お問い合わせ

西洋墓地や海外のお墓の文化

西洋墓地とはどのようなもので、その歴史や風習はどうなっているのでしょうか。

また、海外で亡くなった場合にはどのようにして埋葬されるのか、費用はどのくらいかかるのかも気になります。

海外のお墓や墓地は、見どころが多く、旅行にも人気です。海外のお墓や墓地を巡る際のアドバイスも知りたいですね。

さらに、海外には西洋風のお墓や墓石があり、そのデザインや造りも独特です。

本記事では、そうした西洋墓地や海外のお墓の文化について、種類や特徴、風習や日本の墓地の違い、費用や見どころ、アドバイスなど、様々な視点から紹介していきます。

西洋墓地や海外のお墓について知りたい方は必見です。

西洋墓地の種類や特徴と文化

西洋墓地の歴史と変遷

西洋においては、共同墓地や宗教的な墓地が根付く前は、植民者たちは自分たちの住む土地に隣接した木立の中に家族の墓地を作ったり、複数の家族で一緒に墓を作ったりしていました。

現在でも西洋諸国では、火葬より土葬が主流であり、一族や家族の墓地に葬られることが多いようです。

一方、墓地のあり方は各国で異なり、地域の風習や風土、宗教、政策などにより変遷してきました。

たとえば、日本でも墓地のあり方は長い年月をかけて変遷してきました。明治時代には「墓地及埋葬取締規則」が定められ、昭和時代には「墓地、埋葬等に関する法律」が制定されました。

また、外国人墓地については、長崎にある唐人墓地がその起源とされています。海外においても、アメリカやヨーロッパなどでお墓の形式や風習が異なることがあります。

西洋墓地の風習と日本の墓地の風習の違い

西洋と日本の墓地の風習には多くの違いがあります。日本の墓地は、死者を敬う日本人の宗教観・死生観からくるもので、家族が一緒に入るお墓が一般的です。

一方、西洋の墓地は明るい場所として捉えられ、墓石が立てられている個人単位でお墓を立てることが多く、風景の美しさも大切にされています。

また、日本の思想は全てを自然の流れに重んじるものであり、伊勢神宮や日光東照宮など神域は樹木あってこその場所とされています。

一方、西洋の建築物は幾何学的であることが多く、自然とは無縁の存在とされることが多いです。

海外のお墓事情や海外でなくなったどうするか紹介

アメリカやヨーロッパのお墓事情

アメリカやヨーロッパのお墓事情について、様々な情報があります。アメリカにおいては、一人の故人だけが埋葬される個人墓が主流となっています。

日本のように、家族が代々同じお墓に入る家族墓は一般的ではありません。また、アメリカの墓地は日本と比べて明るい印象があり、広大な面積を持つ庭園墓地が多く存在します。

火葬についても、アメリカでは近年需要が高まっているものの、宗教観や需要の過程が日本と根本的に異なるためか、日本とは異なるやり方が一般的です。

一方で、ヨーロッパではキリスト教が主流で、土葬が一般的です。特にカトリック教会では、遺体を焼くことに抵抗があるため、土葬が主流となっています。

ただし、イギリスでは火葬率が高く、欧米でも各国で異なる傾向が見られます。また、アメリカにおける葬儀の費用は高く、葬儀費用を安く行うための民間団体が設立されています。

海外で亡くなった人の埋葬方法や費用

まず、海外で亡くなった場合、現地で死亡届を提出して死亡証明書を取得する必要があります。この手続きには、故人と近しい関係者が現地に渡航して行うことが望ましいとされています。

次に、海外からの遺体搬送にかかる費用についてですが、日本への搬送には100万円~150万円程度が必要とされます。

この費用には、遺体の防腐処理(エンバーミング)や空輸費用、人件費、証明書発行料などが含まれます。

また、海外旅行保険に加入している場合、保険によっては搬送費用の一部が補てんされる場合もあるので、保険内容を確認することが大切です。

西洋風のお墓や墓石のデザインや造り

西洋風の墓石には、欧米風のスタイリッシュなデザインの洋型墓石があります。

この墓石は、ガーデニング霊園によく映える明るく現代的なデザインが特徴で、モダンかつ瀟洒な雰囲気を醸し出しています。

その優れたデザイン性から人気を集めています。墓地の種類が多様化し、洋風の芝生墓地や樹木に囲まれたガーデニング霊園、公営霊園、民営霊園などが増加しています。

墓石の形式は和型、洋型、デザイン型に分けられますが、価値観の変化や地震の影響などにより、洋型墓石で建立される方が近年増えています。

洋型墓石は、和型墓石に比べて重心が低く、視界が開け、ライトなイメージを受けることが特徴です。

洋型墓石には、一段の台石や二段の台石などの選択肢があり、それぞれに彫刻などで独自性を表現することができます。

竿石と台石は、同じ種類の石同士で組み合わせることもできますが、異なる種類の石同士でも組み合わせが可能です。

形状には、ストレート型、オルガン型などがあり、それぞれに特徴があります。

洋型墓石は、縦長の和型墓石と比較すると地震や台風などで倒れにくい傾向があるため、重心という点も気になっている方は、洋型墓石を検討してみることをおすすめします。

海外のお墓や墓地の旅行情報

海外のお墓や墓地の見どころや人気スポット

海外にはさまざまな形式のお墓や墓地があります。例えば、ヴェネツィアにある「サン・ミケーレ島」は、墓地のみが存在する小さな島であり、特殊な生い立ちと美しさからしばしば映画や小説の舞台にもなっています。

スウェーデンでは、公営墓地にプレート型の墓石が並び、木々の間から落ちる木漏れ日が墓石を照らす美しい景観が広がっています。

また、フランスでは、小さな家の形の墓石が見られます。アメリカでは、基本的には故人が一人だけでお墓に入る個人墓が一般的であり、日本のように先祖代々が同じ一つのお墓に入る家族墓はありません。

ハリウッドフォーエバー墓地は、観光地化されており、コンサートや映画のイベントが行われたり、ハロウィンの時期には墓地ならではのイベントが開催され数万人が集まることもあります。

外国の墓石に刻まれている生年月日や没日などは、英語で書かれています。

海外のお墓や墓地を巡る旅のアドバイス

海外のお墓や墓地を巡る旅の際には、現地の風習や文化に配慮することが大切です。

例えば、フランスのパリの墓地では、一般的に墓地内で食べ物を食べることが許されておらず、禁止されています。

また、お墓参りの際には、現地の言葉が分からない場合があるため、ガイドブックや現地の方のアドバイスを参考にすることが重要です。

さらに、海外のお墓参りができない場合は、代行業者を利用することもできます。

人気のある海外の西洋風お墓

最近では日本人の死生観の変化に伴い、和型墓石に代わり洋風のお墓が注目を集めています。

海外の西洋風お墓には様々なスタイルがありますが、アメリカでは庭園墓地が人気を集めています。

これは、自然に囲まれた美しい環境で、墓石や墓石周りの植物が調和し、自然と共に故人を偲ぶことができるからです。

また、洋風のお墓は自由度が高く、文字を自由に刻むことができます。家紋や故人への想い、詩や歌などを刻むことができるため、故人への思い出や想いを表現することができます。

さらに、中国のお墓には風水が取り入れられており、人の身体はすべて気の流れに影響されると考えられているため、祖先の遺骸は風水的な観点から見ても良い位置に埋葬されるように配慮されています。

お墓の考え方は国によってあるいは、人によって異なりますが、海外でもご先祖様や故人への思い出を大切にする人が多く、お墓のスタイルも様々です。

以上のように、海外の西洋風お墓には様々なスタイルがあり、自由度が高いため故人への思い出や想いを表現することができます。

西洋墓地についてよくある質問

西洋墓地と日本の墓地の違いは何ですか

「西洋墓地」の場合、墓標や墓石に個性的な意匠が施されていることが多く、自然石を使った立派なものが多いです。「日本の墓地」では、単純な形状のものが多い傾向があります。

海外で亡くなった場合どうしたらいいですか

海外で亡くなった場合、現地で死亡届を提出して死亡証明書を取得する必要があります。この手続きには、故人と近しい関係者が現地に渡航して行うことが望ましいとされています。

海外のお墓や墓地の旅のアドバイスはありますか

海外のお墓や墓地を巡る旅の際には、現地の風習や文化に配慮することが大切です。また、お墓参りの際には、現地の言葉が分からない場合があるため、ガイドブックや現地の方のアドバイスを参考にすることが重要です。

墓じまいはハカシルが代行します
墓じまいの相談は何でも無料
ハカシルの安い墓じまい