お問い合わせ

お墓参りの基本や作法を紹介

「お墓参り」は、故人を偲ぶためにお墓に訪れることを指します。基本的な手順やマナー、持ち物などを知っておくことで、礼儀正しく訪れることができます。

また、お墓参りのタイミングや服装なども重要です。この文章では、お墓参りに必要なことを詳しく説明します。

お墓参りとは

お墓参りは古くから行われてきました。歴史的には、日本においては古代から祖先を敬うことが重要だったため、お墓参りが行われるようになったと考えられています。

過去に生きた人たちに対する感謝の意を表し、また、自分たちが育ってきた環境や家族などの基盤を感謝することにもつながります。

それによって、自分自身の存在意義や家族の繋がりを感じ、安らぎを感じることができると考えられています。

また、祖先を敬うことは、生きているうちに感謝の気持ちを持ち続けることで、自分自身も人間として成長することができると言われています。

お墓参りの手順

お墓参りの手順は、以下のようになります。

参拝前の準備

お墓参りに行く前に、必要なものを準備しましょう。お花やお供え物、掃除用具などが必要です。

お墓参りの開始

お墓に到着したら、まずはお祈りをしましょう。

お花やお供え物の設置

お花やお供え物を整理して、お墓に設置しましょう。

掃除

お墓の周りを掃除しましょう。

お祈り

お墓参りの終了にあたって、最後にお祈りをしましょう。

お墓参りは、故人を思い出し、故人が生きていた頃のことを思い出すことができる場です。また、故人を静かに見守ることができる場でもあります。

お墓参りの手順を守りながら、心を落ち着かせながらお墓参りをすることが大切です。

お墓参りに行くタイミング

命日

故人が亡くなった日を指します。命日には、特に意義を持ちますので、できるだけお墓参りに行きましょう。

法要

故人が亡くなった後に家族や親しい人たちが行う、故人を偲ぶ儀式です。法要は、命日から一週間、一か月後などに行われます。

墓参りの日

故人が亡くなった後に家族や親しい人たちが、定期的に行うお墓参りの日です。墓参りの日は、週に一度、月に一度など、家族によって異なります。

節季

年によって異なる節季には、特にお墓参りに行くのが好ましいとされています。例えば、桜の季節や秋の節句などです。

注意点としては、お墓参りに行く時期によっては、天候や交通などの影響でお墓参りが困難な場合もありますので、その点も考慮しながら決めるようにしましょう。

お墓参りの服装マナー

着物やスーツ、洋服は、白いものが好ましいです。

カジュアルな服装は避け、真面目な雰囲気を保つようにしましょう。

長袖の服装が望ましいですが、秋や冬場は長袖のものを着用しましょう。

靴は墓地に入る際に脱ぐことが多いため、履きやすいものを選びましょう。

帽子は必要ありませんが、日陰がない場合は日よけ帽子を持参するのもよいでしょう。

お墓参りで必要なもの

お墓参りでは、お墓に水を撒くことが一般的です。水は、故人の魂を清め、身体を清めるとされています。

お花

お墓参りでは、お花を供えることが一般的です。花は、故人の魂を祝うために供えられます。

煙草、香炉、香典台

お墓参りでは、煙草や香炉を使用して、香りを供えることが一般的です。香典台には、香典を置くことができます。

手袋

お墓参りでは、手袋を使用することが一般的です。手袋は、故人の魂を清めるために使用されます。

雨具

天気が悪い場合は、雨具を持参することをおすすめします。

お供え物

お墓参りのお供え物には、花、お茶、香典、果物などが一般的です。

手拭きや除菌スプレー

お墓参り前に手を清潔にしてから参拝するために必要です。除菌スプレーは新型コロナウイルスなどの細菌やウイルスを除去するために使用します。

お墓参りのお供え物のマナー

花は、生花が一般的ですが、ドライフラワーやフォームフラワーもOKです。香典は、お葬式の時に使用されるものが一般的で、葬儀会社で購入することもできます。

お茶は、茶葉や紅茶などをお供えすることができます。果物は、干し柿や梨などが適しています。

お墓参りは、故人を思い出し、お供えをする儀式であり、その趣旨に合ったものをお供えすることが大切です。

また、お墓参りによっては、お供え物を持って行くことが禁止されている場合もあるので、事前に確認をすることが重要です。

お墓参りのトラブル

お墓参りで、トラブルになることもありますが、トラブルになるまえにお墓参り中には他人のプライバシーやマナーを尊重し、静かに参拝することが大切です。

お墓に花を飾る際に、他人のお墓に花を飾ってしまった場合

お墓に花を飾る際に、誤って他人のお墓に花を飾ってしまった場合は、すぐに謝って取り除きましょう。

もし花を飾ったことに気づかなかった場合でも、お墓参りの際に気づいた場合は、謝罪を伝えることが大切です。

また、花を飾る際には、お墓の管理者に確認を取った上で行うことが望ましいです。

お墓参り中に他人に迷惑をかける行動をする場合

静かに参り、喧嘩は避けましょう。また、墓地内での着替えや飲酒は禁止されていることが多いです。

例えば、サンダルやスウェットで髪の毛に寝癖がついた状態でお墓詣りすることや、アルコールを持っていくことなどは、お墓参りの雰囲気に合わないとされています。

そのため、お墓参りに行く際は、周りに配慮しながら、マナーを守ることが大切です。

お墓参り中に、お墓を壊したり汚したりしてしまった場合

お墓参り中に、お墓を壊したり汚したりしてしまった場合は、それが他人の財産であることを認識し、謝罪し、責任を取ることが大切です。

また、そのような状態になったお墓を修復し、清掃する費用は自己負担になる可能性があります。

お墓参りについてよくある質問

お墓参りする意味について教えてください

過去に生きた人たちに対する感謝の意を表し、また、自分たちが育ってきた環境や家族などの基盤を感謝することにもつながります。

それによって、自分自身の存在意義や家族の繋がりを感じ、安らぎを感じることができると考えられています。

お墓参りに行くタイミングについて教えてください

故人が亡くなった命日、法要、立春や春分や夏至といった節目の時期に家族と日程をあわせていきましょう。

お墓参りの服装マナーについて教えてください

カジュアルな服装は避け、真面目な雰囲気を保つようにしましょう。長袖の服装が望ましいですが、秋や冬場は長袖のものを着用しましょう。

靴は墓地に入る際に脱ぐことが多いため、履きやすいものを選びましょう。帽子は必要ありませんが、日陰がない場合は日よけ帽子を持参するのもよいでしょう。

エリアで探す

【無料】墓じまいガイドブック