お問い合わせ

一般的な納骨時期は?納骨におすすめの時期を紹介

この記事では、一般的な納骨時期、条件などをくわしく解説。また、納骨に必要な費用や納骨式当日の準備、納骨式当日の流れ、納骨の際に注意すべきことについても書きましたので納骨についての知識を深めたい方はご確認ください。

納骨は誰がとり行うのか

納骨は、死亡した方のご家族や、遺族の代理人が行う

納骨は、死んだ人の親戚や親戚が行うことが一般的です。ただし、家族や親戚が行えない場合は、葬儀屋さんや霊園などの専門の人たちが代わって納骨をすることもあります。また、委任状があれば代理人として友人などが行うこともできます。

納骨先や葬儀会社などの専門業者が代行

家族や親戚、代理人がいない場合や身体上の都合で納骨にいけない人などの場合は、葬儀会社や霊園などの専門業者が代行してもらうことができます。また、納骨の準備をするのは大変なので、専門の業者に頼ることで、家族や友人がより落ち着いて追悼することができます。

納骨先の選び方・実際納骨するまでの流れ

納骨先の選び方

納骨先の選び方は、家族や親戚、友人によって異なります。納骨先には、墓地や霊園などがあり、家族や親戚、友人が思い入れのある場所を選ぶことが一般的です。また、近くにある場所や、景色が綺麗な場所など、地域や場所によっても選ぶことができます。納骨先を選ぶ際には、納骨先の規約や条件、費用などを確認し、自分たちにとって適した場所を選ぶことが大切です。

納骨するまでの流れ

まず、死亡した方の死因などの情報を受け取り、葬儀の準備に必要な手続きを行います。葬儀が終わったあと、納骨先を決め、納骨先の規約や条件、費用などを確認し契約します。納骨日が決まれば、納骨式に必要なものを用意し、納骨式当日の準備をします。納骨式の当日に必要な物を揃えて納骨先に行きます。納骨後は後片付けをして終了です。納骨先によっては維持管理などの手続きが必要になる場合もあります。

適切な納骨の時期を条件別で解説

納骨の時期

納骨の時期は決まっていませんが、一般敵に49日で納骨する場合が多いです。ただし、遺族の意向や予算によっては、納骨を遅らせることもあります。家族や親族と話し合い、納骨を決めるようにしましょう。

納骨の条件

納骨の条件は、死亡証明書・死亡届けなどの手続きを行っていること、火葬許可証・埋葬許可証などの書類があること、納骨先を決めていること、納骨先の規約や条件を遵守し、費用を支払っていることなどが条件です。

納骨の条件は、納骨先によって異なるので、納骨先に条件を聞くことが重要です。納骨先によっては、墓地使用期間の制限がある場合もありますので、その点も確認することが重要です。

納骨に必要な費用

葬儀の費用

葬儀場の利用料、火葬の場合は火葬場の利用料などが必要です。

花代などの費用

葬儀の時に香典返しする際の香典代、遺骨を納めるお墓の墓石代、お供えする花・香炉代などが必要です。

納骨先の利用料

納骨先の墓地の利用料が必要です。

維持管理費

墓地を維持するための管理費用が必要です。毎年決められた費用を支払う必要があります。

納骨式当日の準備

納骨式に必要なものを用意する

喪服、花などを用意すると良いでしょう。また、当日は納骨式に送れないように交通手段も再確認しておく必要があります。

納骨式代を用意する

納骨する際にお坊さんにお経を読んで貰う場合は、お坊さんに納骨式代を渡します。納骨式代は、不祝儀袋の白い封筒に入れて包むと良いでしょう。

納骨式当日の準備は、納骨先によって異なるので、納骨先に確認して流れを把握することが重要です。

納骨式当日の流れ

法要を行う

お坊さんに法要をおこなってもらい

納骨儀式を執り行う。

納骨する

法要が終わった後、お墓に遺骨を納骨する。納骨が終わったあとにお坊さんに納骨式の費用をお渡しするのが一般的です。

帰宅

使用した場所は綺麗に片付けて、忘れ物がないか確認して帰宅する。

納骨の際に注意すること

納骨先の規約や法律に従って行う

納骨には、国や地域によって異なる規約や法律があります。墓地法は墓地の整備や管理、墓地の利用に関する規約が定められています。永代供養などで遺骨の保管期間がある場合は各地で異なりますが、一般的には数十年程度が設けられています。公墓、私墓などは、使用する場合にそれぞれの規約に従う必要があります。墓石建設については、墓地によっては、墓石の建設に関する規約があります。遺骨の撤去する際には、遺族の許可が必要で勝手に撤去することはできません。

これらの規約や法律は地域によって異なりますので、納骨をする際には確認し、遵守することが重要です。

火葬許可証や埋葬許可証を持っていく

納骨をする際には、火葬許可証や埋葬許可証を持って行くことが必要です。火葬許可証や埋葬許可証を持っていない場合、一般敵には納骨できません。これらの書類を持っていない場合、必要な書類を収集し、許可証を再発行することをお勧めします。

墓地内の禁止事項は厳守する

お墓には、墓地の管理や遺骨の保管に関する規約があります。それに従っていない場合、墓地の管理者などから注意やお墓の撤去命令、罰金などの処罰を受けることもあります。お墓の禁止事項には十分に留意し、厳守することが重要です。墓地内の禁止事項は契約書などに記載されていることが多いので一度、契約書を確認しましょう。

エリアで探す

【無料】墓じまいガイドブック