お問い合わせ

納骨をすると寂しいと感じてしまうときの対処方法

納骨とは、故人の遺骨を納めることを指します。納骨をすると、身近な人が去ってしまったという現実を強く感じ、寂しさを覚えることもあります。

そんな時の対処方法や、納骨式を行う時期、流れ、費用についても詳しく解説します。納骨について理解を深め、自分自身や家族が納骨をする際のサポートに役立てることができる記事です。

納骨とは

納骨とは、火葬した後の遺骨を、お墓や納骨堂の中に納めることをいいます。

納骨は、故人を敬い、そして自分たち自身が安らかに遺骨を納められることを保証するために行われます。

しかし、納骨をすると寂しくなってしまうこともあります。そのようなときには、納骨式を行うことで、故人とのつながりを感じることができます。

納骨の方法は、地域やお墓によって異なります。カロートや納骨袋など、自然素材を使用した納骨方法もあります。

自分自身が安らかに遺骨を納められるためには、納骨をすることが大切です。

納骨をすると寂しいと感じてしまうときの対処方法

納骨をすると寂しいと感じてしまうときには、故人との距離を感じることがあります。

お墓へ納骨をすると、温かみを感じにくくなってしまうことで「寂しい」と感じる方もいます。お墓に対して「無機質」「なんとなく近寄りづらい」と感じる方もいます。

一方で、納骨は、遺された家族にとって、故人を終の棲家に連れていく大切な節目です。

しかし、愛情の深かった夫婦や、子どもに先立たれたケースなどでは、「ずっと手元に遺骨を置いておきたい」と切望する人も少なくありません。

こうした感情に対して、自分自身が感じる「寂しさ」を認識し、それを受け入れることが大切です。

また、故人との思い出を大切にし、それを通じて故人と触れ合うことも重要です。

自宅から近いお墓を選ぶ

また、自宅から近いお墓を選ぶことで、家族や友人と共に故人を訪れやすくなります。

遠距離や交通の不便なことによって、お墓参りをすることが困難だった場合も、近いお墓を選ぶことで、容易にお墓参りをすることができます。

さらに、自宅から近いお墓を選ぶことで、故人のお墓を定期的に手入れすることも容易になります。

故人を思い出しながら、お墓を綺麗にすることで、故人とのつながりを感じることができます。自宅から近いお墓を選ぶことで、故人を心に留め、供養することができるでしょう。

納骨する時期を先に延ばす

納骨する時期を先に延ばすことは、周囲の方が完全に納得していない状態で強引に決めてしまうことがあり、トラブルの原因になってしまうことを防ぐために重要です。

納骨は一度すると再度取り出すことは難しい場合が多いため、焦らずじっくり考えた上で行うべきです。

法律においても、遺骨の取り扱いについては特に期限やタイミングは定められておらず、都道府県知事から許可の下りた墓地に埋葬しなければならないというだけです。

そのため、まだご遺族の気持ちの整理がつかない状態で無理に納骨をすることは、後々後悔が残るようでは故人様も望んでいないでしょう。

納骨のタイミングは、残された家族がよく話し合い、心の整理がきちんとついた時に行うべきです。

納骨をしない選択肢もある

昔は、故人の遺骨をお墓に納骨することが一般的でしたが、現在は「手元供養」という選択をされる方も増加しています。

手元供養とは、故人を身近に感じながら思いを語りかけ、祈ることを重視する新しい形の供養です。これにより、自宅にお墓を置くことができ、故人を生活を見守っていただくことができます。

特定の信仰を持たない方も多い現代の日本では、宗教的・神秘的な意味合いは薄れ、手元供養は宗派や慣習を越えて広く受け入れられています。

納骨式を行う時期

すでに先祖代々のお墓がある場合は、納骨の時期は、喪に服する期間が終わる忌明けにあわせて故人が亡くなってから49日後に行われますが、遺族の意向や予算によっては異なることもあります。

感情的に込み入っているため、家族や親族と話し合って決断をすることが大切です。

納骨式までの流れ

納骨式に必要なものを用意する

納骨式は故人が最後に残した言葉や思い出を振り返りながら、遺された者を追悼する儀式で、喪服や花などの準備が必要です。

また、納骨式当日には交通手段を再度確認し、遅れないようにすることが重要です。

納骨式代を用意する

納骨は、遺骨を墓地に埋葬することを指しますが、納骨する時期には法律上の制限はありません。そのため、納骨を急いで決める必要はありません。

周囲の方が完全に納得していない状態で強引に決めてしまうと、トラブルの原因となってしまうことがあります。

一度納骨をすると再度取り出すことは難しい場合が多いため、納骨は焦らずじっくり考えた上で行うことが重要です。

また、遺骨の取り扱いについては、都道府県知事から許可を得て、墓地に埋葬することが定められていますが、火葬後のいつまでに納骨をする必要はありません。

そのため、残された家族がよく話し合い、心の整理がきちんとついた時に納骨を行うことが望ましいです。

納骨式でかかる費用

納骨に必要な費用

納骨をする際には、彫刻料や作業費がかかります。彫刻料は、墓誌や墓石に故人の戒名や命日などを彫刻するための約3万円から5万円程度が相場です。

特に墓石の正面に模様を掘る場合は、10万円程度が必要となります。

作業費は、お墓の下部の「カロート」を開けるために必要になります。石材店に依頼する場合は、ご遺骨の取り出しと埋葬により約2~3万円程度が必要です。

また、自分で開け閉めできるタイプの場合は、費用はかからないこともあります。事前に石材店に見積りをとることをお勧めします。

納骨法要にかかる費用

納骨法要は、故人の遺骨をお墓に納める際に行う法要で、それに伴い費用がかかります。

それには、納骨式のお布施、納骨式に必要な物品、会食費などがあります。納骨式のお布施には、ご僧侶に出席してもらうための費用がかかります。

納骨式に必要な物品には、線香やロウソク、お供え物として果物やお酒などが含まれ、会食費は法要後に行う会食にかかります。納骨法要にかかる費用は、具体的な内訳によって異なりますので、事前に確認をすることをお勧めします。

納骨についてよくある質問

寂しいと感じるときどうすればいいか教えてください

愛情の深かった夫婦や、子どもに先立たれたケースなどでは、「ずっと手元に遺骨を置いておきたい」と切望する人も少なくありません。こうした感情に対して、自分自身が感じる「寂しさ」を認識し、それを受け入れることが大切です。また、故人との思い出を大切にし、それを通じて故人と触れ合うことも重要です。

納骨式を行う時期について教えてください

すでに先祖代々のお墓がある場合は、納骨の時期は、喪に服する期間が終わる忌明けにあわせて故人が亡くなってから49日後に行われますが、遺族の意向や予算によっては異なることもあります。

寂しいと感じる方がどうしているか教えてください

自宅から近いお墓を選ぶか、納骨する時期を先に延ばすか、納骨をせずに「手元供養」という選択が選ばれております。

墓じまいはハカシルが代行します
墓じまいの相談は何でも無料
ハカシルの安い墓じまい