お問い合わせ

「献花」とは?やり方と葬儀に関する献花について解説

「献花」とは、葬儀や追悼会などにおいて、故人に対して花を捧げることを指します。献花は、故人を思い出し、感謝の気持ちを伝えるために行われます。

献花には献花をする花の種類やマナーについて最低限しておくべきマナーがあるので、最後までお読みください。

献花とは

献花は、葬儀や告別式などの記念に故人に対して花を贈る行為を指します。故人への思いや冥福を祈る気持ちを込め、葬儀会場や祭壇を華やかに飾る役割を持ちます。献花には贈った人の名前や会社名を記した札を立てることが一般的ですが、芳名板に名前を並べる形式もあります。また、葬儀に参列できない場合には、弔電の代わりや香典の代わりとして献花を贈ることもあります。献花は一つを一基、二基を一対と数え、祭壇の両側に飾ることもあります。

献花のささげ方・流れ

案内に従って、葬儀社など係の者から花を受け取ります。受け取る時は、献花は花が右、茎が左で両手で受け取ります。

着席している遺族に向かって一礼をして、そのままゆっくり献花台に捧げます。

ささげた後、遺影に向かって一礼をして、プロテスタントの場合は胸の前で手を組んで黙祷、カトリックの場合は黙祷したあとに十字を切ります。新興宗教がない場合は、手を合わせるもしくは、頭をさげて黙祷をします。最後に、牧師さんと遺影に向かって一礼をして案内に従って席に戻ります。

献花で使用される花の種類

献花は、故人にお別れを告げるために花を捧げることで、葬儀や告別式の一部としておこなわれる儀式です。

献花に使われる花は、白色の花が多いですが、理由として、白色は喪に服すための色で美しく華やかで、故人のご冥福を祈る気持ちを伝えられるからです。代表的な花は白色のユリ、菊、カーネーション、胡蝶蘭です。これらの花は比較的安価で持ちが良いのでよく使用されます。

しかし、故人が好きだった花、赤いバラやチューリップ、スイートピー、ひまわりといったカラフルな花も使用することはできます。バラのようにトゲのある花は、トゲの処理をしましょう。

献花をする時の注意点

お別れの会、有名人の葬儀のように大人数で葬式をおこなうときは、葬儀社や会場のスタッフといった案内人がいるので、その指示にしたがって献花しましょう。

献花するときのお花を自分で用意してきたときは、遺族を通して葬儀会社のスタッフに相談して、祭壇の両脇の花瓶や葬儀の受付をする机の花瓶に生けてもらうのが一般的です。

案内人がいる場合、気にする必要ありませんが、案内人がいない場合、献花台が花であふれかえってしまい、献花台の周りにお花をおいてしまって、通路を塞いだり、風にあたって花が倒れたり、吹き飛ばされて、近くに住む近隣のかたに迷惑をかけてしまうこともあります。

無理にお花をおかずに、遠くから手を合わせて気持ちを届けることも供養のひとつです。献花をする予定だった花やお供え物を持ち帰ったとしても気持ちは伝わります。

献花をするとき、両手で捧げることがマナーとなるので、花は片手で持たずに両手で持ちましょう。

献花をするときは、手ぶらの状態でおこなうことが基本ですが、もし手元に荷物があって片手しか使えないときは、手荷物を自席においてから献花しましょう。

葬儀の献花料の相場

葬儀をするときの献花料は、1基あたり10,000円から30,000円程度が相場といわれています。献花料は、故人との関係性や献花をする人の判断によって異なります。

故人が親族でかつ直系のかたの場合、両親なら5万円から10万円、兄弟、姉妹なら3万円から5万円、祖父母なら1万円から5万円、叔父、叔母なら1万円から3万円が相場になります。

一方で、勤務先の同僚や友人の場合、上司や同僚であれば5,000円から1万円、上司や同僚の家族であれば3,000円から1万円、友人であれば5,000円から1万円程度が相場になります。

しかし、献花はあくまで気持ちを表すものです。相場を気にして多めにお包みして渡す方が多いですが、あまりに高額だと遺族に気を遣わせてしまうため注意しましょう。