お問い合わせ

霊園の意味と墓地の違いや種類・特徴を解説

霊園・墓地・墓所は、亡くなった方を祭る場所です。それぞれ意味が違って、選ぶ際には違いを理解しながら選ぶことが大切です。

墓地と霊園は、管理の方法や使う期間などが違うので、自分に合ったものを選んでください。霊園には、森林霊園、海辺霊園などがあります。

本記事では、霊園・墓地・墓所の違い、メリット・デメリット、霊園・墓地を選ぶ際に確認すべきことなどについて詳しく説明します。

霊園・墓地の種類と特徴

森林霊園

森林霊園は、森林のなかを整地した霊園で、花や木といった自然に囲まれています。

海辺霊園

海辺霊園は、海辺に面した霊園で、海を眺めながら海辺の風を感じることができます。生前にサーフィンが好きだった方、海辺に住んでいた方に選ばれることが多いです。

公営霊園や民営霊園  

霊園には、公営霊園や民営霊園があります。森林霊園や海辺霊園とちがって自宅からアクセスがしやすい駅の近く、車でアクセスのしやすい場所にあることが多いです。

墓石や花壇などがあります。墓地は、近くに住んでいる家族や友人がお墓参りに訪れやすいのが特徴です。

寺院墓地

寺院墓地は、寺院の中にある墓地で、檀家になっている方が埋葬されていることが多いです。

定期的な供養や法事が行われるため、亡くなった方の手厚い供養が受けられる寺院墓地が多いです。

霊園のメリット・デメリット

メリット

霊園は、森林霊園や海辺霊園のように、自然に囲まれた環境で、亡くなった方を祭ることができるので、心が落ち着きやすくなります。

森林や海辺など、お参りする人は景色や雰囲気を楽しむことができます。

デメリット

霊園は、郊外にあることが多いので、売店や法要施設といった設備が整っていないことが多いです。自分で花や草花を用意する必要があるケースがあります。

墓地とくらべてお坊さんが供養を定期的におこなってくれるわけではないので、自分でお坊さんに供養をお願いする必要があります。

墓地のメリット・デメリット

メリット

墓地は、日本の文化に馴染みがあります。代々受け継がれているお墓が多く、長い間、家族や友人が集まれる場所として残すことができます。

法要施設が整っている、定期的に供養をおこなっている寺院墓地が多いです。墓地は、寺院の敷地内にあるので、住職が管理の手助けをしてくれることがあります。

デメリット

墓地は、霊園とちがって、森林や海といった自然に囲まれている環境ではないことが多いので、自然に囲まれて眠りにつきたい方には向いていません。

お坊さんに支払うお布施や、檀家の費用のトラブルに巻き込まれるケースもなかにはあります。

霊園・墓地を選ぶ際の注意点

自分に合った環境を選ぶ

霊園・墓地を選ぶ際には、自分に合った環境を選ぶことが大切です。森林霊園や海辺霊園など、自然に囲まれた場所が好きな人は、森林霊園や海辺霊園を選ぶことができます。

また、寺院墓地や教会墓地など、手厚い供養を受けたい方は、寺院墓地や教会墓地を選びましょう。

訪れやすい場所を選ぶ

霊園・墓地を選ぶ際には、お墓参りをしやすい場所を選ぶことが大切です。公共交通機関でアクセスしやすい場所や、自動車で通いやすい距離にある場所を選びましょう。

費用を確認する

似たようなデザインのあるお墓だとしても、霊園や墓地によって、費用が大きくちがうことがあります。費用の分割払いができる場所、できない場所があるのであわせて確認しましょう。

管理費用がかかる霊園・墓地の場合、お墓の承継者となる子供と話したうえで、決めることをおすすめします。

霊園・墓地の費用相場

森林霊園:

森林を開発して作られているので、墓地にくらべると高い費用がかかります。

国内に区画数が少ないため、人気があることから使用期間に制限がある場所があります。継続的な維持管理費がかかります。

海辺霊園

国内に区画数が少ないため、人気があることから、墓地にくらべると高い費用がかかります。使用期間に制限がある場所があります。継続的な維持管理費がかかります。

公営霊園

公営霊園は、市区町村の自治体によって維持管理されています。利用するためには、墓地使用料や維持管理費などがかかりますが、墓地とくらべて費用は安いです。

寺院墓地

寺院によって維持管理されています。公営霊園とくらべると費用は高い墓地がほとんどですが、土地を開発したり、さまざまなお墓の種類がある森林霊園、海辺霊園とくらべると費用は安くなる傾向があります。

霊園・墓地を選ぶ際に確認すべきポイント

管理方法

霊園や墓地は、政府や民間、宗教団体によって管理されています。霊園・墓地の管理を管理者がやっているケースと、ほかの団体に委託しているケースがあります。

管理方法によって、維持管理費がちがいます。

使用期間

霊園や墓地は、土地を利用できる期間がちがいます。

公営の霊園は一般的に、20年から30年程度の使用期間が設定されていますが、民営の霊園や墓地は、数十年から永久使用まで幅広い期間が設定されています。使用期間が短い場合は、再契約をする必要がありますので、事前に確認することが重要です。

アクセスのしやすさ

霊園や墓地は、亡くなった方の遺族や家族、生前の友人や知人など多くの方が訪れる可能性があるので、アクセスのしやすさは大切です。交通の便が良く、駐車場のある霊園や墓地を選びましょう。

費用

土地の使用料や墓石代、維持管理費などがかかります。また、土地の利用期間に限りがある墓地・霊園は、追加費用がかかることもあります。予算に合った霊園や墓地を選びましょう。

周辺環境

霊園や墓地は、故人が眠る場所です。故人が生前好きだった風景や、自然に囲まれた霊園、ふるさとなど、個人的な好みや価値観に合った周辺環境を選ぶことで、故人がより安らかに眠ることができます。

また、周辺に観光スポットや施設がある場所と、家族や友人が訪れる際に観光することができます。

霊園についてよくある質問

公営霊園や民営霊園について教えてください

霊園には、公営霊園や民営霊園があります。森林霊園や海辺霊園とちがって自宅からアクセスがしやすい駅の近く、車でアクセスのしやすい場所にあることが多いです。墓石や花壇などがあります。墓地は、近くに住んでいる家族や友人がお墓参りに訪れやすいのが特徴です。

寺院墓地について教えてください

寺院墓地は、寺院の中にある墓地で、檀家になっている方が埋葬されていることが多いです。定期的な供養や法事が行われるため、亡くなった方の手厚い供養が受けられる寺院墓地が多いです。

霊園・墓地を選ぶ際の注意点について教えてください

霊園・墓地を選ぶ際には、お墓参りをしやすい場所を選ぶことが大切です。公共交通機関でアクセスしやすい場所や、自動車で通いやすい距離にある場所を選びましょう。

エリアで探す

【無料】墓じまいガイドブック