お問い合わせ

墓場と墓地・霊園・墓所の違いや由来について解説

亡くなった方を埋葬する場所の墓場とその他の言葉の墓地・霊園・墓所の違いについて、由来も解説します。

墓場とは何かを知り、墓地・霊園・墓所との違いについて詳しく理解することで、それぞれの選択肢をより検討することができます。

墓場とは

墓場の意味は、墓地とおなじです。文化や社会の変化により、卑俗的で比喩的な表現として多く使われるようになっています。

例えば「ゆりかごから墓場まで」や「結婚は人生の墓場である」といった慣用句があります。映画やアニメなどにも「ここがお前の墓場だ」のようなステレオタイプの捨て台詞があります。

正確には、墓場とは墓地を指す言葉ですが、霊園や寺院墓地、墓所などを網羅する言葉としても用いられます。口語的には「お墓」という言葉が多く用いられますが、慣用句的に墓場が用いられることもあります。

墓場と墓地の違い

墓場と墓地は、墓を埋葬する場所を指す用語であり、明確な違いがあります。墓場は小規模の墓がある場所を意味し、一方、墓地は多数の墓が整備されている場所を示します。

明治時代以前に存在する墓地は、寺院墓地や村落の共同墓地などが有名ですが、明治以降に墓地が開設された場合も同様に「墓地」と呼ばれることがあります。

一方、「墓地」という言葉は、お墓そのものを意味する言葉であり、公営墓地、民営墓地、寺院墓地などが含まれます。

墳墓を設けるために、都道府県知事の許可を得た区域を「墓地」とすることが法律で定められており、届け出があった墓は全て「墓地」と呼ばれます。

墓場と霊園の違い

墓場と霊園は、死者の葬儀に関連する施設について言及する言葉であり、異なる概念を持っています。

墓場は単に墓が配置された土地を指しますが、霊園は墓場を含み、敷地内に施設建造物が存在することを示します。

一般的に霊園は民営または公営で運営されており、複数のお墓が同じ敷地内に配置されています。

法律的な定義は存在しないものの、一般的に霊園と呼ばれる施設は敷地が広い墓地のことを示しますが、寺院の敷地内にある墓地は霊園と呼ばないことが多いです。

明治以降、葬儀や供養が神道化する中で、霊園という名称が広く使用されるようになりました。

墓場と墓所の違い

墓場と墓所は、亡くなった人の遺体や遺骨を埋葬するために使用される土地に関する用語です。

墓場は許可されている土地全体を指し、墓所はその中でお墓を建てるために区画された場所を指します。

墓地は一般的に「墓場」とも呼ばれますが、「墓所」という言葉を使うこともありますが、これはとても曖昧な定義であり、使用する土地が何を示すかは地域や文化によって異なります。

「墓所」は、事務所や駐車場などの敷地は含まれず、お墓を建てるために貸出を行っているエリアを指します。

墓場の種類

公営墓地 

公営墓地とは、地方公共団体(都道府県や市区町村)が経営主体となっている墓地のことであり、都立霊園や県立霊園、市営墓地などがこれに当たります。

公営霊園は自治体またはそれに準ずる機関が管理運営を行い、倒産や閉鎖の危険性が少ないといわれています。

運営資金は税金を主に拠りにおり、使用料や管理料などもあります。

このような公営墓地では合葬式墓地や樹林墓地のような複数の遺骨が埋葬される墓地もありますが、永代供養は基本的には行われていません。

霊園の経営の安定性は長期的にお墓を利用するために大切な要素です。

民営墓地

民営墓地は、宗教法人や公益法人による経営主体からの委託を受けた民間企業が管理・運営する墓地です。

昭和30年代以降に誕生し、寺院墓地や公営霊園の墓地不足に対応した。購入時のハードルが低いというメリットもあり、年々人気が高まっています。

民営墓地は管理・運営会社によって料金や管理体制が異なり、契約途中での変更もあり得ます。

民営墓地は霊園ごとにサービス内容が大きく異なるため、お客様には柔軟に対応できるものもあるが、民間企業の経営主体の場合もあります。

寺院墓地

寺院墓地は、お寺の境内または隣接する敷地に設けられ、宗教法人(寺院)が主体となって管理・運営する墓地です。

多くのお寺にはお墓があり、昔から見慣れた景色となっています。寺院墓地は、原則として寺院の檀家や門徒・信徒のための墓地ですが、近年では檀家を問わないものも増えています。

寺院墓地は、民営墓地や公営墓地と比べて、供養が手厚いところが多く、料金も少し高めです。また、永代供養を希望する場合にも選ばれます。

寺院墓地は、日本の歴史に深く根ざしていて、江戸時代の寺請制度にまでさかのぼります。寺院と檀家は双方がお互いを支えあった存在であり、そのつながりが今も深いというのも特徴的です。

墓場についてよくある質問

墓場の意味を教えてください

墓場の意味は、墓地とおなじです。文化や社会の変化により、卑俗的で比喩的な表現として多く使われるようになっています。例えば「ゆりかごから墓場まで」や「結婚は人生の墓場である」といった慣用句があります。

墓場と墓地の違いを教えてください

墓場と墓地は、墓を埋葬する場所を指す用語であり、明確な違いがあります。墓場は小規模の墓がある場所を意味し、一方、墓地は多数の墓が整備されている場所を示します。

墓場と霊園の違いを教えてください

墓場は単に墓が配置された土地を指しますが、霊園は墓場を含み、敷地内に施設建造物が存在することを示します。

墓じまいはハカシルが代行します
墓じまいの相談は何でも無料
ハカシルの安い墓じまい