります。お墓参りをする前には、宗教や墓地の規則について調べ、適切なお供え物を用意することが重要です。

お彼岸の意味・語源・由来について

お彼岸の意味

お彼岸とは、亡くなった方を敬うために行うお墓参りの時期のことです。

お彼岸には禁止されているわけではありませんが、お墓参りをするときには周りに迷惑をかけないように、お墓参りのマナーを知っておくことが大切です。

お彼岸の語源

お彼岸という言葉は、「彼岸」と読みます。「彼」は「彼方」、「岸」は「水辺」を意味します。それらを組み合わせることで、「彼方の水辺」を意味します。

古代中国において、人間は生前に地上で生き、死後に水辺に住むと考えられていたため、「彼方の水辺」は死後の世界を意味しました。そして、それが日本に伝わり、「彼岸」は死後の世界を意味する言葉になったと考えられています。

お彼岸の由来

お彼岸の由来は、古代中国の儒教に由来します。儒教では、死者が地獄に行かないために、家族が祈りを捧げる必要があるとされていました。

この祈りのことを「彼岸」と呼び、それが日本に伝わり、お墓参りの時期として定着しました。

お彼岸についてよくある質問

お彼岸にやってはいけないことはありますか

お彼岸では、特に禁止されていることはありません。お墓参りをする時には、周りの人々に迷惑をかけないように、きちんとした服装やマナーを心がけることが大切です。

お彼岸の意味について教えてください

お彼岸とは、亡くなった方を敬うために行うお墓参りの時期のことです。お彼岸には禁止されているわけではありませんが、お墓参りをするときには周りに迷惑をかけないように、お墓参りのマナーを知っておくことが大切です。

お彼岸の語源について教えてください

お彼岸という言葉は、「彼岸」と読みます。「彼」は「彼方」、「岸」は「水辺」を意味します。それらを組み合わせることで、「彼方の水辺」を意味します。