お問い合わせ

墓石に家族の名前を刻む方法の種類と費用 

墓石に家族の名前を刻む方法は、多くの人にとって大切な決断です。墓石に名前を刻むことで、家族の存在を永遠に残すことができます。

この記事では、墓石に刻まれる名前や文字の選び方、墓石に名前を彫刻してくれる業者の選び方、そして墓石に名前を刻む方法の種類や費用について詳しく紹介します。

また、墓石に名前を刻むタイミングや、名前を刻む場所がなくなったときの対応方法についても触れます。

この記事を読むことで、墓石に家族の名前を刻むことがどのような意味を持ち、どのようにすればいいのか、先が読みたくなることでしょう。

墓石に名前をいれる必要性

墓石に名前を彫ることは、故人を偲ぶための儀式であり、日本の伝統文化の一つとされています。

また、お墓に名前を刻むことは、故人の存在を確認するためにも重要であり、子孫たちにとっても先祖を偲ぶ場所として大切な意味を持ちます。

そのため、故人の人生や功績を後世に伝えるためにも、墓石に名前を彫ることは非常に重要なことといえます。

墓石に刻まれる名前や文字の選び方

墓石に刻む書体の選び方

お墓に刻む文字の選び方には、文字色や書体が含まれます。墓石に刻む文字の書体の決まりはありませんが、一般的には楷書体、行書体、草書体、隷書体の中から選ばれることが多いです。

墓石に刻む文字色の選び方

墓石に刻む文字の色には、白、黒、金、何も入れないがあります。白や黒が一般的ですが、九州地方では金文字が主流です。

また、五色から選ぶこともできます。選ぶ色によって印象が変わります。文字色を入れない場合、文字が見にくくなる場合があります。

墓石に刻む文字の選び方

墓石に刻む文字は、正字が使われることが一般的で、略字や俗字は避けられます。

さらに、墓石に彫る内容には制限はありませんが、著作権や使ってはいけない言葉に注意する必要があります。

墓石に刻む文字については、建立される方自身の意向で自由に選ぶことができます。 

墓石の彫刻を依頼する前に、自分で希望する内容を明確にしておくことが大切です。

例えば、故人の戒名、没年月日、俗名、享年、建立者の名前、建立年月日など、どのような文字を彫刻するかを決めておくことで、石材店とのやり取りがスムーズになります。

墓石に文字や名前を刻むときの注意点

名前の変更には費用がかかるため、よく考えてから彫刻することが望ましいです。

彫刻する際には、委託してすぐに作業が終わるわけではないため、時間的余裕を持って依頼することが大切です。

作業は早くても2週間から1ヶ月ほどかかります。墓石の種類によっては、刻む文字の場所が異なる場合もあります。

また、宗旨・宗派で決まった文字を刻まなければいけない、この文字は刻めないなど墓地に規定がある場合には、その規定に従う必要があります。

墓石には、著作権や使用する言葉にも注意が必要です。歌詞の引用やアニメの絵の使用については、法律に絡んだ問題が発生することがあるため、引用には細心の注意が必要です。

墓石に名前を彫刻してくれる業者の選び方

口コミや評判を確認することが重要です。インターネットやSNS、または身近な人の話を聞くことで、信頼できる石材店を見つけることができます。

また、業界団体に加盟しているかどうかも確認することが望ましいです。

石材店の品質は、その店が扱っている石材の種類にも関係します。石材は、耐久性や風合いなど、様々な特徴がありますので、自分の希望に合った石材を取り扱っている店を選ぶようにしましょう。

また、価格についても比較することが大切です。一般的な価格帯は、1人あたり2万円~5万円程度であることが多いようです。

しかし、立地や墓地によっては取り外しや持ち帰りが必要な場合があるため、費用も高くなることがあります。

墓石に名前を刻む方法

墓石に名前を刻む方法の種類

彫刻

墓石に文字を刻む方法で、一般的な方法の一つです。墓石に直接刻まれるため、見た目が清潔で、文字が目立ちます。

銘板

墓石に取り付ける金属の銘板に名前を刻む方法で、銘板は墓石にある凹みにはめ込むことができます。銘板は、墓石に取り付ける前に名前を刻むため、文字が美しく整っています。

ステンシル

ステンシルを墓石に置き、文字を描く方法です。墓石に直接刻まれるため、文字が目立ちます。ステンシルは、簡単に作成でき、迅速な刻印ができるのが利点です。

線彫

墓石の表面を軽く彫り、そこにインクを塗って文字を表現する方法です。彫りが浅いため、文字の色は薄いですが、彫刻よりも安価であり、アンティークな雰囲気を醸し出します。

レーザー彫刻

レーザーを使用して、墓石に文字を刻む方法です。精密で正確な刻印が可能で、様々な素材に対応できるため、多様なデザインが実現できます。

名前を刻む墓石の場所

墓石に名前を刻む場所について、一般的には竿石の正面に家名や名号などが刻まれます。また、右側面には埋葬される人の戒名、俗名、没年月日、享年などが刻まれます。

裏面または上台石の左側面には、そのお墓を建立した人の名前と建立年月日が刻まれます。

複数の人が埋葬される場合は、墓石の側に墓誌を建てそこへ刻みます。建立者名を彫刻する場合、和型墓石の場合は裏面、洋型墓石の場合は側面に彫刻するのが一般的です。

なお、墓石に彫刻された文字を消す場合、墓石の表面を削り直す必要があるため、墓石を再設置する費用や削り直しをする費用がかかります。

名前を刻む場所がなくなったときの対応方法

まずは、新たに墓誌を建てる方法があります。墓誌は、お墓の敷地内に建てられる石の板で、故人の生前名や戒名などを刻むことができます。

墓誌のなかで刻むスペースは特に決まっていないので、もし片方の面に刻みおわったら、もう片方に刻みましょう。

また、墓石に名前を彫るスペースがない場合でも、墓石の形を変更して追加スペースを確保することもできます。

墓石の形を変更する場合、彫刻師に相談して、墓石の形状や大きさに合わせて追加スペースを確保する方法があります。

ただし、この方法は手間と費用がかかるため、墓石を新たに購入して墓誌を建てる方法も検討する必要があります。

墓石に名前を刻むタイミング

墓石に名前を刻むタイミングにはいくつかの方法がありますが、主に二つのケースがあります。一つは新たに墓石を建てる場合で、もう一つは既存の墓石に追加彫りする場合です。

新たに墓石を建てる場合、四十九日の法要と同日に納骨式をするには、墓石の選定や移送もあるため、納骨式がある日の2ヶ月~3ヶ月前くらいに名前の彫刻も申込むことが必要です。

一方、既存の墓石に追加彫りする場合、現場に出向いて彫刻してもらうなら1日で彫り終わるケースが多いですが、工場へ移送する必要のある場合には2~3週間前から申込むことが無難です。

また、墓石に彫る文字によってもタイミングは異なります。例えば、建立者名を彫る場合は、石塔の竿石に彫ることが一般的ですが、表がいっぱいになった場合は、墓誌をひっくり返し、裏側に彫るか、新しく墓誌を購入して彫ることになる場合があります。

また、墓石に建立者名を彫る意味は、霊園などの規定により所有者を明確化するためであり、建立者名の彫刻には特定のタイミングは設けられていません。

墓石に名前を刻むのにかかる彫刻費用の内訳

彫刻費用の内訳

墓石に名前を刻むための彫刻費用は、石材店や地域によって異なります。

一般的には、名前を彫るだけであれば、彫刻料金だけでなく石材代や税金、工場移送費用なども必要になることが多いようです。

墓石に追加彫りをする場合は、スペースが限られているため、手間や製品代がかかり、金額が上昇する傾向があります。

彫刻費用の相場

墓石に名前を刻む場合の費用は、彫刻する文字の数や大きさ、文字の種類、材質、彫刻方法などによって異なります。

目安としては、1文字あたり数千円程度から始まり、5文字程度で1万円前後、10文字程度で2万円前後といった相場がありますが、見積もりを取ることが重要です。

墓石に刻む名前についてよくある質問

墓石に名前を刻む必要性は何ですか

墓石に名前を刻むことで、故人を永遠に偲ぶことができます。また、家族や子孫にとっても、故人を思い出すきっかけとなります。

墓石に刻まれる名前や文字の選び方はどうすればいいですか

墓石に刻む名前や文字は、書体や色、サイズ、位置などを考慮する必要があります。業者と相談しながら、故人のイメージや家族の希望を反映したものを選びましょう。

墓石に名前を刻む方法は何種類ありますか

墓石に名前を刻む方法には、彫刻、銘板、ステンシル、線彫、レーザー彫刻などがあります。それぞれの方法によって、価格や仕上がりが異なるため、業者と相談して選びましょう。

墓じまいはハカシルが代行します
墓じまいの相談は何でも無料
ハカシルの安い墓じまい