お問い合わせ

お墓の費用の内訳と平均的な相場

お墓の費用についての詳しい相場や、お墓の値段が適正かどうかの判断方法、お墓の購入後にかかる費用など、さまざまな情報をさらに、永代使用料や墓地管理費、墓石費用の相場についても詳しく解説します。

お墓の費用を節約するためのコツも紹介します。節約するための方法がわかるでしょう。

スキマ時間で後悔しないお墓探し
スキマ時間で後悔しないお墓探し

お墓の費用相場

お墓を建てる費用は、地域や墓の種類、デザインなどによって大きく異なります。

全国平均では170万円程度です。

シンプルなプレート型の集合墓タイプなら約50万円から100万円ほどの永代供養墓も増えていますが、平均的なお墓を建てる費用は100万円を超えるため、計画的に進めることが大切です。

一方、墓石を用いたお墓の費用は、現金で100万円から350万円ほどだとされています。

実際によくあるモデルケースをご紹介しますと、墓石の彫刻を省略したシンプルなデザインであれば、100万円から150万円程度、墓石の彫刻を入れるなど複雑なデザインの場合は200万円から300万円程度になります。

また、地域や面積にも影響しますので、事前に見積もりをすることをおすすめします。

スキマ時間で後悔しないお墓探し
スキマ時間で後悔しないお墓探し

永代使用料の費用相場

永代使用料とは

永代使用料は、お墓の土地(墓地)を使用するために支払う追加料金のことを指します。

わかりやすく言うと「墓地代」ともいうことができます。

支払いが完了すると「墓地の使用許可証(永代使用承諾書)」が発行され、墓地を使用することができるようになります。

永代使用料は、墓地を契約する際に一度だけ分岐することになります。ください。

同意、お墓を建てる土地を代々使用する権利を得るために、寺院や霊園など、墓地の所有者に支払う分割料金を意味します。

そして、永代使用料を支払った後には、「墓地の使用許可証」が発行されます。

永代使用料は、契約時に利用する寺院や霊園に分岐することが一般的です。

それによって、家族が故人を永く記憶し、故人を永遠に思い出すことができる場所を残すことができるようになります。

永代使用料の相場

永代使用料は、お墓の土地(墓地)を使用する権利を得るための料金のことを言います。 

マンションやアパートなどと同様に、立地条件・広さ・設備などによって価格が変動します。

また地価にも比例するため、地域差による価格の変動が大きいのも特徴です。

全国的な相場としては、大体60〜100万円になります。

スキマ時間で後悔しないお墓探し
スキマ時間で後悔しないお墓探し

墓地管理費の相場

墓地管理費とは

墓地管理費は、お墓を維持するために必要な費用です。 

墓地の清掃や維持管理を行うために、お寺や霊園の管理者によって運営されています。

基本的な維持費として、霊園やお墓の維持管理に必要な費用が含まれています。

この費用は、お墓の継承者が負担することが一般的です。

故人の葬式で喪主を選ぶ立場の方が該当します。

ただし、明確に決まっているわけではないので、家族や親族と相談することで、最適な方法を見つけることができるでしょう。

費用は、地域や霊園によって異なりますので、管理費の詳細については、お墓を所有する霊園に確認してください。

墓地管理費の費用相場

墓地管理費とは、お墓を維持するために必要な費用です。お寺や霊園の管理者が、墓地の清掃やメンテナンスなどを行って、墓地を維持していくための費用になります。

墓地の種類や場所によって、墓地管理費の相場は異なります。

霊園によっては年間2,000円から15,000円程度が相場ですが、特に公営霊園の場合は管理費が安い傾向にあります。お布施や寄付金なども必要になります。

一般的には、年間管理費が5千から2万円程度となりますが、安いところでは1千から3千円程度で収まることもあります。

ただし、地域によっては墓地管理費の相場が異なります。都心に行くほど高く、地方に行くほど安くなる傾向があります。

また、寺格の高いお寺に墓地を持つ場合は、年間管理費が2万円以上することも珍しくありません。家族や親族と相談しながら、適切な墓地を選ぶことが大切です。

スキマ時間で後悔しないお墓探し
スキマ時間で後悔しないお墓探し

墓石費用の相場と内訳

墓石費用の相場

墓石の費用は、石の種類や石材の加工の多さ、使用量(石の大きさ)などによって異なります。する必要があります。

墓石には国産と海外産の2種類があり、国産の石の価格は安定です。 有名産地のブランド石などは100万円~300万円以上するものもあります。よりも控えめな価格とされています。中国産やインド産の石はそれぞれ20万円前、40万円前です。

墓を建てる際には、墓石の費用のほかに永代使用料、管理費、墓誌や花立などのアイテム代も必要となります。ます。

墓石の購入・設置費は、墓石の費用の中でも大きなウエイトをしめます。

墓石費用の内訳

墓石費用は、墓石の本体、外柵や納骨棺、施工費などが含まれています。これらの要素は、墓石の種類やデザイン、大きさなどによって異なります。

墓石の種類によっては、墓石費用が数十万円から数百万円、場合によっては一千万円を超えることもあります。 国産の石材は価格が幅広く、有名産地のブランド石などは100万円から300万円以上することもあります。一方、海外産の石材は国産よりも控えめな価格とされています。

墓石の設計や加工によっては、石材費に工賃が加算されることもあります。また、墓石を設置するためには施工費が必要になります。の相場は140〜200万円前とされています。

スキマ時間で後悔しないお墓探し
スキマ時間で後悔しないお墓探し

お墓購入後にかかる費用

墓地の管理費

墓地の管理費は、お墓を購入した後に毎年納める必要があります。

この管理費は、墓地全体の清掃や道具の手入れ、水道光熱費など、お墓を維持するために必要な費用が含まれています。

これは、それぞれの管理体制やサービスによって異なるためです。

 また、管理費は、お墓を建てた後も維持しています。基本的な維持費は「管理費」として霊園やお墓の維持管理に必要な費用です。

お寺の場合は檀家費がかかる場合もある

院墓地の場合は、檀家になることが条件となっているところがほとんどです。

檀家になると、お布施の費用がプラスされることもあります。 

60,000円ほどかかります。また、お墓を購入する際には檀家になった場合は入檀料、寄付金がかかることもあります。

そのため、親族が集まって会食を行う場合は飲食代もかかります。墓地を選ぶ際には、これらの費用も含めて解決することが重要です。

スキマ時間で後悔しないお墓探し
スキマ時間で後悔しないお墓探し

墓石の値段が適正か判断する方法

複数の石材店から見積もりをとる

墓じまいの費用は定価がありません。 仕入れがなく、石材の運搬や処分費などを含めた職人の手間賃がほとんどだからです。

そのため、消費者としては複数の石材店から見積もりを取って比較検討することが重要です。

業者同士を競合させることで価格の見積もりの​​抑制につながるでしょう。 ただし、石材店が指定されている場合は相見積もりはできません。

墓石に関しての知識を持たない消費者を利用する悪質な業者もいます。高級な石材を使用したり、格安の石材を高級石材と偽って使用したりするトラブルが相次いでおきています。

これらを防ぐためには、複数の石材店を見学し、墓石の産地や色目、形状、加工法などについてしっかり話し合うことが大切です。

契約書を発行してもらう

墓石購入の際には、契約書を交わす手続きが一般的に取られます。

契約書には、代金の金額や支払い方法、支払い、発注した石材の種類や量、文字の彫刻や加工の依頼内容契約書には、別紙詳細な取り決めや追加の決定事項などがまとめられます。

契約前には、内容をしっかり理解して、知らないことがあれば石材店に確認するようにしましょう。 誠実な石材店であれば真摯に対応してくれるはずです。

契約書を交わしておくことで、双方で共通の認識が持てるようになり、トラブルが生じた際には確定による証拠として根拠になります。

契約書を交わすことに抵抗するような石材店は将来また、石材の「産地証明書」や「保証書」なども可能な限り入手しておくと安心です。

見積もり、見積もり金額や内容契約をそのままに残すことは当たり前のことのように思われるかもしれませんが、実際に契約書を取り交わさないまま工事が進み、事前に説明された金額とは異なります費用を請求される場合もあります。

わかりやすく親身に話を聞いてくれるか

お墓は一生に一度の大きな買い物であり、故人と家族を繋ぐ大切な場所です。

石材店は、お墓を建てた後も代々付き合っていく予定になるため、順番に選びたいものです。

長い年月、多くの人たちに選ばれ続けてきた石材店にはそれなりの理由があるはずで、実績はそのまま信頼できる証といえます。

通常は、担当者は希望に合ったお墓を提案できるよう丁寧なヒアリングをしてくれます。担当者の対応は、その会社の様子を写す鏡です。

その会社自体が、顧客に寄り添うことよりも、利益を重視する体質なのかもしれません。

そのため、不安な場合は候補となる石材店に事前に連絡を取り、「墓石についての相談」という形で接触することをおすすめします。

また、実績が評判が良い石材店には、親身に話を聞いてくれる担当者がいるはずです。

スキマ時間で後悔しないお墓探し
スキマ時間で後悔しないお墓探し

お墓の購入費用を節約するためのコツ

お墓は人生最後の費用となるため、その費用を節約することが重要です。

お墓の値段を安くするためにはいくつかの方法があります。

一般的な墓石を選ぶ、デザインにこだわらない、既製品の購入を検討するなどの方法があります。

また、新しい埋葬方法を検討することで安く抑えられます。

 最近、昔のお墓だけではなく納骨堂や合葬墓、合祀墓、樹木葬といった新しいタイプのお墓の人気が出てきています。

スキマ時間で後悔しないお墓探し
スキマ時間で後悔しないお墓探し

お墓の費用についてよくある質問

お墓の費用相場について教えてください

お墓を建てる費用は、地域や墓の種類、デザインなどによって大きく異なります。全国平均では170万円程度です。

お墓の費用の内訳について教えてください

お墓の土地(墓地)を使用するために支払う料金と、お墓を維持するために必要な墓地管理費、墓石の費用がかかります。

永代使用料の相場について教えてください

お墓の土地(墓地)を使用する権利を得るための料金(永代使用料)の相場は、60〜100万円程度です。

【無料】墓じまいガイドブック