お問い合わせ

葬儀の受付を頼んで安心できる人や受付の流れとマナーについて解説

葬儀の受付係は、故人の想い出や追悼の意を大切にすることが大切であり、また葬儀の準備や細部までの手配をサポートすることが役割です。

葬儀の受付を頼むことで安心できる人は、故人の想い出や追悼の意を大切にする人が適切です。また受付の人は葬儀の準備や細部までの手配をサポートすることが役割です。

葬儀の受付をおこなう際のマナーについては、敬意を払い、儀礼に従って受け入れることが大切です。

受付係の役割

受付係とは

受付係とは、葬儀や告別式に参列する人々をサポートする役割を担う重要な人物です。受付係は、まずは弔問客を出迎え、芳名帳に記入をしてもらいます。

また、香典や返礼品を預かったり渡すことも受付係の仕事の一部です。

通常は葬儀社や葬儀場のスタッフではなく、主催者(ご遺族)からお願いされた方が受付係を務めます。受付係は、弔問客を迎え入れる立場にあり、故人を偲びに訪れてくださる弔問客に対して敬意を払いながら、葬儀や告別式の流れをサポートすることが大切です。

受付係は、葬儀や告別式の儀式に臨む人々にとって、安心できる支援者であり、葬儀や告別式の流れに沿って進むことができる環境を整えてくれます。

受付係の役割

受付係は葬儀に関する重要な役割を持っています。受付係は弔問者や参列者を歓迎することから始まりますが、お香典を預かり、芳名帳に記帳することも含まれます。

また、細かいタスクも多く、一般的には近所の方や会社関係の方が受け持つことが多いようです。

受付係は葬儀に関わる代理人としての役割も持っていますので、受付係を頼まれた際は身なりを整え、ご遺族の代理人として向き合う心構えが必要です。

葬儀の受付を頼んで安心できる人

喪主の親族や親戚

受付係は葬儀に関する重要な役割を持っています。受付係は弔問者や参列者を歓迎することから始まりますが、お香典を預かり、芳名帳に記帳することも含まれます。

また、細かいタスクも多く、一般的には近所の方や会社関係の方が受け持つことが多いようです。

受付係は葬儀に関わる代理人としての役割も持っていますので、受付係を頼まれた際は身なりを整え、ご遺族の代理人として向き合う心構えが必要です。

喪主と関係性が深い人

葬儀受付は重要な役割を担うものであり、喪主や関係者から信頼を寄せられることが求められます。

親族の中に受付に応じることができる者がいない場合は、故人と親しい友人や同僚に頼むのが望ましいとされています。

これは、事務的な対応が期待できるためですが、信頼できる人物を選ぶことが重要であることも忘れずに。

受付はプライバシーやお金のやり取りも含まれるので、信頼性が高い相手を選ぶことが大切です。

遺族代表である喪主が面識のある、故人の同僚を選ぶのが望ましいとされています。また、受付に関しては責任が重い仕事であるため、安易に依頼することは避けるべきです。

葬儀の受付を頼んだ方へ渡すお礼の品物

現金や商品券

日本では、葬儀や受付係へのお礼として現金や商品券を心付けすることが一般的です。封筒に入れて渡すことが推奨されており、不祝儀袋や白い封筒を選ぶと良いです。

表書きには「御礼」または「寸志」を用い、目上の方や親しい間柄の方に合わせて使い分けます。

心付けの金額としては、3,000円から5,000円程度が目安ですが、裸のお金を用意することは避けましょう。

お礼の品物

親しい関係にある相手へのお礼として金銭を渡すことは失礼にあたることもあります。その場合、「消えもの」と呼ばれるアイテムを贈るのが一つの良い方法です。

例えば、お菓子、お茶、洗剤など、日持ちするものがおすすめです。

親戚や近所の方への感謝の気持ちを伝える際も、現金を渡すことは失礼な印象を与える可能性があるため、品物を渡すことが望ましいです。

「弔事」の時には、「悲しみや不幸が消える」という意味から消えものが望ましいとされています。

人気のお礼の品物は、お菓子のセットです。和菓子や洋菓子を選んでも良いですが、個包装された日持ちの良いものが好まれます。

また、無地やシンプルなタオルセットなどもよく選ばれています。

「悲しみを拭い去る」という意味を持つタオルは、普段使いの消耗品としても評価されます。最近では、送った相手が自由に品物を選べるカタログギフトも人気があります。

カタログギフトなら、送る品に迷うことなく済みますので、おすすめです。

食事

食事は、葬儀後の感謝の意味を持つものとして、地域によって様々な形で行われます。

「精進落とし」と呼ばれる葬儀後の食事は、遺族が参列者を食事やお酒でもてなし、故人を供養することを目的としています。

参列者が帰路に着いた後に、参列者と同じ料理やお酒を用意してお礼とすることも一般的です。また、参列者と同席してもらうこともできます。

一方、地域によっては、金銭や品物の代わりに葬儀後の食事でお礼をするという方法もあります。

このような食事は、参列者をもてなし、故人を供養すると同時に、思い出を語り合う場にもなります。

受付当日の流れ

準備をする

受け付け係は、弔問客に対応するために準備が必要です。葬儀受付開始の30分前には最低限会場に入っていなければなりません。

受付周辺には、トイレや親族待合室などを確認しておくことも大切です。弔問客に対応する前には焼香を済ませておくことも重要ですが、時間的な制限があることもあります。

このような事情に配慮して、事前に葬儀会社に確認をすることをお勧めします。

受付周辺のセッティングや返礼品などの準備も行い、弔問客を待つことが望まれます。

葬儀が終わった後も受付に留まることになるので、葬儀会社によっては後ろから入ることも案内されています。焼香に関しても、他の参列者に続いて行うこともできますが、事前に確認が必要です。

芳名帳を受け取る

芳名帳は弔問者を記録するために重要な道具です。受付時には、芳名帳に記録するために「芳名カードをお願いします」と案内するか、別の場所で「芳名カードにお名前とご住所をご記入をお願いいたします」と伝えます。

芳名カードを受け取った際には、内容の確認を忘れずに行い、名前だけでなく住所もきちんと記入されているか確認します。

また、種類の違う筆記用具を用意することで、芳名帳の使用に支障がないようにしましょう。少し多めに芳名帳を用意することも重要です。

挨拶をする

受付係は、遺族側の代表として挨拶をする役割を持っています。弔問客が喪主の親族である場合には、「本日はお忙しい中をお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

このたびはお悔やみ申し上げます」と言って挨拶することが望ましいです。

また、弔問客が知り合いや親族である場合には、軽い会話も交わすことができますが、受付作業が滞らないように、短く切り上げることが望ましいです。

一方、受付作業も遺族の立場から行うものであり、「ご会葬ありがとうございます。こちらにお名前、ご住所のご記帳をお願いいたします」など一声おかけすることも重要です。

受付係は、遺族の立場として、丁寧で厳かな挨拶を心がけることが求められます。

香典を受け取る

香典は日本の慰霊の手法であり、弔問客から故人・ご遺族へのお祝いや慰めの意を示すものです。

香典を受け取る際には、「お預かりします」と言って両手で受け取ります。また、香典の受け取りと記帳のタイミングは前後することもあります。

もし、遺族側が香典の辞退の旨を伝えていた場合は、決して受け取らないようにし、「申し訳ございません。

ご遺族(あるいは故人)の意志により、香典は辞退申し上げております」と説明するようにしましょう。香典は両手で心から受け取り、一礼することが大切です。

返礼品を渡す

返礼品を渡す際には、香典(不祝儀)を受け取った流れで香典返しをお渡しすることが一般的です。

このため、特にお声かけすることもない場合もあります。また、香典返しを受付で返す場合は、香典の金額に関わらず同じものを返すことになります。

現在では即日返しも増えていますが、香典返しがあまりにも高額であった場合は後日改めて返すことになります。

一方で、返礼品は記帳(または芳名カード)と香典の受け取りが済んだタイミングで渡されます。大規模な葬儀では返礼品を渡す係を別に決めておくことが望ましいです。

また、弔問客には連名の香典を行なったり、出席できなかった方の分も持参したりする場合もありますので、間違いのないよう返礼品の数を確認するように心がけましょう。

香典が連名の場合は人数分、団体名の場合はひとつの返礼品を渡すのが基本です。

会場への案内

会場への案内: 葬儀に参列する弔問客を案内することが大切です。まずは、返礼品の渡し終えた後、「会場入り口はこちらです」と案内します。

特に年齢のおじいさんやおばあさんなどは、手を貸すことができるように入り口まで付き添いましょう。

クロークがある場合は、コートやバッグなどを預け、引換券を渡すことも忘れずに。開始時間よりも早く到着した方は、まず受付を済ませ、待合室に誘導します。

会場に入れる時間になったら、「どうぞ会場にお入りください」と案内することも大切です。ロビーがある場合は、早めに到着した方をロビーに案内するのも良いです。

タイミングがわからない場合は、葬儀会社のスタッフの案内を参考に判断するとよいです。

香典を会計係に渡す

香典の受け渡しは、弔問客が受付を離れた後に行います。会計係は受付係のすぐ後ろに配置されていますので、弔問客は会計係に香典を渡すことができます。

事前に会計係と受付係は顔合わせをしておくことが大切です。

連なっている弔問客によっては、受付係の手元に香典袋がたまりますが、このような状況を防止するためにも、香典袋をためたままにしないようにすることが重要です。

また、香典の盗難を防ぐためにも早めに会計係に渡すことが望ましいです。

葬儀の受付をおこなう際のマナー

挨拶や声の調子に気を付ける

高齢化社会において、弔問客の中には耳が遠くなっている方も多いため、挨拶や案内に際してははっきりとした口調で、少し大きめの声で対応することが必要です。

また、低音は聞き取りにくいため、特に男性の方は若干高めの声を意識することを推奨します。

挨拶に関しては、「本日はお忙しい中をお越しいただきまして、誠にありがとうございます」といった言葉使いで穏やかなトーンでゆっくりと対応することが大切です。

天気が悪い日には「お足元の悪い中お越しいただきまして、誠にありがとうございます」と気遣いを示すことも忘れずに。お辞儀も急がず、ていねいに頭を下げましょう。

両手を使うように意識する

両手を使ったマナーは、引換券や香典の受け渡しなど、様々な場面で重視されています。

香典を受け取る際には必ず両手で受け取り、「お預かりします」と言って丁寧に対応することが望ましいです。

また、弔問客がまだいる間に香典袋を取りに行ったり、名前を書き忘れた香典袋を修正することは失礼なので、弔問客が場を離れた後に行うように心がけましょう。

返礼品の渡し方も、「こちらをどうぞ」や「こちらお礼の品です」と控えめな言い方を心がけ、両手で渡すことが基本的なマナーです。

両手を使ったマナーに意識することで、周囲に敬意を払い、身だしなみの良い印象を与えることができます。

香典を受け取る場合のマナー

香典を受け取る際にはマナーがあります。香典を受け取る際には必ず両手で受け取り、「お預かりします」と言ってください。

また、弔問客がまだ受付にいる場合や名前を書き忘れた香典袋を見た場合は、弔問客がその場を離れてから行います。

返礼品を渡す際には、「こちらをどうぞ」や「こちらお礼の品でございます」と控えめに言い、手渡します。

香典はご遺族・ご親族に受け取るものですので、「頂戴いたします」よりも「お預かりします」が適当です。

なお、香典を受け取るときと記帳を行うタイミングは前後することもあります。

香典を辞退する時のマナー

香典は葬儀においての敬意の表し方の一つですが、最近では「香典辞退」を望む遺族が増えています。

葬儀場では、「香典は辞退申し上げます」といった文言を張り出していることもありますが、香典を持参する方がいらっしゃる場合もあります。

そのような場合には、敬意を示すとともに、遺族の意向に従い、「申し訳ありません、香典は辞退申し上げております」と丁寧にお断りすることが重要です。

また、「参列者の香典は断るが、親族の香典は受け取る」といった場合も配慮が必要です。

受付の人間は遺族・親族の側の立場でありながら、遺族・親族そのものではないため、相手によって対応を変えることも必要です。

葬儀の受付についてよくある質問

受付係の役割を教えてください

受付係とは、葬儀や告別式に参列する人々をサポートする役割を担う重要な人物です。受付係は、まずは弔問客を出迎え、芳名帳に記入をしてもらいます。また、香典や返礼品を預かったり渡すことも受付係の仕事の一部です。

葬儀の受付を頼む人はだれがいいか教えてください

喪主や関係者から信頼を寄せられる親族や親戚、故人と親しい友人や同僚に頼むのが望ましいとされています。

葬儀の受付を頼んだ方へ渡すお礼の品物を教えてください

日本では、葬儀や受付係へのお礼として現金や商品券を心付けすることが一般的です。封筒に入れて渡すことが推奨されており、不祝儀袋や白い封筒を選ぶと良いです。

墓じまいはハカシルが代行します
墓じまいの相談は何でも無料
ハカシルの安い墓じまい