お問い合わせ

身内だけで行う四十九日の服装や香典、マナーについて解説

四十九日法要は、人が亡くなった後日に行う最初の法要です。服装については、喪主が正喪服を着用するのが正式なマナーですが、参列者には準喪服が推奨されています。また、香典についても、亡くなった方を弔う気持ちを込めて、お花やお香の代わりにご霊前に供えることが一般的です。身内だけで行う四十九日においても、これらのマナーを守ることが重要です。

四十九日法要とは?香典はどうして必要なの?

四十九日法要とは?

仏教の中では、葬儀が終わってから49日間の間に、遺族が七日ごとに故人を偲び、故人が極楽浄土に行けるよう冥福を祈ります。

四十九日法要は、故人が亡くなってから四十九日目に行われる法要で、故人が極楽浄土に行けるかどうかが決まるとされています。忌中に行われる儀式の中で、四十九日法要が最も重要とされています。

四十九日目は「忌明け」とも呼ばれ、遺族はこの日を境として喪に服した期間を終えます。

香典はどうして必要なの?

香典は、故人を弔う気持ちを表し、故人を供養するために使われ、葬儀や法要にかかる費用を減らすために、不祝儀袋に現金を入れて供えるものです。遺族にとって予想していなかった費用を軽減する役割を持っています。

近年は、故人が生前に香典に対して反対だったなどの理由で香典を受け付けない葬儀も増えてきています。その場合は、香典の代わりに故人に対しての感謝や思いを込めた言葉を述べる、故人が好きだったもの(音楽や花など)を贈ることで、弔いを表すこともできます。

身内・家族だけで四十九日法要しても問題ない 

四十九日法要とは、亡くなった方を偲ぶために行う法要で、葬儀とはちがって「だれでも参列できるもの」ではなく、原則として喪主(喪家)側が極めて親しく付き合っていた友人や親族に対してお便りを出して招いて行うものです。そのため、身内や家族だけで行うことも問題ありません。最近では、親族だけが参列して小規模で行う家族葬が主流になってきています。

身内だけの四十九日の場合も流れ

身内だけの四十九日法要の場合も、流れは基本的には同じです。まずは参列してほしい人に案内状を出し、出欠の連絡を受け取ります。

開式の喪主挨拶のあと、僧侶の読経と参列者の焼香、お坊さんによる法話、各位牌の閉眼供養・開眼供養、お墓参りに行き、納骨式をおこなって、終わりのあいさつ、僧侶や参列者を招いて会食、解散の流れになります。

身内だけの四十九日のマナー

現在は、繰り上げて火葬した日に初七日法要を行うことが多く、それ以降の7日ごとの法要は営まないケースが増えています。四十九日法要は、葬式とは異なり、どなたでも参列できるものではなく、基本的には喪主(喪家)側がお便りを出し、極めて親しく付き合っていた友人や親族を招いて行うものです。そのため家族だけで行っても問題ないです。家族だけで行う場合は、法要に参列いただく予定がない方にも前もって話をすることが必要です。

なかには、香典や供物だけでも送りたいと思っている親族がいる可能性があります。そして、仏壇に供えるお菓子や果物などの「お供え物を準備するかどうかは参列者のお気持ち次第です。

四十九日の服装は「準喪服」が良い

四十九日法要は、亡くなった方を追悼するために行われる法要で、服装にもマナーがあります。喪主は正喪服を着用し、参列者は準喪服を着用するのが一般的です。これは、故人を偲び、追悼する気持ちを示すためです。

また、主催する側は正喪服、呼ばれる側は準喪服を着用することが望ましいですが、平服での参列も許可されることがあります。

コロナによる四十九日の新しい形

コロナの影響により、葬儀や法要は身内だけで行うことが多くなってきています。このような状況下では、葬儀や法要の新しい形が生まれています。例えば、オンラインでの葬儀や法要、少人数での葬儀や法要などがあります。