お問い合わせ

宗教によって異なる枕飾りの意味と選び方

故人の祭壇に飾る枕飾りには、宗派や地域によってちがう意味があります。また、枕飾りにはマナーがあり、正しい飾り方や取り扱い方を知っておきましょう。

枕飾りの選び方や価格についても触れ、故人を送るための大切な準備をサポートします。枕飾りに興味のある方は、ぜひ参考にしてください。

枕飾りの意味と使い方

枕飾りを祭壇に飾る理由

枕飾りには、故人が亡くなった後に迷わず成仏できるようにするための「道しるべ」という役割があります。故人が亡くなった直後の魂には、この世に未練が残っているとされています。

そのため、枕飾りを供えてこの世に執着する心を浄化し、成仏できるようにしてあげます。また、枕飾りは通夜や葬式で焼香や礼拝を行うための祭壇としても使用されます。

枕飾りの飾り方とマナー

枕飾りは、故人の枕元に飾り、故人の魂をあの世へ導くために使われるものです。ろうそくや香炉、花、水などの道具を使い、小さな台の上に飾ることが一般的です。

枕飾りには、白木や白い布を使うこともあります。僧侶から枕経をいただき、お経によって故人の魂を安らかにあの世へ旅立たせると考えられています。

枕飾りに必要なものと手入れ方法

枕飾りに必要なものと道具

仏教の枕飾りは、白木台または白い布をかけた台に、真ん中に箸を立てる一膳飯、ご遺体の枕元に供える枕団子、水、お香を焚くために使う香炉、線香、ろうそくを立てるのに使う燭台、花瓶、植物、鈴などが添えられます。

これらは、故人の冥福を祈るための道具であり、故人の枕元に置かれます。枕団子の数は地域によって異なるので、葬儀会社や親族に確認して決めましょう。

枕飾りの台には、故人が食欲から浄化されますようにと願いを込めて、一膳飯や水を供えます。また、線香や花、鈴を使い、故人の魂が安らかにあの世へ旅立つように導きます。

枕飾りの道具の種類や数は、宗派によって異なるため、注意が必要です。

枕飾りを購入する前に知るべき注意点

宗派によってちがう枕飾り

枕飾りは宗教によって異なります。仏教、キリスト教、神道で枕飾りを飾る必要がある場合、必要がない場合もあります。

枕飾りは宗教によって異なります。仏教では小さい台の上に白い布を掛け、その上にお供え物を置きますが、浄土真宗では、特別なお供えが必要なく、宗教的な意味合いよりも、故人への感謝の気持ちを込めるために飾る場合が多いです。

キリスト教では、お供え物の代わりに十字架や聖書を置くことがあります。神道では水や塩、米などを供えることが一般的です。

ただし、親族に強いこだわりがある場合や、故人が信心深い人だった場合は葬儀会社に伝えると良いでしょう。

枕飾りの飾り方について気にしすぎる必要はありませんが、宗派によっては特定の飾り方があるため、事前に確認しておくことが望ましいでしょう。

ろうそくの火は必要不可欠

基本的には絶やさずに燃やす必要があるため、ろうそくは事前に準備しておくことが望ましいです。ろうそくには宗教ごとに異なる意味があります。

枕飾りの取り扱いや処分方法

枕飾りの飾り期間や取り外し方

枕飾りは、故人が亡くなってから通夜が始まるまでの短い期間、枕元に置かれます。この期間中、枕飾りを外す必要はありません。

自宅で葬儀を行わない場合は、通夜の前に納棺が行われ、その後葬儀会場に故人をお連れします。通夜が終わると枕飾りを取り外すことになります。

後飾りの場合、お葬式の日程や故人の意向によって期間が変わることがありますが、基本的には納骨のタイミングで取り外します。

枕飾りを外すタイミングと処分の仕方

枕飾りを処分する際は、花瓶、香炉、ろうそく立てを割り、その他は自治体の処分方法に従って処理するのが一般的です。

ただし、枕飾りに使われた花材や素材によっては自然に還るものがあるため、自治体のゴミの分別方法を確認する必要があります。

枕飾りの花材が自然に還るものであれば、ごみとして出すのではなく、故人の好きな場所に撒くこともできます。

また、枕飾りを処分する場合は、神社や仏壇などに持って行って特別な方法で処分することもできます。

枕飾りを処分することに気が引ける場合は、葬儀会社に引き取ってもらうこともできますので、相談するとよいでしょう。

宗派別・地域別枕飾りの違いと特徴

仏教枕飾りの意味と飾る場所や配置の仕方

仏教の枕飾りは、故人の枕元に供えるもので、故人の魂を祀る意味があります。

枕飾りには、白木の台の上に真鍮製のお椀型、鳴らすと音が鳴る鈴、三具足(香炉・燭台・花立)、守り刀などを置くのが一般的です。故人に対して供える枕飯を置く地域もあります。

また、浄土真宗では枕飾りに飲食物を供える必要はないとされています。枕飾りの台は白木を使ったもので、サイズは畳半畳程度が一般的です。

枕飾りは、葬儀が終わるまでの期間、枕元に置かれます。

キリスト教枕飾りの意味と飾る場所や配置の仕方

日本のキリスト教では、白または黒の布で台を覆い、十字架や聖書、ろうそくを立てるのに使う燭台、パン、水を飾るケースがあります。

また、カトリック教会の七つの秘蹟のひとつである終油の秘跡に合わせて、聖油つぼを飾ることもあります。

聖油は、故人の生前の罪の許しを乞い、安らかに眠ることを祈って顔に塗る油です。

神道枕飾りの意味と飾る場所や配置の仕方

神道の枕飾りには、八足机、三方、花瓶を用意します。花瓶には榊を、三方の中には水、塩、洗米、お神酒を供える必要があります。

神様がお召しになる常饌と呼ばれる食事で供え物や故人の好物を置かれることがあります。

枕飾り商品の価格

枕飾りの価格は宗教や宗派、お供え物の種類によって異なりますが、一般的には1万~3万円程度の範囲です。

葬儀社に葬儀を依頼する場合、枕飾りの費用は含まれていることが多いため、確認することをおすすめします。

自分で用意する場合は、枕飾り一式の他に、線香や供え物、花などが必要です。そのため、費用が高くなる傾向にあります。

また、自分で用意する場合には、菩提寺や葬儀社に確認する必要があるため、手間や時間がかかることがあります。

そのため、葬儀の準備が慌ただしいときには、葬儀社に任せることがおすすめです。

枕飾りを購入する場合は、葬儀会社やインターネット通販などで購入することができます。

枕飾りについてよくある質問

枕飾りの意味や特徴を教えてください

宗派によって異なる枕飾りの意味や特徴はあります。仏教ではお経を唱えることで亡くなった人の魂を導き、キリスト教では救世主イエス・キリストによって救済されたことを表現し、神道では先祖を敬い、安らかに眠ってもらうことを願っています。

枕飾りの飾り方を教えてください

祭壇の中心に飾ること、垂れ幕や花瓶と合わせてバランスを取ること、家族が揃ってから飾ることなどがあります。

枕飾りを購入する前に知っておくべき注意点を教えてください

宗派や地域によって異なること、亡くなった人の性別や年齢に合わせたものを選ぶこと、宗教的な意味を理解し、敬意を持って取り扱うことが大切です。

墓じまいはハカシルが代行します
墓じまいの相談は何でも無料
ハカシルの安い墓じまい