お問い合わせ

会社への香典返しが必要なケースと香典返しの金額と贈り物の選び方

多くの日本企業では、社員が葬儀や法要などの弔事に参列した場合、会社から香典を贈られることがあります。その際、受け取った香典に対して、社員が香典返しをすることが一般的です。しかし、香典返しの金額や選ぶ品物などには、明確なルールがなく、悩んでしまうことも多いでしょう。本記事では、会社への香典返しの必要性やマナー、金額や品物の選び方について解説します。

会社での香典返しのマナーと注意点

香典返しをする必要の有無と香典返しを送るときのマナー

会社名義で香典をいただいた場合

会社名義で香典をいただいた場合は、基本的には香典返しをする必要はありません。理由として、福利厚生に慶弔見舞金があるからです。

ただし、自分自身や組織として取引のある会社や、特に親密な関係にある場合は、菓子折りを持参して感謝の気持ちを伝えると主に、お休みしたことのお詫びと、葬儀が終わった旨の報告をしましょう。

いただいた香典が福利厚生によるものかどうかは、会社に確認した方がいいでしょう。

上司や同僚といった会社に所属する個人から香典をいただいた場合

上司や同僚といった個人から香典をいただいた場合、香典返しをする必要があります。ただし、お返しをすることで感謝の気持ちを伝えることができます。お返しの方法は、手書きのお礼状や、お返し用の品物を贈る方法があります。ただし、お返しの際には社内のマナーに配慮するようにしましょう。

社長から会社ではなくて個人で香典をいただいた場合

社長から会社ではなくて個人で香典をいただいた場合は、社長個人へのお返しをする必要があります。お返しは、手書きのお礼状やお返し用の品物を贈る方法があります。また、社長個人へのお返しは、社内のマナーに合わせた配慮が必要です。

会社で有志を募って連名で香典をいただいた場合

会社で有志を募って連名で香典をいただいた場合、ひとりひとりに香典返しをお贈りします。香典の品物は、いただいた香典の金額の三分の一程度を人数で割った金額に相当するものにしましょう。

いただいた香典の金額が少額であれば、感謝の気持ちを伝えるために、手書きのお礼状を送る、菓子折りを渡すなどでも問題ないでしょう。

取引先から香典をいただいた場合

取引先から香典をいただいた場合、香典返しが必要です。可能であれば、直接取引先にお伺いして、お渡ししましょう。

香典袋に記載する名前は代理人ではないので、注意が必要です。

香典返しの辞退が香典袋に書かれていた場合

香典返しを辞退された場合、その方の気持ちを尊重し、お返しをする必要はありません。ただし、辞退された場合でも、会社や個人の方から頂いたお礼状や挨拶状には、必ず返事を書きましょう。返事には、感謝の気持ちを伝えることが大切です。また、香典返しを辞退された場合でも、後日の品物や手紙を送ることもできます。ただし、その場合には相手の立場や気持ちに配慮し、適切な品物や言葉を選ぶことが重要です。

会社での香典返しのお礼の仕方や方法

取引先の会社から香典をもらった場合、香典返しをするかどうかはその会社によって異なります。一般的には、取引先との関係によって異なりますが、香典返しをすることでビジネス上の関係が損なわれることはないでしょう。

会社での香典返しの金額と贈り物の選び方

会社に贈る香典返しの金額はどの程度が相場?

会社に贈る香典返しの金額は、3,000円~5,000円程度が一般的です。ただし、会社の規模や関係性によっても異なるため、できるだけ相手との関係を考慮し、適切な金額を選ぶようにしましょう。

会社での香典返しにおいて迷ったときに選ぶべき定番品物

会社での香典返しの贈り物としては、お菓子やフルーツ、ワインなどが人気です。また、香典返し専用のギフトセットやギフトシリーズなども販売されています。選ぶ際には、相手の好みやニーズ、自分たちの会社のイメージに合ったものを選ぶようにしましょう。

会社での香典返しのマナーとして選ぶべき品物

会社での香典返しの品物については、相手に対しての敬意や感謝の気持ちを表現することが大切です。一般的に、食品や飲料品、花や植物、タオルやハンカチなどが贈られることが多いです。また、最近では、オンラインで注文できる香典返しの専門店もあります。専門店では、品質が良く、価格帯も幅広い品物が扱われているので、選択肢が多く便利です。

食品や飲料品は、特に地域の特産品や有名店の商品が人気があります。また、高級なお茶や和菓子、スイーツなども喜ばれることがあります。ただし、相手の宗教や生活習慣に配慮して、アルコールや肉類、洋菓子などを避ける必要がある場合もあります。

花や植物は、葬儀で用いられるお花や、観葉植物などがよく贈られます。色や種類によって、贈る意味や相手の気持ちを表現することができます。

タオルやハンカチは、実用性があり、個人名や会社名を刺繍して贈ることができるため、一定の人気があります。

いずれの品物も、その品質やセンスによって相手に与える印象が変わります。また、会社での香典返しにおいては、品物選びだけでなく、ラッピングやのしの選択にも気を配ることが大切です。

香典返しのお礼状の書き方と例文

会社への香典返しのお礼状の書き方とポイント

頭語・結語の使用

拝啓・敬具などの頭語と、敬具・敬具(署名)などの結語を使用して、丁寧な文体で書くようにしましょう。

句読点の使用

句読点は使わず、文章の区切りは改行で行うようにしましょう。

重ね言葉の回避

「ご多忙中にもかかわらず」などの重ね言葉は避け、簡潔で明確な表現を心がけましょう。

季節のあいさつの回避

香典返しのお礼状には季節のあいさつは必要ありません。シンプルな表現でまとめましょう。

「逝去」の回避

「逝去」は故人に敬意を表す言葉となるので回避しましょう。

便箋は1枚まで

便箋は1枚にまとめ、短文で書くようにしましょう。

二重封筒の回避

二重封筒は必要ありません。封筒の上部に郵便番号・住所・氏名を明記して、普通の封筒で送りましょう。

濃墨を使用

葬儀をしてから時間が経っている場合、挨拶状は濃い目のインクを使用しましょう。

会社への香典返しのお礼状の例文集

謹啓

先般 亡祖母 ○○儀 死去に際しましては ご多忙中にもかかわらずご会葬を賜り厚く御礼申し上げます

御蔭をもちまして〇月〇日に 四十九日の法要を滞りなく済ませることができました

つきましては偲び草のしるしまでに心ばかりの品をお届けいたしましたので お納めくださいますようお願い申し上げます

本来であれば拝眉の上御礼申し上げますべき筈のところ 略儀失礼ながら書中をもちまして謹んでご挨拶申し上げます

謹白

令和○○年○月○日

香典返しの辞退の仕方とマナー

会社から香典返しを辞退されたときの対応方法

会社からの香典返しを辞退された場合でも、感謝の気持ちを伝えるためにお礼の手紙を送ることや、代わりに別のお礼を贈ることができます。例えば、手紙やカード、お菓子などを贈ることで感謝の気持ちを伝えることができます。

まずは会社の規則やマナーについて確認し、相手の立場や気持ちに配慮した上で対応することが大切です。

どのような場合に香典返しを辞退されるのか

香典返しを辞退する場合は、次のような場合があります。

会社の方針で辞退が定められている場合。

関係性があまりない場合で、香典返しをすると不自然になってしまう場合。

精神的に負担が大きい場合。例えば、喪主として葬儀の責任を負った場合など。

ただし、辞退する場合でも、謝意を表明することが大切です。また、相手に対して失礼のないように、丁寧な言葉遣いで伝えることが大切です。

取引先からの香典返しのマナーと対応方法

取引先からの香典返しは、会社によって異なるマナーや対応方法があります。まずは、会社での取り決めや社内規定を確認しましょう。それでも不明な場合は、取引先の方に直接確認することが大切です。

取引先からの香典返しはどのように対応すべきか?

取引先からの香典返しについては、基本的には個人名義として扱います。また、香典返しを行うかどうかは、取引先との関係性や商談の内容、そして贈られた香典の金額によっても異なります。香典返しをする場合には、会社で指定された書式に基づいて、社内の担当者が手続きを行います。

取引先からの香典返しを会社でどのように処理するべきか?

取引先からの香典返しを会社で処理する場合には、まず社内で受け取ったことを報告し、香典返しを行う旨を決定します。その後、社内での香典返しの規定に従い、必要な手続きを行います。また、香典返しの対応については、社内で指定された担当者が行うことが多く、その担当者が責任を持って対応します。

会社での香典返しのタイミングと方法

会社での香典返しは、基本的に葬儀で、香典を渡してもらった日に返します。

もし、当日返しができないときは、忌引きで休んだ後に、会社に就社するタイミングで渡すのがおすすめです。会社に出社した時の復帰のあいさつで手渡しでお渡ししましょう。

会社の香典返しについてよくある質問

香典返しはどのようにすればいいですか

香典返しの場合、お礼状を書いて差し上げることが望ましいとされます。会社名義で香典をいただいた場合は、香典返しも会社名義で行うのが一般的です。ただし、香典をいただいた上司や同僚に対しては、個人名でお礼状を出すのがマナーです。また、香典返しは、お返しをすることが必ずしも求められるわけではありません。

香典返しの金額を教えてください

会社に贈る香典返しの金額は、一般的には1,000円〜5,000円程度が相場とされています。ただし、自分たちの会社の方針や業種、取引先の規模や関係性、お付き合いの長さや資金力、地域性などによって変わってきます。贈り物についても同様で、自分たちの会社や相手先のスタイルや好みに合わせたものを選ぶようにしましょう。

取引先からの香典返しの対応を教えてください

会社で一括して受け取り、社長や幹部が代表してお礼の言葉を述べるのが一般的です。また、個人情報保護の観点から、取引先の個人名には触れず、取引先全体へのお礼という形で済ませるのがマナーです。取引先によっては、香典返しを辞退する旨の手紙を送ってくる場合もありますが、そうした場合でも丁寧にお返事するようにしましょう。

墓じまいはハカシルが代行します
墓じまいの相談は何でも無料
ハカシルの安い墓じまい