お問い合わせ

お墓の種類と目的と選び方を徹底解説

お墓は、亡くなった人と家族や友達をつなぐ大切な場所です。お墓を選ぶときには、近くにあってアクセスが簡単で、費用も手ごろな場所を選ぶことが大切です。

この記事では、お墓を建てる方法や目的、お墓を選ぶポイント、お墓の種類について説明します。

お墓の目的

お墓を建てる理由

日本の墓は、古来から家族や社会に対する敬意を表し、また、死者と生者との関係を維持するために重要な役割を担ってきました。

墓は、文化的には、家族の絆を強め、宗教的には、死者の魂を安らかにするために重要な役割を果たしています。

また、墓は、死者を追悼し、生者が自分たちの人生において死に向き合うための象徴的な場所ともなっています。

お墓の建て方の手順と流れ

お墓の建て方には以下の手順と流れがあります。

1墓地の選定

まずは、お墓を建てる墓地を選ぶことから始めます。公営の墓地や私有の墓地など、自分に合った場所を選びましょう。

2設計・施工の見積もり

選んだ墓地で、お墓の設計や施工の見積もりを受けます。見積もりによっては、設計変更や細かな調整が必要になることもあります。

3手配・施工

見積もりに合意したら、手配や施工をおこないます。これには数週間から数か月かかることがあります。

4祭祀

施工が完了したら、祭祀を行います。祭祀は、家族や友人などが参加し、霊に対して祈りや花を捧げることでおこなわれます。

5管理

最後に、お墓の管理を行います。これには、定期的に草取りや整備を行うことが必要です。

お墓の費用と維持費について

お墓を建てるには、費用がかかります。費用の内訳は、お墓を建てる土地代や墓石代、維持管理費です。

お墓を建てる土地代は、墓地が都会にあるのか、地方にあるのかによってちがいます。駅からアクセスしやすい墓地や区画数が限られている墓地は、費用が高くなる傾向があります。

墓石代は、お墓に立てる墓石の費用です。墓石は、大きさや材質によって費用がちがいます。墓石の大きさが大きくなる、水の吸収率が低いなど材質によって、費用が高くなります。

維持管理費は、年に一度支払いが必要になるお墓が多いです。墓地によって維持管理費の金額はちがいます。

墓地選びのポイント

 立地

墓地の選び方において、いちばん重要なのが立地です。自宅や駅から近くにある墓地を選ぶことで、家族や故人の生前の友達が通いやすくなります。

自動車で通う可能性があるなら、駐車場のある墓地を選ぶべきです。

施設や環境

墓地には、庭園や池がある墓地、または、寺や神社が隣接している墓地といった種類があります。また、墓地のなかに、法要施設・休憩スペース・売店といった環境が施設があるか確認しましょう。

費用と維持費

お墓を建てる土地代、墓石代が安いからという理由で選ぶと、家から通いづらい場所でお墓参りがいきにくい、墓石の修理が必要になる可能性があります。

維持管理費は、維持費は年に一度支払いが必要になります。いずれも費用が安い、高いという理由だけではなくて、長いあいだ維持管理をしていくことを考えましょう。

お墓の種類と特徴

一般墓の種類と特徴

一般墓は、代々受け継がれてきていて誰もが知っているお墓のタイプです。一般墓には、掘土式墓、穴埋め式墓、石造りの墓があります。

一般墓は、ご遺骨を墓石の下のカロートに埋葬します。維持には費用がかかります。

永代供養の種類と特徴

永代供養は、ご遺骨を骨壺に入れて、墓地のなかにある墓石型の永代供養墓、寺や神社などの建物のなかに保管します。

永代供養墓には、ほかの方とご遺骨が一緒になる合祀墓や、ほかの方とご遺骨をわけて保管する個別墓があります。

納骨堂の種類と特徴

納骨堂は、寺院・墓地の本堂、建物のなかにご遺骨を保管する建物、建物のなかでご遺骨を管理する場所のことをいいます。納骨堂は、墓地のなか、寺や神社で建てられています。

樹木葬の種類と特徴

樹木葬は、ご遺骨を樹木の中に埋める方法です。それは、ご遺骨を埋葬するときに新しい樹木を植えてから埋めるものや、既にある樹木のふもとにご遺骨を埋めるものなどがあります。

樹木葬は、自然に近い場所で眠ることができるので、家族や友達にとって心が落ち着く場所になります。

また、長期的に見ても費用がかからないというメリットもあります。ですが、法律上制限があって、選ぶ場所や樹木の種類にも制限があるので、詳しく調べることが大切です。

樹木葬の選び方とメリット・デメリット

樹木葬の選び方

樹木葬を選ぶ際には、まずは樹木葬が許可されている場所を確認しましょう。

また、樹木の種類や大きさ、場所によって制限があるため、詳細に調べることが重要です。樹木葬を選ぶ際には、樹木を植える場所や樹木の成長状況なども考慮しましょう。

樹木葬のメリット

樹木葬のメリットとして、維持費がかからないことが挙げられます。

また、樹木が成長することで、自然と共に眠ることで、家族や友達にとって、心が落ち着く場所になることもあります。また、樹木葬は、長期的に見ても費用がかからないため、経済的にもメリットがあります。

樹木葬のデメリット

樹木葬にはデメリットもあります。まずは、樹木葬が許可されていない場所や、樹木の種類や大きさ、場所によって制限があるため、選ぶ選択肢が限られることです。

また、樹木が死んだ場合や病気になった場合には、墓地の移転や墓石の変更が必要になり、手間や費用がかかることもあります。

納骨堂の選び方とメリット・デメリット

納骨堂の選び方

納骨堂を選ぶ際には、まずは納骨堂が設置できる場所を確認しましょう。また、納骨堂の大きさやデザイン、設備などによって選ぶ選択肢が異なるため、自分たちに合った納骨堂を選ぶことが重要です。

納骨堂のメリット

納骨堂のメリットとして、骨を守ることができるという点が挙げられます。また、納骨堂は、骨を守るために必要な設備が整っているため、長期的に見ても骨を守ることができるというメリットがあります。

納骨堂のデメリット

納骨堂には、デメリットもあります。まずは、納骨堂が設置できない場所や、納骨堂の大きさやデザイン、設備によって選ぶ選択肢が限られることです。

また、納骨堂を使用するためには、一定の費用がかかるため、経済的な負担がかかることもあります。さらに、納骨堂は定期的な維持や清掃が必要であり、そのために手間や費用がかかることもあります。

石のお墓の建て方とメリット・デメリット

石のお墓の建て方

石のお墓は、墓地代や墓石代、維持費など、費用がかかります。建てるには、まずは墓地を選ぶことが大切です。

その後、石材やデザインを選び、工事を依頼することになります。石材は、花崗岩や大理石などが一般的ですが、好みや予算によって選ぶことができます。

石のお墓のメリット

石のお墓には、耐久性やデザイン性があるため、長期間維持することができます。また、石は天候に強く、雨や風にも強く、墓地の維持も容易です。

石のお墓のデメリット

石のお墓の一つのデメリットは、費用が高いことです。また、石材やデザインによっては、重量が重く、移動や維持が困難なこともあります。

お墓についてよくある質問

お墓を建てる意味について教えてください

日本の墓は、古来から家族や社会に対する敬意を表し、また、死者と生者との関係を維持するために重要な役割を担ってきました。墓は、文化的には、家族の絆を強め、宗教的には、死者の魂を安らかにするために重要な役割を果たしています。

お墓の建てる費用について教えてください

お墓を建てるには、費用がかかります。費用の内訳は、お墓を建てる土地代や墓石代、維持管理費です。お墓を建てる土地代は、墓地が都会にあるのか、地方にあるのかによってちがいます。駅からアクセスしやすい墓地や区画数が限られている墓地は、費用が高くなる傾向があります。

墓地選びのポイントで一番大切なことはなんですか

墓地の選び方において、いちばん重要なのが立地です。自宅や駅から近くにある墓地を選ぶことで、家族や故人の生前の友達が通いやすくなります。自動車で通う可能性があるなら、駐車場のある墓地を選ぶべきです。

エリアで探す

【無料】墓じまいガイドブック