お問い合わせ

慰霊碑とは?歴史や日本の慰霊碑を紹介

慰霊碑とは、戦争や災害で亡くなった人々を追悼するために建立される碑です。

その歴史は昭和天皇没後に始まります。日本には多くの慰霊碑が存在し、戦争や災害の追悼や記念のほか、慰霊や教育目的として使用されています。

この記事では、慰霊碑の歴史や日本にある慰霊碑を紹介し、慰霊碑を使用する状況・ケースについても説明します。

慰霊碑の見た目や形態

慰霊碑は、戦争や事故などで亡くなった人々を追悼するため、追悼の祭典や参拝などのイベントで使用するため、追悼の記念碑として公共の場で使用するために建てられる碑で、通常は石碑や銅像などで形作られます。慰霊碑には、追悼の文字や絵、戦争や事故の記録などが刻まれていることが多いです。

慰霊碑(いれいひ)は、戦争や事故、災害などで亡くなった人たちや動物などの霊を慰めるために建てられる石碑のことで碑文が刻まれています。

これらの碑は、霊魂を慰めるために多くの場合に建てられます。

高さがあり、文言が刻まれないものは、霊を慰める塔として慰霊塔と呼ばれています。碑文や形態によって、慰霊碑は様々なデザインになります。

また、これらの碑には、今後同様の事態が二度と起きないようにといった意味を持ち、戒めたり警告したりするための象徴的な意味も込められています。

霊を慰めるために文言が碑文として刻まれることが多い。それはそれぞれの亡くなった人や災害に対する追悼や教訓を表していると考えられます。

慰霊碑の歴史

慰霊碑は、古代ギリシャやローマなどでも見られていることから、古くから歴史があるとされています。

特に、多く建てられるようになったのは、第一次世界大戦後、第二次世界大戦後で、多くの国で戦没者を追悼するための慰霊碑が建立されました。

日本の慰霊碑

日本では、戦争や事故で亡くなった人々を追悼するために、慰霊碑が建立されることが多く、戦争や事故の内容、亡くなった人々の名前、追悼の文字などが刻まれています。

日本の慰霊碑一覧

太平洋戦全国戦災都市空爆死没者慰霊塔

若人の広場の永遠のともしび

戦没野球人モニュメントの鎮魂の碑 (日本プロ野球)

日本航空123便墜落事故の御巣鷹の尾根

巣鴨拘置所で処刑されたA級戦犯を偲ぶ東池袋中央公園の「永久平和を願って」

丸山公園 (安芸高田市)

第二次世界大戦で亡くなった約6万人の民間船員を悼む戦没船員の碑

慰霊碑についてよくある質問

慰霊碑が建てられた背景について教えてください

慰霊碑は、戦争や事故などで亡くなった人々を追悼するため、追悼の祭典や参拝などのイベントで使用するため、追悼の記念碑として公共の場で使用するために建てられる碑で、通常は石碑や銅像などで形作られます。

慰霊碑の歴史について教えてください

慰霊碑は、古代ギリシャやローマなどでも見られていることから、古くから歴史があるとされています。

日本の慰霊碑について教えてください

日本では、戦争や事故で亡くなった人々を追悼するために、慰霊碑が建立されることが多く、代表的な慰霊碑として、太平洋戦全国戦災都市空爆死没者慰霊塔、若人の広場の永遠のともしびなどがあります。

エリアで探す

【無料】墓じまいガイドブック