お問い合わせ

ペット霊園を選び方と注意点について徹底解説!大切な家族のためにできること

愛するペットが亡くなった時、どうすればいいのでしょうか。本記事では、ペット専門の霊園、霊園の選び方や、お参りや供養の方法、納骨までの流れなどについて、徹底解説します。また、ペット霊園の種類についても説明し、選ぶ上での留意点も紹介します。愛するペットが眠る場所を探しているかたは必見です。

ペット霊園とは

ペット霊園の概要

ペット霊園は、ペットが亡くなった後に、それらを追悼する場所です。ここでは、埋葬や火葬といった弔い方法ができます。また、お参りや供養をすることもできます。ペット霊園には、個別墓、納骨堂、合葬墓などの種類があり、自分のペットに合った選び方をすることができます。

ペット霊園のメリット

ペットとの思い出を永遠に残すことができることが大きなメリットです。思い出が残された霊園に通うことで、自分自身の心を落ち着けることができます。

ペット霊園や葬儀に関するトラブル

見積もりより高額な費用の請求

ペットの葬儀でトラブルになることがあります。その中でも、高額な請求が多いと言われています。自分たちが大切にしているペットの最期をきちんと見送ったいと思うのは当然ですが、民間の会社に頼むと、予想よりも高額な費用がかかることがあります。

民間の会社には、良心的な会社もたくさんありますが、悪質な会社もあります。そのような会社は、遺体を火葬炉に入れた後に、返してもらえなくなったところから高額な費用を請求します。それを断った場合には、「火葬を中断する」「遺骨を返さない」などと脅します。そのため、施主は困ってしまって、高額な費用を払わざるを得なくなってしまうことがあります。

異なるペットの遺骨が返される

火葬場に預けたペットとはちがうご遺骨が手元に戻ってくるトラブルがありました。実際に、2010年に埼埼玉県三芳町の元町議でペット葬祭業の男が逮捕されました。彼は飼い主から預かった遺骨を山の中に捨てて、別のペットのご遺骨を飼い主に返していました。

彼は広告には「火葬炉完備」と書いていたのですが、実際には火葬炉の設備がなくて、設備を作るための費用を工面するためにそのようなことをしたと供述しています。

突然のペット霊園の閉園・倒産

大阪府枚方市にあったペット霊園「宝塔」は、経営不振により2017年1月に閉園して、倒産してしまいました。倒産したときの利用者への対応があまりにもずさんで、問題になりました

当時の利用者には通知がなく、園内入り口には貼り紙だけがあった。また、墓標は打ち壊され、埋葬地の土も掘り返され、遺骨がむき出しの状態だったと言われている。

現地を訪れた人々によると、霊園の敷地内には、地面から掘り返されたと思われるペットの遺骨や墓石が無造作に山積みされていたみたいです。

ペット霊園

異臭騒ぎ

ペット葬儀や霊園には明確な法律がないため、ペット霊園が住宅地に近くに設置されることが多くなっています。これにより、近隣住民に異臭や煙などが気になるトラブルが起きることがあります。

東京都板橋区では、この問題を解決するために、住宅街から50メートル以上離す規制を施行しましたが、すでに建設中の火葬場には適用されていません。また、移動火葬車を使ってペットを火葬する場合も、近隣住民に迷惑をかけることがあります。

このようなトラブルに巻き込まれないように、場所の選び方に注意することが重要です。

ペット霊園の種類

ペット霊園には、3つの種類があります。それぞれ、個別墓、納骨堂、合葬墓です。

個別墓は、それぞれのペットが個別に埋葬される場所です。飼い主は霊園内にある一区画を借りて、個別にデザインを選んだ墓石を置くことができます。

納骨堂は、遺骨を保管する屋内施設です。天候に左右されず、訪問しやすいです。

合葬墓は、複数のペットが一つの場所で埋葬される場所です。金額は5,000円から1万円程度で、ネームプレートを取り付けることもできますが、別途費用がかかります。遺骨を持ち出すことはできないのが特徴です。これは、合葬墓に入るペットたちが一つの場所で共に埋葬されることを目的としているためです。

このように、ペット霊園には個別墓、納骨堂、合葬墓の3つの種類があり、それぞれに特徴があります。飼い主によっては、個別墓で個別にデザインを選ぶことができます。

ペット霊園を選ぶためのポイント

選ぶ上での留意点

ペット霊園を選ぶ際には、場所や費用なども考慮する必要があります。また、供養やお参りの方法、管理体制なども確認しましょう。また、自分が通いやすい場所や、自分が選んだ弔い方法ができる場所を選ぶことも重要です。

選ぶ際のヒント

ペット霊園を選ぶ際には、口コミやインターネットなどで情報を調べることも有効です。また、ペット霊園に行って現地を見学することもおすすめです。これにより、自分が選んだペット霊園が自分の期待に合っているかを確認することができます。

ペット霊園でのお参りと供養について

ペット霊園でのお参り方法

ペット霊園には、お参りをするためにいくつかの方法があります。一つは、線香や蝋燭、お花やお菓子を持って行って、訪れたペットに向けて祈りを捧げることです。僧侶や住職に読経してもらう場合は、お布施が必要になります。

また、霊園には墓があり、そこにお墓を建てていればいつでもお参りができます。ただし、ペット専用霊園の場合は、基本的にペットしか納骨できないことに注意しましょう。また、墓地や埋葬に関する法律がないため、将来にわたって永続性が保たれる保証がないことも注意しましょう。

墓石は、人間のお墓と同じような縦長の形もありますが、ペットをイメージした犬や猫の姿の彫刻を墓石として設置することもできます。また、納骨堂や人間の遺骨とともに埋葬することもできる霊園もあります。詳細は霊園を見学して確認することができます。

ペット霊園の供養の方法

ペット霊園は、ペットの遺骨を納骨して、節目ごとに月例法要を受けることができます。四十九日や百箇日の法要も行われます。しかし、合同墓の場合は個別の法要が難しいため、全てまとめて行われるので注意が必要です。法要の日程はWebサイトや広報誌などで確認しましょう。また、大法要祭も行われ、僧侶による読経など本格的な供養が受けられます。これは年に数回の大事な法要で、多くの利用者が参加します。参加するには事前に会費を支払う必要があります。

ペットが亡くなってからペット霊園に納骨するまでの流れ

最初に、亡くなったペットを家族で見送ります。亡くなった直後は体液が漏れてしまう可能性があるので、優しくタオルで包んでから抱きしめてあげてください。

次に、ペット対応可能な火葬場や葬儀社に連絡して、火葬(または葬儀)をする時間を決めます。

火葬が終わったら、骨壷に収骨して、家族が希望するようにお墓に埋葬するか、家に遺骨を持ち帰りましょう。

エリアで探す

【無料】墓じまいガイドブック