お問い合わせ

お墓を建てる前に確認するべきことや注意点とタイミングについて解説

お墓を建てる前には、墓地の規則や費用、建設時期など、確認すべきことがあります。

また、お墓を建てる場所には、地域ごとに違う規制があることも知っておく必要があります。

加えて、石材店の選び方や費用の内訳についても理解しておくことが重要です。

このように、お墓を建てる前には多くの注意点や確認事項があることを理解し、事前に準備しておくことが大切です。

お墓を建てる前に確認するべきこと

お墓を承継する人はいるか

墓地を購入する際、特に自分が最初の管理者となる場合、墓の維持管理を担当する管理人がいるかどうかを検討することは非常に重要です。

一度購入した墓地は、なかなか手放せません。そのため、亡くなった後のことも考えておく必要があります。

故人の意志を尊重できているか

自分の埋葬の希望とは別に、親や身近な人の埋葬の希望も聞いておくとよいでしょう。

一般墓に埋葬するのではなく、樹木葬など土に還る埋葬を希望する人もいます。

また生前や遺言書に故人の埋葬方法の希望があれば、故人の意志を尊重することが大切です。

お参りがしやすいか

お墓は屋外にあるのが一般的ですが、納骨堂は屋内にあるのが一般的です。屋内納骨堂の利点は、天候に左右されず快適にお参りできることです。

したがって、お墓を購入する際には、埋葬場所を屋内にするか屋外にするかを検討するとよいでしょう。

お墓を建てられる場所と知っておくべきこと

公営墓地

都道府県や市町村など地方自治体が運営する墓地は、墓地使用料や管理料が比較的安く設定されている場合が多いですが、利用資格に制約がある場合も多いです。

ほとんどの場合、生前に墓地を購入することは不可能で、すでに他の公営墓地にある墓を移転することもできません。

また、多くの共同墓地では、募集期間を限定し、抽選で購入者を決めています。

墓地購入の条件を満たし、公営墓地に申し込む場合は、各自治体のホームページで募集期間や空き状況、申し込み資格などを確認するとよいでしょう。

民営霊園

宗教法人や社団法人が運営し、収入を得ることを目的としない霊園もあります。

公営霊園は8万円以上、民営霊園は18万円以上が相場です。サービスの質は高いかもしれませんが、料金はやや高めの傾向にあります。

民営霊園を見学する場合は、石材店のチラシや会社のホームページなどで情報収集することをおすすめします。

寺院墓地

寺院墓地は名の通り、寺院の境内にあります。僧侶が丁寧に供養してくれますが、多くの寺院では条件としてその寺院の檀家になる必要があります。

檀家とは、お寺と檀家の契約を結び、お寺が檀家の方々の葬儀を独占的に執り行うという制度です。

寺院墓地に墓地を建てる場合は、檀家になっている家族の推薦を受けるのが一番簡単な方法です。また、葬儀を執り行った葬儀社に紹介を依頼するのも良い方法です。

お墓を購入する良いタイミング

生前の場合に購入すると良いタイミング

最近、お墓を先に建てる寿陵が急増しています。

生きているうちにお墓を建てるのは不安ですが、寿陵には長寿や子孫繁栄、家族の幸せを願うという意味合いがあります。

お墓の建てるタイミングは決まっていません。しかし、お墓を建てるには手続きも必要なので時間に余裕がある時にすると良いでしょう。

遺骨が手元にある場合に購入すると良いタイミング

お墓を建てる場合、基本的にいつまでに建てなければいけないと決まっいるわけではありません。

しかし、1年後に行われる法要に間に合うよう、お骨を運ぶための埋葬区画を作る方も多くいらっしゃいます。

法要と区画の完成のタイミングを合わせることで、参列者の負担を軽減し、僧侶への依頼もしやすくなるためです。

ただし、公営墓地のように抽選で受かった場合の墓地は、お墓を建てる期限があるため注意しましょう。

お墓を建てる前の注意点

生前購入する場合

お墓を先に購入することは、一見、賢い選択と思われがちですが、墓地には初期費用だけでなく、毎年の維持費もかかることを忘れてはいけません。

お墓を購入する時期が早すぎると、その分費用がかさみ、思わぬ負担になることもありますので注意が必要です。

遺骨の有無

公営墓地は、手頃な価格で埋葬を希望する人に人気のある選択肢です。

ただし、墓地購入の資格として、埋葬する遺骨をすでに持っていることが一般的なので注意が必要です。

この条件を確認せずに申し込むと、当選しても抽選に外れる可能性があります。

そのため、墓地購入の申し込みをする前に、必要な条件を満たしているかどうかを確認することが重要です。

お墓を建ててくれる石材店の注意点

契約書や保証書を発行してくれるか

購入後、お墓に納骨する際は石材店に依頼するのが一般的です。そうしないと問題が発生する可能性があるため、アフターサービスが充実している販売店を選ぶことが大切です。

アフターサービスが充実している石材店を見極めるには、お墓を購入する際に契約書や保証書を発行してくれるかどうかが一つの重要なポイントになります。

これらを提供している石材店を選ぶことをおすすめします。

墓石を見せてくれるか

最近では、ネットで墓石を購入する方法もあります。

しかし、実際に墓石を確認せずに購入すると、施工後の印象が異なる場合があります。

納得して購入するためには、実際に石材店を訪れ、墓石を確認してから購入を決めるとよいでしょう。

好みの石種があるか

注意すべきは、石材店によっては、提供できる墓石の種類に制限があります。

墓石のデザインが決まっている場合は、購入前にお店の方に墓石の種類が無い場合は発注の対応可能かどうか確認することが大切です。

依頼した石材店のみで施工してくれるのか

安い石材店を選ぶと、実際の工事を自分達で行わずに外注する可能性があります。

外注されてしまうと、注文した内容が正確に施工会社に伝わらない恐れがあります。

そのような問題を防ぐためにも、自社ですべての作業を行う石材店を選ぶことが望ましいです。

お墓を建てる時にかかるお金の注意点

消費税がかかる

墓石代と管理費には消費税がかかります。

管理費は一般的に多くても年間数万円程度ですが、墓石は100万円程度かかることもあり、数万円程度の消費税がかかります。

価格を比較する際には、消費税も考慮しておくとよいでしょう。

一方、お墓の土地は買ったのではなく、借りたとみなされるため、消費税はかかりません。

永代使用料は返還されない

一度契約した土地は、後で気が変わったり、状況が変わって墓地を返還することになったとしても、永代使用料は返金されないため注意が必要です。

お墓を建てた費用は確定申告できない

お墓を購入する際に発生した費用は、確定申告で申告しても所得税の損金算入は認められません。

お墓の購入費用は経費として認められないので、注意してください。

お墓の建墓についてよくある質問

 お墓を建てる前に確認すべきことは何ですか

お墓を承継する人がいるか、故人の意志を尊重できているか、お参りがしやすいかを確認する必要があります。

お墓を建てる前に知っておくべきことは何ですか

公営墓地、民営霊園、寺院墓地など、お墓を建てる場所の種類や、お墓を購入する適切なタイミングを知っておく必要があります。

お墓を建てる際に注意すべきことは何ですか

生前購入する場合や遺骨の有無など、お墓を建てる前の注意点や、契約書や保証書を発行してくれるかなど、石材店の注意点を確認する必要があります。また、消費税や永代使用料がかかり、お墓を建てた費用は確定申告できないことにも注意が必要です。

墓じまいはハカシルが代行します
墓じまいの相談は何でも無料
ハカシルの安い墓じまい