お問い合わせ

墓石の費用・種類・選び方から見積り方法などを紹介

墓石には様々なタイプがあり、それぞれに異なる費用がかかります。石碑やモニュメント、デザイン型墓石など、自分にあったタイプを選ぶためには予算の相場を知ることが重要です。

また、和型や洋型、デザイン型など、形状も様々です。この記事では、それぞれの形状の違いや、墓石の選び方についても詳しく解説します。

墓石のタイプ別の費用相場

国産御影:70万円~150万円

国産黒御影石:400万円~

外国産白御影石:20万円~35万円

外国産黒御影石:55万円~150万円

ただし、上記の費用は相場であり、実際の費用は地域や素材、デザインなどによって異なります。購入前には必ず見積もりをもらうようにしてください。

墓石の購入に必要な費用

墓石の購入に必要な費用は、墓地のタイプや墓石のサイズ、デザインなどによって異なります。一般的には、数百万円程度の費用がかかります。

購入する前には、費用についての詳細な見積もりを取得することをお勧めします。

墓石の選び方と注意点

注意点として墓地によっては、墓石のサイズやデザインなどに制限がある場合があります。事前に墓地の規約を確認しておくことが必要です。

墓石の形【和型・洋型・デザイン型】

和型墓石

和型墓石は、日本の墓石の中で特に伝統的なデザインを持っています。桜や梅などの模様、寿文字などが使われることがあり、日本の文化や伝統を反映したデザインが多くあります。

また和型墓石は、和風の色合いが特徴です。例えば、白や灰色などの和風の色合いが使われることがあります。

洋型墓石

洋型墓石は、日本の墓石の中では異なるデザインを持っています。洋風のデザインが特徴で、欧風の装飾や建築様式などが取り入れられることがあります。

ほかにも、直線や曲線などが使用され、細部にこだわらないデザインが好まれます。

デザイン型墓石

デザイン型墓石は、和型墓石や洋型墓石に比べ、より斬新なデザインが特徴です。

自分の好きな文字・模様が入れられたり、墓石の形も自分の好みで変更できるため個性的なデザインにすることが可能です。

墓石を選ぶときのポイント

墓石のオーダメイド

墓石のデザインにこだわりがある人は墓石のオーダーメイドができる石材店を選ぶようにしましょう。自分の好みや家族の好みに合ったデザインにすることができます。

墓石の保障

墓石を購入する際は、保証があるものを選ぶようにしましょう。保証期間や内容を確認し、保証に対応できる店舗を選ぶようにしましょう。

墓石の購入方法と流れ

石材店を探す

石材店は自分の家の近くの石材店、もしくはインターネットから探します。

購入前には店舗の信頼性や品質、デザインなどを確認するようにしてください。また、墓石の購入は高価な買い物のため、複数の店舗で見積もりをもらって比較することをお勧めします。

墓石のデザインやサイズを選ぶ

墓石の素材は、国産御影石、国産黒御影石、外国産白御影石、外国産黒御影石などがあります。

使用する素材によって、費用やデザイン、耐久性が異なりますので、使用する素材を決める前に検討しましょう。

墓石のデザインについては、個性やスタイルによって異なります。自分の好みや家族の好みに合ったデザインを選ぶようにしましょう。

墓石のサイズは、個人差があります。墓地の大きさや、除幕式などで使用する場所に合わせてサイズを決めるようにしましょう。

見積もりをもらう

石材店に直接訪問し、見積もりを依頼する、石材店のWebサイトから、見積もりの依頼する、電話で見積もりを依頼する、メールで見積もりを依頼する方法があります。

上記のように、石材店によっては、複数の見積もり依頼方法があります。

自分に合った方法で、見積もりを依頼するようにしましょう。また、見積もりを依頼する際は、墓石の素材、デザイン、サイズなどを明確に伝えるようにしましょう。

契約・お支払いをする

墓石を購入するためには、墓石店との契約が必要です。契約書には、墓石の詳細、費用、納期、保証などが記載されています。

契約書に記載された内容をよく読み、納得した上で署名しましょう。

お支払いは契約に基づき、墓石の費用を支払う必要があります。

墓石店によっては、全額一括支払い、または分割払い、現金、クレジットカード、銀行振込などがあります。支払い方法は個々の店舗によって異なりますので、予め確認しましょう。

墓石は高価な買い物のため、契約書や支払いについてもよく確認し、自分に合った方法で進めるようにしましょう。

また、契約後に問題が発生した場合には、契約書を参照し解決することができるように保管しておくようにしましょう。

お墓の値段を抑える方法

墓石のサイズを小さくする

墓石のサイズを小さくすることで、墓石の値段を抑えることができる場合があります。

墓石のサイズは、大きいほど費用がかかります。墓石の大きさは素材、デザイン、加工、運送費などによって左右されます。

小さいサイズの墓石は、素材や加工費が少なく、運送費も少なくなるため、値段が安くなります。

ただし、墓地によっては、墓石の大きさに制限がある場合がありますので、墓地管理者に確認し、適切なサイズを選ぶようにしましょう。また、個人差がありますので、墓石のサイズによっては、意図しない影響を及ぼす可能性もありますので、慎重に選ぶようにしましょう。

使用する素材を減らす

使用する素材を減らすことで、墓石の値段を抑えることができる場合があります。

素材によって、墓石の価格は異なります。一般的に、貴重な高価な素材を使用するほど、値段は高くなります。

使用する素材を減らすことで、素材費用を抑えることができ、墓石の値段を抑えることができます。

ただし、素材によっては、耐久性やデザイン性に差があるため、素材の選択は慎重に行う必要があります。

また、墓地によっては、素材に制限があることもあるので、墓地管理者に確認し、適切な素材を選ぶようにしましょう。

一般墓と永代供養墓の違いとは?

一般墓はお墓を管理する人がいる間は永久使用で永代供養墓は管理する人がいなくても永久使用できる

一般墓は、家族や親族などがお墓を管理している間は永久に使用ができます。家族や親族がいなくなれば、お墓は無縁仏になるか撤去される可能性があります。

永代供養墓は、墓地管理者が管理するので家族や親族がいなくなっても期間の指定なく長期間、管理を行ってもらうことができます。

一般墓は墓地管理費が必要で、永代供養墓は不要

一般墓は、納骨後に管理費を支払う必要がありますが、永代供養墓は、購入時に一括で費用を支払うことになります。そのため管理費が不要のケースが多いです。

一般墓は家族による管理が必要で、永代供養墓は管理会社による管理

 一般墓は、個人や家族によって管理が行われますが、永代供養墓は、墓地管理者によって管理が行われます。

お墓を移動するときに行うこと(改葬)

改葬先の墓地を選ぶ

改葬先の墓地を選ぶために、現在の墓地管理者に相談して許可が降りたあと次の墓地の場所を選ぶようにしましょう。

改葬許可申請をおこなう

改葬先の墓地に移動するためには、改葬許可申請をする必要があります。申請には、墓主の名前、現在の墓地の情報、改葬先の墓地の情報などが必要です。

墓石などを移動・設置する

墓石を移動させましょう。墓石は、新しい墓地に合ったデザインやサイズを選ぶようにしましょう。

遺骨を移動する

改葬先の墓地に遺骨を移します。納骨には、骨を取り出す作業、新しい墓地に納める作業などがあります。

墓石の費用相場についてよくある質問

墓石の購入に必要な費用について教えてください

墓石の購入に必要な費用は、墓地のタイプや墓石のサイズ、デザインなどによって異なります。一般的には、数百万円程度の費用がかかります。購入する前には、費用についての詳細な見積もりを取得することをお勧めします。

墓石の注意点について教えてください

注意点として墓地によっては、墓石のサイズやデザインなどに制限がある場合があります。事前に墓地の規約を確認しておくことが必要です。

お墓の値段を抑える方法について教えてください

墓石のサイズを小さくすることで、墓石の値段を抑えることができる場合があります。墓石のサイズは、大きいほど費用がかかります。墓石の大きさは素材、デザイン、加工、運送費などによって左右されます。小さいサイズの墓石は、素材や加工費が少なく、運送費も少なくなるため、値段が安くなります。

エリアで探す

【無料】墓じまいガイドブック