お問い合わせ

墓じまい後の遺骨の納骨先や供養方法を解説

墓じまいは、お墓を撤去することで、土地の有効活用やコスト削減などの目的で行われます。

しかし、遺骨の扱い方や供養方法について知らないと、後々問題が生じる可能性があります。

この記事では、墓じまいの基本的な知識や注意点、遺骨の取り扱い方法や供養方法、改葬に関する情報や手続き方法、そして墓じまいにかかる費用や業者選びについても詳しく解説していきます。

墓じまいをする際には、ぜひ参考にしてください。

後悔しない墓じまい
後悔しない墓じまい

墓じまいに関する基本的な知識と注意点

墓じまいとは何か

墓じまいとは、墓地や霊園にある先祖代々のお墓を撤去することを指します。

最近では、一人暮らしの高齢者が増える中で、子供たちが都会に移住したり、遠方に住んでいたりするため、墓守りをすることが難しくなったことが背景にあります。

また、墓地の価格が高騰していることも、墓じまいが増える原因のひとつです。

墓じまいと改葬の違いは何か

改葬とは、遺骨を一度納骨した場所から別の場所へ移動することを指します。

例えば、家族の思い出の地である故郷や、一緒に眠りたい親族がいる墓地への移動、あるいは、今まで共に過ごした人生の場所である旅先や趣味の場所への移動などがあげられます。

墓じまいは、現在あるお墓を壊すことを指します。しかし、現在では墓じまいという言葉が改葬と同義語で使われているケースが多いです。

墓じまいをする前に知っておきたいこと

墓じまいは単に墓を撤去するだけではなく、遺骨をどこに移すか考える必要があります。

そのため、家族や親族、お坊さんなどの助けを借りることをおすすめします。

また、墓石の撤去には、規則や法律があります。墓地の管理者に相談し、規則に従って撤去する必要があります。

また、墓じまいをする前に、供物、花、仏具など墓に残っているものを取り除く必要があります。

供物は火をつけて燃やすことができますが、花や仏具は別の方法で処分する必要があります。詳細については、地元の自治体に相談することができます。

さらに、墓じまいをする前には、周囲の墓地の管理者や所有者、地元自治体に連絡を取る必要があります。

墓地の所有者は、墓地の撤去に関して特定の規則を定めています。たとえば、霊園で多いのが指定石材店制度です。

これは、墓地の所有者と提携している石材店にしかお墓の撤去を依頼できない、という制度です。

最後に、墓じまいをする前には、十分に計画することが重要です。このために、時間的余裕をもって、周囲の人々に相談し、決定をする必要があります。

墓じまいには、多くの手続きが必要ですが準備をすることで、順調に進めることができます。

墓じまいで注意すべき点

墓じまいをする前には、墓の所有者や関係者から許可を得ることが必要です。

墓地や霊園によっては、墓じまいに対する制限や規則がある場合があります。そのため、事前に確認することが大切です。

また、墓じまいをするときには、手続きや費用にも注意が必要です。墓じまいの手続きには、自治体や関係者に申請をする必要がある場合があります。

また、墓じまいにかかる費用も、業者によって異なるため、事前に見積もりを取ることが大切です。

以上のように、墓じまいをする際には、慎重かつ注意深く行うことが必要です。

関係者との事前の協議や確認、信頼できる業者の選定、遺族への配慮など、多くの注意点があります。これらをしっかり把握し、問題なく墓じまいを行うことが大切です。

後悔しない墓じまい
後悔しない墓じまい

墓じまい後の遺骨の取り扱いと供養方法

墓じまいをする際に遺骨をどうするべき

墓じまいをする際に遺骨をどうするか多くの人が悩む問題です。

しかし、墓じまいしたあとの遺骨は必ず新しい場所に納骨しなければいけない決まりはないため、手元供養をすることもできます。

また、お墓の承継者が費用の永代供養をする選択肢もあります。

ちなみに、手元供養とは家族が自宅で遺骨を保管することで、永代供養とは、承継者の代わりにお寺や霊園が遺骨の管理・供養を続けることです。どちらの方法を選ぶかは、遺族の希望や事情によって異なります。

遺骨を永代供養する場合の手続き流れ

遺骨を永代供養をする場合は、永代供養を行っている寺院や霊園と契約を結びます。

永代供養をやっているお寺や霊園をインターネットから検索して問い合わせてみると良いでしょう。

また、契約内容によっては、永代供養料や管理費などが異なりますので、事前に費用の確認が必要です。

契約が完了したら、遺骨を納骨場所に納めます。納骨時には、寺院や霊園・墓地の規定に従って行う必要があります。

また、納骨後には、納骨証明書を発行してもらい、保管しておくことが望ましいです。

遺骨を手元供養する場合の手続き流れ

手元供養は、自宅へ運ぶのみなので移動が容易であることなど、永代供養に比べて費用があまりかからないメリットがあるため、墓じまい後に選択される方もいます。

手元供養をする場合、遺骨がお墓に入っていた場合は遺骨を洗う洗骨をする必要があります。

洗骨は墓じまいを依頼した石材店でオプションで請け負ってくれる場合があります。洗骨が終わり次第、遺骨を骨壺に移して自宅に持って帰ります。

自宅に持って帰った遺骨の近くに必要な備品を準備します。代表的な備品には、位牌、ろうそく、線香、花などがあります。

遺骨を送骨する場合の手続き流れ

遺骨を送骨する際は、送骨する予定の遺骨を一時的に自宅などに保管する必要があります。

一時的に自宅に保管する

遺骨を送骨する前に、遺骨を一旦手元に置いておく必要があります。

送骨をおこなっている業者に問い合わせする

送骨サービス業者をインターネットで検索して申し込みします。業者によっては自宅に梱包キットを送ってくれる場合もありますが、自分で用意する必要もあります。

遺骨の梱包

遺骨を送骨する場合は、一時的に自宅に保管している遺骨を骨壺ごと梱包します。

遺骨の送付手続き

遺骨を送付する場合には、運送会社に手続きを行う必要があります。おもに遺骨を送れる運送会社は日本郵便のみです。

遺骨を送骨業者に依頼した住所におくります。

遺骨の受け取り

送骨した遺骨は、受け取り先で受け取り供養となります。

後悔しない墓じまい
後悔しない墓じまい

墓じまいをするメリット・デメリットと手続き流れ

墓じまいの手続き方法と必要な書類

墓じまいをする際には、行政手続きが必要であり、その手続きには必要な書類があります。まず、お墓がある市役所で改葬許可申請書、故人の戸籍謄本を取得して、現在納骨しているお墓の管理者から埋葬証明書の取得が必要となります。

また、新しい納骨先が決まれば受入証明書が必要になるケースもあります。

手続きの流れについては、自治体から改葬許可申請書を入手して、その書類に現在の墓地管理者から署名・捺印をもらいます。

新しい埋葬先から受入証明書を取得して、書類一式を役所の窓口に提出することになります。

墓じまいの手順は、各自治体によってことなるため、確認する事が大切です。

墓じまいのメリット

経済的負担が減る

お墓の維持には多額の費用が必要で、この費用を抑えることができるため、負担が軽減されます。

墓参りが楽になる

現在あるお墓が自宅から遠い場合、墓じまいをして手元供養する、自宅付近の永代供養場に納骨することで、お墓参りの移動が楽になります。

墓じまいのデメリット

お金がかかる

墓石撤去工事にかかる費用がかかることが挙げられます。また、墓じまい後の遺骨を永代供養する場合は、永代供養料も必要です。

手間がかかる

墓じまいは手間や時間がかかります。役所の手続き、お墓の管理者との話し合い、新しい納骨先を決める、などとても大変です。

後悔しない墓じまい
後悔しない墓じまい

墓じまいにかかる費用と業者選び

墓じまいの費用について知ろう

一般的には、墓地の面積や墓石の大きさ、その他の石材の量などによって費用が変わってきますが、おおよその相場としては、30万円から300万円程度と言われています。

また、1平方メートルあたりの撤去費用は約10万円から15万円程度であるためお墓の面積が狭いお墓ほど費用が安くなる傾向にあります。

ただし、墓石の形状や墓地の形状が特殊性がある場合は、追加料金が発生することがあります。

また、業者によって費用が異なることもありますので、信頼できる業者を選ぶことが大切です。

なお、墓じまいの費用は、墓石の撤去・処分費用だけでなく、遺骨を永代供養する場合は永代供養料が必要です。

永代供養料は、他の方の遺骨と一緒に埋葬する合祀であれば10万円前後、個別で埋葬する場合は20万円前後です。

墓じまいを検討する場合には、まずは石材店に見積もりを依頼することが大切です。

墓じまいの費用相場は広範囲に渡るため、事前にしっかりと調べて、費用面でも準備をしておくことが大切です。

墓じまい業者の選び方と注意点

墓じまい代行業者を選ぶ際のポイントは、価格だけで判断しないことです。

安易に価格を重視すると、サービスの質が低く、トラブルが発生する可能性があるため注意が必要です。

サービス内容をしっかりチェックし、料金が妥当かどうかを確認することが重要です。

また、複数社見積もりをとって、費用を見比べて、何に費用がかかるのか詳しく記載されている業者を選ぶと安心・信頼できる業者を選ぶことに繋がります。

後悔しない墓じまい
後悔しない墓じまい

墓じまい後の遺骨についてよくある質問

遺骨を納骨する場所はどこに選べばいいのですか

遺骨を納骨する場所は、永代供養墓、手元供養があります。

墓じまいの費用や永代供養はどの程度かかりますか

墓じまいの費用は、墓じまい業者や地域によって異なりますが、数十万円から数百万円になることが多いようです。

永代供養は10万~20万円前後です。

墓じまいするデメリットはありますか

墓石撤去工事にかかる費用がかかることが挙げられます。また、墓じまい後の遺骨を永代供養する場合は、永代供養料も必要です。

また、手間や時間がかかります。役所の手続き、お墓の管理者との話し合い、新しい納骨先を決める、などとても大変です。

墓じまいはハカシルが代行します
墓じまいの相談は何でも無料
ハカシルの安い墓じまい