お問い合わせ

法事の食事はどうするの?メニューや金額目安・食事のマナーを紹介

法事の食事は、故人を偲ぶ重要な時間の一部です。この記事では、法事の料理の選び方や金額目安、マナーについて詳しく解説します。また、法事のお食事代は誰が出すのか、最近の傾向や法事の食事場所選びのポイントなどもご紹介します。 法事の食事でお困りの方は是非この記事を読んで参考にしてください。

法事の料理について

法事の食事の目的

法事で食事をする目的は2つあります。1つは参加者やお寺のお僧さんに感謝をするため、2つ目は、亡くなった人のことを偲び、思い出を語りながら、ゆっくりと話をするためです。また、亡くなってから長い時間が経っている場合は、「めったに会えない親戚が集まって話をするための時間」としての意味もあります。

法事の食事の傾向

一般的に、初七日の法事では魚を食べないことが多くいなり寿司や巻き寿司を食べます。しかし、四十九日以降に行われる一周忌などの法事では海鮮も食べることができます。また、自宅で法事をする時には、仕出し弁当を食べることが一般的です。法事に参加する人には、会食をしなくても折詰弁当を渡すことがあります。

その他には懐石料理なども法事で食べることができ、状況によって選ぶことができます。

法事の食事のマナーと注意点

基本的に、お祝い事を思わせる食材を使うことは避ける必要があります。例えば、「めでたい」ことを連想させる鯛などは避けるべき食材です。また、豪華な伊勢海老や、桜や桃の花も使用しないようにしましょう。

お祝い事を思わせるのは食材だけではありません。紅白もお祝い事を連想させるため、盛り付けや配膳の際には赤と白を交互に並べないようにしましょう。食器や敷き紙にも紅白を使われていないか確認しましょう。

また、法事に似合わない派手な金や赤の色も使わないようにし、つながりを連想させる結びこんにゃくや回し切りした食材も使わないようにして、なるべくお祝い事を連想させる要素を避けることが重要です。

法事の時の食事の流れ

食事を配るための人数確認

食事を提供する人数や参加者の人数を確認し、足りないものを補充します。また、法事の食事を準備するために、食材や調理器具などを用意することもあります。

法事の食事の提供

食事を提供する前に、僧侶や信者が席に座って僧侶の話を聞いたり、お祈りをするなど儀式が行われます。お寺や会館などの施設で食事をおこなう場合は、席で配膳が配られるのを待ちます。自宅でおこなう場合は、親族などで役割を決めて配膳をおこなうのが一般的です。

法事の食事の後の片付け

食事が終わったら、後片付けをします。参加者は、使った調理器具や食器を片付け、場所をきれいにします。

法事のお食事代の目安は?

法事の食事の費用相場

食事をする場所やお店、食事の内容によって費用は違います。一般的に一人あたり3,000円~10,000円くらいを目安に食事を手配する傾向が多いです。

ただ、法事の食事を提供する場所によっては、飲み物の料金や場所代などもかかり、料金も変わるので事前に予算を決めてその予算にあった食事を用意すると良いでしょう。

法事の食事の節約方法

自宅での法事を行う場合は施設費がかからないため、食事の節約にも繋がります。また、法事の際の食事は手作りにするなども費用を抑える方法の1つです。

法事の食事の予算の立て方

参加人数: 食事を提供する人数を確認し、それに応じて食材や調理器具などを用意しましょう。

食材: 食材の料金は、季節や地域によって異なります。高価な食材を使用する場合は、料金が高くなるため、予算に合わせて選ぶようにしましょう。

場所: 食事を提供する場所によって、料金が異なります。ホテルや会館などで行う場合は、レンタル料やサービス料がかかるため、予算に合わせて選ぶようにしましょう。

飲み物: 飲み物の料金も予算に含めるようにしましょう。場所によっては、飲み物代がかかる場合もあります。

予備費: 予期しないトラブルや追加で必要なものに対応するために、予備費を取っておくようにしましょう。

上記に記載した内容を考慮しながら、予算を立てることが大切です。

法事の食事にかかる費用は誰が出す?

施主が出す

法事の費用は、誰が負担するかは明確な決まりがありません。だが、施主が負担するのが一般的です。

親族と折半

法事の時に、参列者から香典が渡されます。香典から食事代を出すのが一般的ですが、現在は香典が少ない場合も多く、香典から費用を出すことが出来ない場合もあります。その際は親族と話し合って折半するケースもあります。

法事の食事についての最近の傾向

法事の食事は自分達で作らず注文

法事や法要での食事を自分たちで作るのは大変です。そのため、最近では料理屋に事前に注文して法事の食事を注文する場合が多いです。また、「法事の食事専門」の料理屋に依頼するとお弁当から寿司や懐石料理などの、たくさんの料理の中から選ぶことができる場合もあります。また、参列者の好みや年齢層に合わせて注文することもできるほかに、自宅やお寺などに配達してもらうことも可能です。

法事の食事を用意しない

最近では、家族だけの法事をすることが多くなってきて食事なしも増えています。特に寺によっては、午後から始まる場合が多いこと、感染症の流行などによって食事を省略することが増えてきています。しかし、地域によっては法事で食事する」と考える人もいるので、食事なしで法事をするのがあたり前となっている場合もあるので事前に親族へ説明をするようにしましょう。

法事の食事で選ばれる場所

法事の食事場所が自宅

自宅で法事の食事をする場合は費用も抑えられるというメリットがあります。自宅で親族同士で料理を作ったり、仕出し弁当を使って食事をすることもできます。料理屋やホテル、施設や法要会館で食事をするよりも安く済みます。また、自分たちで飲み物を買うことで、料金もさらに安くなるため法事の食事は自宅を選ばれることも多いです。

法事の食事場所が料理屋

料理屋は場所によっては法事用の料理もたくさん用意しています。また、手配も簡単です。故人の好きだった料理を食べることもできるほかに種類も豊富で、好きな料理を選ぶことができます。そのため、故人の好きな料理を選んで、思い出を味わうこともできます。

法事の食事場所が施設・法要会館

法要会館にはスタッフがいて、専門的な知識があるので、葬儀会社とのやり取りもスムーズにできます。料理の提案もスタッフがしてくれるため、喪家の人たちも安心して任せることができます。

法事の食事場所選びのポイント

法事に適した料理を提供している

法事で食事を提供する料理屋を探す時は、まずその料理屋の公式ホームページをみて法事に合った料理を提供しているかを確認しましょう。もしわからなければ、料理屋に「法事料理」を行っているか問い合わせをして確認しましょう。

法事・法要施設の近くのお店がある

法事をする場所に近い食事場所が良いですが、遠いけど他の要素がよければそこでも大丈夫です。また、送迎バスを出している場所も便利です。

個室がある

法事は、私たちの個人的な感情や思いが深く関わっていることからとてもプライベートなことです。そのため、個室がある場所を選ぶのが一般的です。これは、法事を行う人にとっても重要で、他の人に配慮するためもです。個室の人数については、きちんと確認しておくようにしましょう。