お問い合わせ

【花の葬儀の特徴】花で故人を見送る葬儀を解説

「花の葬儀」は、故人を花で見送ることで、その人を慰め、追悼する葬儀のことを言います。故人にふさわしい花を選び、花祭壇に置くことで、故人を偲ぶことができます。花の葬儀は、一般的な葬儀と比べて費用も少なく、花の美しさで故人を偲ぶことができるメリットがあります。しかし、花の種類や数、花祭壇の選び方などによって費用がかかることもあります。花の葬儀に興味がある方は、費用相場やメリット・デメリットなどを調べてから決定することをおすすめします。

花で見送る葬儀とは

花で見送る葬儀とは

花で見送る葬儀は花葬とも呼ばれていて、故人を送るためにお花で作った祭壇を使う方法です。この方法は以前から使われてきましたが、最近ではよく使われるようになりました。花で作った祭壇は美しく見えるので、多くの人が好きだと言われています。

花葬儀には2つの意味がある

花葬は花で作られた祭壇で行う葬儀と、樹木葬などのように花を墓標とするお墓の2つの意味があります。一般的な葬儀では祭壇を白木で作りますが花葬は故人の好きだった花を使って祭壇を飾ることを花葬と言います。

花葬儀が普及した背景

約15~20年ほど前から徐々に広がっていったことが始まりです。花葬は視覚的な美しさもあって多くの人に受け入れられ、普及していきました。

花を故人に手向ける意味

故人にお花を手向ける意味は、故人に対して敬意を表し感謝の気持ちを伝えるためとされています。また、生花を使うことで、花の色や香りが故人の記憶を蘇らせ、心を落ち着かせる効果があります。また、お花は供養の象徴として、故人に対する感謝や尊敬を伝える役割も持っています。

花葬儀は依頼する業者と設置時間

花葬儀は依頼する業者

花葬は葬儀社に頼むことが一般的です。しかし、花は生花店を調べて葬儀社に選んだ生花店を伝えて手配してもらっても問題ありません。生花店を選ぶときは、そこが花祭壇を扱っているか調べるようにしてください。花祭壇を扱っている生花店なら、葬儀社とのやり取りもできます。大きな生花店の中には、葬儀も一式やってくれるところもあります。しかし、生花店を調べて葬儀社に頼むのが面倒な場合は、花祭壇を扱っている葬儀社に依頼すると良いでしょう。

花葬儀の設置時間

一般的に、式場では設置の開始時刻が決まっているので、開始時刻から1時間後には、花祭壇の7割が完成しています。自宅や集会所の場合は、設置の開始時刻を事前に喪主様に伝えます。そうすることで開始時刻から1時間後には、7割が完成しています。

花葬儀と一般的な葬儀との違い

祭壇の違い

花で見送る葬儀と一般的な葬儀の最大の違いは、白檀の木の祭壇ではなく花がメインの祭壇ということです。白檀の木の祭壇は、葬儀会社で使用されるものの多くがレンタル品で、使いまわしができます。しかし、花で見送る葬儀は生花を使用し、それらを使いまわすことは非常に困難です。花で見送る葬儀で使用された花は、通夜から葬儀まで、その美しさを楽しむために使用され、その後は引き抜かれ、棺に入れられたり、弔問客に持ち帰られたり、初七日法要に使用されたり、家に持ち帰って仏壇に供えられたりすることが一般的です。

美しさの違い

花で見送る葬儀は多くの人に受け入れられてきています。白檀の祭壇は重厚で、伝統に裏打ちされた確かさがありますが、花で見送る葬儀はより個人的で温かみのあるものとされています。また、花で見送る葬儀は、白檀の祭壇と比べるとやはり花があるだけでも祭壇が美しく見えます。

花葬儀の費用相場とお金がかかる項目

花葬儀の費用相場

花で見送る葬儀の金額の相場は200万円程度、家族葬の場合は50万円程度と考えることができる。ただ、祭壇費用は生花だけではなく、人件費やご遺体の連れ出し費用、枕飾りの費用なども含まれていています。

花葬儀の費用は普通の葬儀費用と変わらない

「花で見送る葬儀は高い」というイメージがあります。しかし葬儀会社は、弔問客の数や予算に応じて、適切な祭壇や会場を用意している。また、白木の祭壇でも花が使用されることがあり、花で見送る葬儀と白木の祭壇の値段には大きな差はありません。葬儀会社によっては、花で見送る葬儀の方が安い場合もあるため、花葬儀の方が高くなるとは言い切れません。

花葬儀のメリット・デメリット

花葬儀のメリット

花葬儀最大の長所として、独自の色鮮やかな葬儀を作ることができることです。故人が好きだった花を選ぶことができ、その人らしいデザインで祭壇を作ってもらうことが可能です。花葬儀は使い回しされることもなく、その人らしい送り方ができます。また、花葬儀は宗教的な色合いを全く持たない場合にも適しています。無宗教の式を希望するが、寂しい式にしたくないと考える人にとっても、華やかな色とりどりの花で見送る花で見送る葬儀は非常に有用です。通常の式では忌避されがちな色や種類の花も、遺族の希望があれば使うこともできます。ただし、葬儀会社によって考えが異なる場合があるため事前に確認してください。

花葬儀のデメリット

花で見送る葬儀のデメリットは、打ち合わせにかかる時間が長くなることが挙げられます。葬儀会社にデザインを任せる場合は、種類や色だけを聞かれるだけで、時間はかかりませんが、家族や自分、故人の好きだった花などを用意してオリジナリティを出す場合は、花の種類、デザイン、意向、大きさなど様々なことを打ち合わせするために時間がかかります。場合によっては半日がかかることもあります。また、高額な花を使う場合もあり、総額が高くなる可能性があります。そのため、花で見送る葬儀を選ぶ場合は、その点も考慮する必要があります。