お問い合わせ

納骨式の服装を時期に合わせた服装について解説

葬儀に参列する際、どのような服装で行けばいいのか迷っていませんか?納骨式の伝統的な服装や適切なドレスコード、当日の心構えをご紹介します。

この記事では、正装と平服の選択、正しい服装、季節別の最適な服装など、知っておくべきことを網羅しています。

また、必要な持ち物や式の流れなど、押さえておきたい身だしなみについても解説しています。厳粛な場にふさわしい服装と心構えを身につけましょう。

納骨式とは

納骨式とは

納骨式は、遺体の火葬後に残った遺骨をお墓または納骨堂に納める際の儀式です。

通常は四十九日の法要と同時に行われますが、確定的な日時は定められていないため、葬儀後や火葬の日に行ったり、遺骨を自宅で持つこともあります。

納骨式はお墓や納骨堂に納めることもあれば、永代供養で合祀する場合や、納骨堂に納める場合でも行われます。最近では、納骨式を行わないという選択肢も増えています。

納骨式をしなくても埋葬できる

今までは墓が主流でしたが、現在は多様な供養方法があり、納骨堂、自宅、海散骨、樹木葬などが選択肢となっています。

納骨式を行わない選択もありますが、墓地や霊園によっては規則があるため遵守が必要です。

寺院墓地では納骨式が多い傾向ですが、民営霊園では家族で納骨できることもあります。納骨式は故人の冥福を祈り、遺族の気持ちを整理するための意味もあり、できる限り行うことが望ましいと言われています。

納骨式は平服の着用が一般的

平服とは

納骨式は、平服の着用が一般的です。

平服とは、冠婚葬祭や就職活動などで用いられる「場に適した服装」を指します。

一般的には、地味な色のダークスーツやワンピースなどが適します。ただし、地域や家によっては一周忌まで喪服の着用が求められることもあります。

家族や知人に確認したり、常に喪服を準備することで不安を解消することができます。

男性の平服

男性の平服としては、ブラックスーツやグレー・濃紺のダークスーツを着用することが一般的です。

また、白いワイシャツに合わせて、黒無地のネクタイを合わせることも推奨されています。

さらに、シンプルなデザインのない黒のベルトと、黒無地の靴下、金具が付いていないシンプルなデザインの革靴を着用することが適しています。

女性の平服

ダークカラーのワンピースやアンサンブル、セットアップスーツが主流です。トップスもダークカラーを選んで、明るい色は避けます。

アクセサリーは、真珠やオニキス、結婚指輪などを選びます。バッグは、シンプルな黒の布製が最適です。

荷物が多い場合は、サブバッグも持つことをお勧めします。ストッキングは薄手のものを、靴はシンプルな黒のパンプスを選びます。

納骨式の正しい服装

四十九日の前に納骨式を行う場合

四十九日の前に納骨式を行う場合、喪服の着用がマナーとされています。通常、葬儀や通夜のあとに着用した喪服を着ます。

納骨式の日程は事前に通知があることがほとんどですが、もし喪服に汚れがついていた場合は事前にクリーニングするように心がけましょう。

喪服のクリーニングには時間がかかる可能性もあるため、予め余裕を持ってクリーニングに出すことが良いです。

四十九日の後に納骨式を行う場合

四十九日後の納骨式の服装は通常、平服が一般的です。しかし、地域や家によっては一周忌までに喪服を着用することが求められる場合もあります。

色も控えめに選んで、心配な場合は事前に確認をしておくと良いでしょう。また、一周忌まではいつでも喪服を着用できるように準備をすることも安心です。

季節ごとの適した服装とマナー

納骨式に参列する際にはマナーに従った服装が求められますが、気候にも配慮することが大切です。

夏は暑いため露出の多い服装は避け、男性は上着を着用することが望ましいです。冬は寒いため落ち着いた色味のコートを用意することをおすすめします。

納骨式は屋外で行われることが多いため、半袖のワイシャツでもOKですが、着崩しないように心がけましょう。

女性は半袖もOKですが、羽織りやすいカーディガンなどを用意することをお勧めします。

納骨式の必要な物を準備

納骨式には、埋葬許可証、お供え物、骨壷などが必要です。必要なものがすべて揃っているかどうか、当日までにリストを作って再確認しておくとよいでしょう

また、僧侶へのお布施や交通費、食事代など、別途費用がかかる場合もあるので、準備しておくとよいでしょう。仏式の葬儀の費用は、お墓の大きさや場所などによっても変わってきます。

また、石碑代や戒名の彫刻代が必要な場合もあります。必要な持ち物については、事前にお寺や霊園に相談するとよいでしょう。

納骨式当日の流れ

施主の挨拶

お越しいただいた方々に対して、施主からの感謝の挨拶が行われます。まず、墓前の準備状況を確認し、儀式に必要な物を整えます。

次に、足を運んでいただいた親族や知人、僧侶に向けて感謝の気持ちを伝えます。生前にいただいたご厚誼に対するお礼や、遺族としての想い、会食に関する案内も伝えます。

施主の挨拶に続き、遺族の代表または施主から近況の報告があり、納骨式の後に会食がある場合は案内があります。最後に、遺族としてのお礼を述べます。

僧侶による読経

僧侶による読経が始まります。通常はお墓の前で行いますが、室内に場所を変えて行うこともあります。

これは、故人のご冥福を祈り、供養する儀式です。各方におかれましては、その場でお祈りいただけますようお願い申し上げます。

納骨をする

遺骨を納める手順は、まずお墓を開けて納骨室に遺骨を収納することから始まります。

骨壷に遺骨を入れたままである場合は、そのまま収納することもありますが、関西地方では遺骨を袋に入れて収納することもあります。

一度読経が終わった後、納骨するために納骨室を開けます。この開閉は、石材店のスタッフに任せるか、遺族が行うことができます。

各地域によって納骨の方法が異なるため、自分の住んでいる地域の風習をよく確認することが重要です。

遺骨を納める際には、入り口側に新しい遺骨が入るように整理することも大切です。

地域によっては、骨壷から遺骨を取り出して埋葬することもあるので、自分の住まいの地域の風習を確認しておくことが大切です。

2回目の読経

遺骨の納め後に、僧侶による読経が行われます。この読経は「納骨経」と呼ばれ、故人を供養する意味があります。

納骨経は、遺骨がお墓に納められた後に行われます。また、浄土真宗では法要が同日に行われる場合もあり、読経の内容も場面によって異なります。

遺族の方は、お経を読んでいただく僧侶について確認することが大切です。

焼香をおこなう

焼香は読経の終了後に行われます。僧侶の指示を待って、施主から順番に焼香を行います。

焼香にかかる時間は、宗派や参列者人数によって異なりますが、30分から1時間程度が目安です。参列者は、僧侶の指示に従い、勝手に動かないように注意しましょう。

会食をする

納骨式が終わった後、遺族や知人、僧侶など参列者を招いて会食を行います。また、四十九日法要や一周忌の場合も会食が行われます。

お店に到着したときは、施主が開式の挨拶を行います。この時に、故人の位牌に向けてお酒を注ぐことがマナーです。

挨拶では、参列者への感謝の意を表すことや故人の生前の想い、遺族の今後の決意などを語りますが、長々とすることは避け、2分以内に済ませるように心がけましょう。

会食では、宴会のように大声を出したり騒ぐことは避けるようにします。ゆっくりと声のトーンを落として、故人との生前の思い出を語りましょう。

施主が閉式の挨拶を行い、再度お礼を述べた上で、参列者に返礼品を渡すことが礼儀とされています。

服装以外の身だしなみで気をつけること

男性の身だしなみのマナー

納骨式に参列する男性には、高貴な色調で統一された服装が求められます。具体的には、ブラックのスーツ、ネクタイ、ベルト、靴下、革靴といった素材が望ましいとされています。

一般的な会合に参列する際には、暗い色のスーツとともに、落ち着いた色合いのアクセサリーを選ぶことが大切です。

また、納骨式では乱れない姿勢をとることが望まれますので、髪の毛や髭の毛も整えて参列することが必要です。

女性には、シンプルな髪留めを心がけ、長い髪は束ねるように求められます。髪留めには、品格ある色調であることが求められます。

一般的な会合においては、納骨式では特に私服に比べて専ら整った印象を受けることが求められます。

女性の身だしなみのマナー

女性の場合、納骨堂での埋葬の際のドレスコードと身だしなみには注意が必要です。服装は喪服か黒のフォーマルスーツに肌色か黒のストッキング、黒のベルトがベストです。

地味な服装の場合は、ブラックフォーマルドレスに肌色か黒のストッキングを合わせるとよいでしょう。

メイクは控えめに。チークは自分の肌の色に近いものを選び、明るすぎるメイクは避けましょう。

ラメ入りのアイシャドウやグロッシーなリップ、つけまつげやカラーコンタクトレンズも控えめに。

ネイルも、派手な色は避けた方が無難です。必要であれば、ベージュや桜色などの落ち着いた色を選びます。

ただし、爪が剥がれていたり、ひどく切りそろえられたりしていないことを確認しましょう。納骨式にはなるべく素爪で参列するのがマナーです。

納骨式の服装についてよくある質問

納骨式の服装を教えてください

納骨式は、平服の着用が一般的です。平服とは、冠婚葬祭や就職活動などで用いられる「場に適した服装」を指します。一般的には、地味な色のダークスーツやワンピースなどが適します。ただし、地域や家によっては一周忌まで喪服の着用が求められることもあります。

男性の平服を教えてください

男性の平服としては、ブラックスーツやグレー・濃紺のダークスーツを着用することが一般的です。また、白いワイシャツに合わせて、黒無地のネクタイを合わせることも推奨されています。

女性の平服を教えてください

ダークカラーのワンピースやアンサンブル、セットアップスーツが主流です。トップスもダークカラーを選んで、明るい色は避けます。アクセサリーは、真珠やオニキス、結婚指輪などを選びます。バッグは、シンプルな黒の布製が最適です。

墓じまいはハカシルが代行します
墓じまいの相談は何でも無料
ハカシルの安い墓じまい