お問い合わせ

故人を身近に感じる手元供養の種類や流れについて紹介

手元供養は、故人を身近に感じることができる供養方法です。ご遺骨をお墓に納骨することなく、自宅や手元に保管することで、故人を常に身近に感じることができます。手元供養には、ミニ骨壷、遺骨ペンダント、ミニ仏壇など様々なタイプがあり、自分に合ったものを選ぶことができます。

手元供養とは?

手元供養とは、故人の遺骨を小さな骨壺や専用のアクセサリーに入れて、自分の身近なところにご遺骨を保管して供養をすることです。故人を身近に感じられる、想いを語りかけることができる、手を合わせて祈ることができることがメリットです。また、各自に合った形で供養ができるのが特徴で、散骨をするのにあわせて手元供養を選ぶ、仏壇で本尊や位牌に手を合わせる代わりに手元供養を選ぶなど、人それぞれの使い方があります。

手元供養を選ぶ理由

手元供養は、故人の遺骨を小さな骨壺や専用のアクセサリーに入れて身近なところに保管し、供養することです。自宅でいつでも供養することができて、かつお金の負担が少ないことが特徴です。

お墓参りに行かなくても、自宅でいつでも故人に見守られている気持ちになり、また、高齢でお墓参りが難しい場合でも自宅で供養することができます。これらの理由が手元供養を選ぶ人が増えている背景にあります。

手元供養のメリット・デメリット

手元供養のデメリット

家族や親族の理解を得られず反対されることがありますが、そのときは、家族や親族に手元供養をしたい旨を伝え、しっかりと話し合うことが必要です。また、手元供養が新しい供養の形であることから、ご遺族や親族の方など周りの方から手元供養について理解を得にくい場合もあります。特に年配の方の中には、手元供養は縁起が悪い、違法の可能性があるからという誤った思い込みから抵抗を感じ、反対をする方もいらっしゃるようです。手元供養をする際には、それらの問題を避けるために、周囲の人々に説明し、納得してもらうことが重要です。

手元供養のメリット

手元供養のメリットは、お墓が遠くにある場合や忙しくてお墓参りにいけない場合にも、故人を常に身近に感じられることができることです。ご遺骨をお墓へ供養するために必要な費用もかからないのもメリットです。また、手元供養品は小さなサイズが多く、仏壇を置くスペースがなくても保管でき、デザイン性も高く、インテリアに馴染みやすいです。手元供養は、故人様のご遺骨が身近に存在することで、ご遺族の喪失感や悲しみも和らぐことができます。

手元供養の方法・手続き

手元供養の方法には様々な種類があります。遺骨ペンダントは、身に着けることで外出先でも故人を身近に感じることができますミニ骨壺は、手のひらに収まる小さなサイズで、悲しみが押し寄せる時には手に抱きしめることで気持ちが落ち着く、リビングや寝室に置いて使うことができます。ミニ仏壇は、デザイン性が高くインテリアに馴染む仏壇で、形式にとらわれず供養がしたいという思いから作られています。最近ではぬいぐるみや人形タイプの手元供養もあり、女性や子供に人気があるとされています。

手元供養を行うときの注意点

身近に感じられる安心感や、お墓への費用を省けるメリットがありますが、反対する家族や親族がいることもあります。そのため、自分や家族の気持ちを丁寧に伝え、話し合って決めることが大切です。また、遺骨の保管場所には注意が必要で、直射日光の当たらない風通しのよい場所を選ぶこと、紛失するリスクもあるので注意する必要があります。

手元供養の平均費用

手元供養をするための費用は「手元供養品の費用」「粉骨費用」「残りのご遺骨の供養代」の3つに分かれます。手元供養品の費用はミニ骨壷が4,000円から8万円、ミニ仏壇が1,500円から15万円、遺骨ペンダントが3,000円から17万円です。粉骨費用は約20,000円から30,000円で、残ったご遺骨を埋葬や散骨する場合は、100,000円から500,000円程度のお金が必要になることが多いです。

エリアで探す

【無料】墓じまいガイドブック