お問い合わせ

樹木葬の種類とメリット・デメリットや注意点を解説

樹木葬は、環境に配慮した新しい埋葬方法として注目されています。この記事では、樹木葬の種類や意味、歴史、適した木や花の種類、さまざまなタイプや注意点や費用相場について解説します。

樹木葬は、自然と共に過ごすことができるというメリットがありますが、デメリットもあります。

現在、樹木葬を考えている人や家族のために、この記事で樹木葬について詳しく紹介します。

樹木葬の意味や歴史

樹木葬とはなにか

樹木葬とは、遺骨を自然に還す自然葬の一種で、墓地として認可された山林墓地にお骨を埋葬することが特徴です。

墓地法に基づく許可を得た墓地に遺骨を埋葬し、樹木を墓標として故人を弔います。

一般的には墓石を作らず、花木などを墓標にすることが多いほかに、承継者を必要としない永代供養も可能です。

日本における樹木葬の歴史

日本における樹木葬は、比較的新しいお墓の形式の一つです。

樹木葬が始まった理由は、日本人のお墓に対する価値観の変化や、少子高齢化などが挙げられま。

日本で初めて誕生した樹木葬は、岩手県一関市の祥雲寺です。1999年に日本初の樹木葬公園墓地として許可されました。

樹木葬に適した木や花の種類

樹木葬では、花の咲く低木が一般的に用いられることが多く、日本で最初に使われた樹木はヤマツツジでした。

代表的な樹木には、ハナミズキ、サルスベリ、ウメモドキ、エゾアジサイなどがあります。

また、カラマツ、モミジ、ポプラ、クスノキなど、緑が美しく、あまり大きくなりすぎない広葉樹や常緑樹も樹木葬に使用されます。

樹木の種類によって、墓地の雰囲気や価格も異なるため、自分に合った樹木を選ぶことが大切です。

さまざまなタイプがある樹木葬の種類と注意点

種類あり樹木葬のタイプと特徴

庭園タイプの樹木葬の特徴

庭園タイプの樹木葬は、樹木を中心とした広大な敷地内に、お墓として使われるスペースが設けられるタイプです。

特徴としては、樹木が周囲を取り囲んでいることで、自然な風景の中で故人を弔うことができます。

また、庭園タイプの樹木葬には、さまざまな種類の樹木が植えられています。例えば、桜のような季節限定の花が咲くものや、四季折々の花木が植えられているものなどがあります。

そのほか、樹木葬の庭園タイプは、植物を使ったガーデニング樹木葬もあります。

公園タイプの樹木葬の特徴

公園タイプの樹木葬は、公園や霊園など広い敷地内に植えられた樹木の周囲に遺骨を埋葬する方法です。

1つの場所に複数の人の遺骨が埋葬される合祀タイプや、個別に遺骨を埋葬する集合タイプなどがあります。

 里山タイプの樹木葬の特徴

里山タイプの樹木葬は、自然豊かな山の中に設けられた埋葬区画で、公園型や庭園型とは異なる特徴を持っています。

里山タイプの特徴は、墓標には石材やプレートではなく、シンボルとしての木を植えること、現地への道のりは考慮されておらず行くのが不便な場合が多いです。

樹木葬の注意点

樹木葬は、お墓の一種であるため、遺骨を埋葬するには埋葬許可証が必要であることに注意しましょう。

また、樹木葬の墓地は自然に囲まれた場所にあることが多く、山の斜面にあることが多いため、靴は歩きやすいスニーカーや登山靴を用意しましょう。

加えて、個別型樹木葬は数が少なく、里山型樹木葬の中でもごく一部の墓地でしか見られないため、選ぶ際には注意が必要です。

また、樹木葬は自然に還りたい人が選ぶ埋葬方法のため、遺骨は最終的に土の中に埋める場合があります。

一度、土の中に埋葬された遺骨は取り出すことができないケースが多いため注意が必要です。

以上のように、樹木葬を選ぶ際には注意点があるため、事前にしっかりと把握し、選ぶことが大切です。

樹木葬における墓参り方法とシンボルツリーについて

樹木葬における墓参りの方法とポイント

樹木葬は宗教宗派不問のため、宗教的儀式や作法、しきたりは特にありません。

ただし、自然に囲まれた環境であるため、静かに故人を偲び、自然を感じながらお参りすることが望ましいです。

また、樹木葬を管轄している霊園などでは、「山には立ち入らず特定の石塔でお参りする」といった参拝方法が決められている場合があるので注意が必要です。

樹木葬においてシンボルツリーとはなにか

樹木葬においてシンボルツリーとは、お墓参りの対象となる樹木のことを指します。

樹木葬は、墓石の代わりに美しい樹木を墓標とするお墓であり、遺骨は樹木の根元に収蔵されます。

樹木葬では、墓石とは異なり、個々人の名前が識別できるものを置かないため、お墓参りに来た人がどこに手を合わせたらよいかわからないという問題があります。

そのため、樹木葬においてシンボルツリーは、手を合わせる対象や目印として非常に重要な意味を持ちます。

樹木葬のメリットとデメリット

 樹木葬のメリット

樹木葬のメリットの1つで、費用の抑えられることがあげられます。墓石を必要としないため、一般のお墓よりも安く済む場合が多いです。

また、自然に埋葬されるため、自然とともに眠ることができるので自然葬を希望する人には良い埋葬方法です。

そのほかに、樹木葬は永代供養が前提となっているため、その後の管理や手入れが不要で、子孫に負担をかけることがありません。

樹木葬のデメリット

樹木葬は、アクセスが不便な場所にある場合もあります。

また、樹木葬に関する理解を得られない家族がいる場合、トラブルに発展する可能性もあることがあります。

そのほか、樹木葬は一度埋葬されたら、あとから遺骨を取り出すことができない場合もあります。

樹木葬は、自然の中で供養することができることが魅力的ですが、一方でデメリットもあることを知っておくことが重要です。

契約前によく確認することで、後悔をしないようにしましょう

樹木葬の埋葬方法と費用相場

樹木葬の埋葬方法

埋葬方法は大きく3つあり、個別型、集合型、合葬型が挙げられます。

個別型は各区間に1本ずつ樹木を植え、その周辺に遺骨を埋葬します。集合型は複数の遺骨を1つの樹木の周辺に集めて埋葬します。

合葬型は1本の木の下に遺骨を他の人とまとめて一緒に埋葬するスタイルの樹木葬です。

樹木葬の埋葬方法は、各寺院や霊園によって異なりますので、契約前に確認することが大切です。

樹木葬の費用相場

樹木葬の費用は、樹木葬の種類によって異なります。例えば、個別型は50万全前後、集合型は30万戦前後、合葬型は10万円前後とされています。

しかし、埋蔵人数や区画の場所、樹木葬でもプレートなどの墓石を使用する場合は費用が高くなるため注意が必要です。

樹木葬の種類でよくある質問

樹木葬の種類を教えてください

樹木葬の種類は、庭園タイプ、公園タイプ、里山タイプがあります。

樹木葬の庭園タイプ・公園タイプ・里山タイプの特徴を教えてください

庭園タイプの樹木葬は、樹木を中心とした広大な敷地内に、お墓として使われるスペースが設けられるタイプです。

公園タイプの樹木葬は、公園や霊園など広い敷地内に植えられた樹木の周囲に遺骨を埋葬する方法です。

里山タイプの樹木葬は、自然豊かな山の中に設けられた埋葬区画で、公園型や庭園型とは異なる特徴を持っています。

樹木葬の費用相場を教えてください

埋葬方法は大きく3つあり、個別型、集合型、合葬型が挙げられます。

個別型は各区間に1本ずつ樹木を植え、その周辺に遺骨を埋葬します。集合型は複数の遺骨を1つの樹木の周辺に集めて埋葬します。

合葬型は1本の木の下に遺骨を他の人とまとめて一緒に埋葬するスタイルの樹木葬です。

樹木葬の埋葬方法は、各寺院や霊園によって異なりますので、契約前に確認することが大切です。

墓じまいはハカシルが代行します
墓じまいの相談は何でも無料
ハカシルの安い墓じまい