お問い合わせ

お彼岸にお墓参りに行く前に知っておきたいこと

お彼岸とは、春分と秋分の日にあたる日本の伝統行事で、先祖を供養するために行われます。

お墓参りをする前に知っておきたいこととして、お墓の手入れやマナーが挙げられます。

また、お彼岸には様々なお供え物があり、その意味や由来を知ることも大切です。

法要や先祖供養をする際の注意点も知っておくことで、より心を込めた供養ができます。

また、お彼岸には特別な料理や習慣食があり、それらを用意することで先祖を迎えるという意味も込められています。大切な先祖を思いやる気持ちを大切に、お彼岸を迎えましょう。

お彼岸とは何?

お彼岸の由来と意味について

お彼岸は、日本独特の仏教行事で、先祖に敬意を表し、感謝の気持ちを表す日です。お彼岸には、多くの家族がお墓参りをします。

お彼岸の歴史は聖徳太子の時代までさかのぼり、日本古来の風習であることがわかります。

お彼岸という言葉には仏教的な意味合いもありますが、一般的には法事や墓参りなど、さまざまな行事を指す言葉として使われています。

お彼岸が行われる時期について

お彼岸は、春分の日と秋分の日の中日に行われる日本の仏教行事です。

春分の日と秋分の日の中日に行われ、その前後3日間続きます。

2023年は春分の日が3月21日(火)なので、春のお彼岸は3月18日(土)~24日(金)に行われます。

一方、秋分の日は2023年9月23日(土)です。そのため、秋のお彼岸は9月20日(水)~26日(火)となります。

お墓参りに行く前に知っておきたいこと

お墓参りの基本的なマナーについて

お墓参りには、正しい、間違っているということはありません。

家族のお墓、友人のお墓、家族のお墓など、お参りする相手によって、宗教的な習慣に違いがある場合もあります。

しかし、お墓参りをする際には、基本的な仕組みや一般的なマナーを守るのが一番です。

お彼岸のお墓参りと通常のお墓参りの違いについて

お彼岸とお盆は、どちらもご先祖様に感謝の気持ちを表す行事ですが、両者にはいくつかの違いがあります。

お彼岸は、現世でのご先祖様とのつながりを大切にし、あの世への祈りを捧げる時です。

それに対して、お盆は夏に行われ、先祖をこの世に迎え入れる行事です。

お墓参りの際に準備するものや持ち物について

お墓参りには、線香、ろうそく、花、数珠などを用意します。

ただし、納骨堂などの屋内施設では、すでに用意されている場合もありますので、注意が必要です。

お墓参りの準備は、そのお墓の習慣に合わせて行うのが重要です。

お墓に着いたら、まず墓石を掃除し、水をかけて清めることから始めます。

花などの供物を供え、線香に火をつけ、手を合わせてお参りをします。お墓参りの後は、カラスなどの被害に遭わないよう、お供え物は持ち帰ることをおすすめします。

お彼岸に死者にお供えする物とその意味

お彼岸のお供え物の種類と意味について

お彼岸に先祖に供える代表的な供物として、おはぎとぼた餅があります。

その由来は定かではありませんが、一説には、古くから小豆の赤い色が邪気を払うと信じられていたため、先祖の守り食として供えられてきたと伝わっています。

また、もち米と小豆の組み合わせは、先祖と心が一つになることを象徴しているとも言われています。

昔は砂糖が貴重品であったため、誰もが甘くておいしいお菓子にありつけるわけではありませんでした。

日本人はお彼岸になると、小豆と砂糖でおはぎを作り、ご先祖様にお供えしていたそうです。

お彼岸は、ご先祖様をお参りし、感謝の気持ちを表し、さまざまな願いや祈りを捧げる特別な行事です。

お供え物を選ぶ際のポイントについて

ぼた餅やおはぎ以外にも、お菓子や花、果物など、彼岸にお供えするものはあります。家庭で仏壇に供える場合は、線香、花、ろうそく、お茶、水、食べ物などがあります。

地域によっては、お彼岸だんごと呼ばれる団子をお供えする習慣もあります。

お彼岸の法要について

お彼岸の法要の流れについて

お彼岸供養は、特別な行事や決まりはありません。ただ、一般的にお墓の掃除は、雑草を取り除き、墓石を水洗いします。

その後、花や線香を供え、墓石に手を合わせて感謝の気持ちを表します。

お墓参りができない場合は、自宅の仏壇におはぎや果物などを供え、手を合わせます。

また、僧侶に供養してもらう場合は、お供え物をすることをおすすめします。

通常は住職のお寺で行います。難しいことではありませんので、ご先祖様を敬い、偲ぶ時間を大切にしてください。

お彼岸の法要に参加する際のマナーについて

お彼岸法要やお彼岸会には、きちんとした服装で出席することをお勧めします。

男性は黒かダークカラーのスーツ、女性はダークカラーのワンピースを着用することをお勧めします。

喪服の着用は義務ではありませんが、それなりの服装をすることが望ましいでしょう。

お彼岸に先祖供養をする際の注意点

先祖供養の種類

先祖の供養には、さまざまな方法があります。

追善供養は最も一般的です。初七日や二七日などの最大49日間の中元供養や、一周忌や三回忌などの年忌供養があります。

また、追善供養が亡くなった人を供養する目的のことに対して、仏教供養は仏様や菩薩に食べ物や花などを供えることです。

また、仏教の教えに従って行う行供養があります。行供養とは、仏教の教えを親切や寛大な行為によって世の中に広めていくことです。

善行を積み重ねることで、故人を供養し、自らの仏教の修行を深めることができると考えられている。

先祖供養をする際の注意点について

インターネット上には、先祖供養に関するサービスを提供している様々な団体があります。

大切な人を亡くした後、精神的に弱くなることはよくあることで、そのような辛い時にサポートを求めるのは自然なことです。

しかし、その弱みにつけこんで高額な料金を請求する業者もいるので注意が必要です。

そのため、サービスを受ける前に、どのような組織であっても慎重になり、十分に調査することが重要です。

お彼岸のお供え物としての料理や習慣食

精進料理

精進料理は、動物の殺生を禁じる仏教の教えを守り、肉や魚を使わない料理です。

野菜や豆腐など植物性の食材のみを使用し、煩悩を排除する修行の一環として作られた日本料理です。

ご飯、漬物、汁物、おかずが添えられ、お供え物と一緒に食事として食べるのが一般的です。

彼岸そば・うどん

地方によっては、お彼岸にうどんやそばを食べる習慣があります。彼岸そば、彼岸うどんと呼ばれています。

これは、季節の変わり目の消化器官を整え、内臓を浄化する効果があると考えられています。

野菜や油揚げなど、植物性の食材をふんだんに使った麺が一般的です。

赤飯

もち米と小豆を使った赤飯は伝統的な日本料理です。赤飯はお祝いの席で食べるのが一般的です。

しかし、地域によっては、お彼岸に食べることもあります。これは、小豆の赤い色に邪気や災難から身を守る力があると信じられているためです。

地域や家庭によって風習が異なる場合がありますので、事前に確認することをおすすめします。

いなり寿司・五目寿司

お彼岸には、いなりずしや五目ずしが伝統的な料理として登場します。

肉や魚介類を使わず、山菜や根菜を入れるのが一般的です。この時期には、家族や親戚と一緒に祝うために寿司を食べることが多い傾向にあります。

精進揚げ

精進揚げは、野菜やキノコの天ぷらとしても知られ、肉や魚介類を使わない精進料理です。

野菜やキノコだけを材料にした料理で、動物の殺生を禁じる仏教の教えに基づくものが多いです。

春のお彼岸には菜の花、たらこ、たけのこなど、秋のお彼岸にはなすやきのこなど、季節の食材を使うことが推奨されています。

お彼岸についてよくある質問

お彼岸にお供えする代表的なものを教えてください

お彼岸には、ぼた餅やおはぎが代表的なお供え物ですが、その他にもお菓子や花、果物などをお供えすることがあります。

お彼岸とお盆はどう違うのですか

お彼岸もお盆も先祖に感謝する行事ですが、お彼岸は現世での先祖とのつながりを大切にし、あの世への祈りを捧げるもの、お盆は夏に行われ、先祖をこの世に迎え入れるためのものだと言われています。

お墓参りの基本的なマナーを教えてください

お墓参りに正解はありませんが、墓石を掃除して水をかけ、線香や花、数珠を供えるなど、お墓参りの基本構成と一般的なマナーを守るとよいでしょう。また、お墓参りの際には、そのお墓の風習に合わせた準備をすることが大切です。

墓じまいはハカシルが代行します
墓じまいの相談は何でも無料
ハカシルの安い墓じまい