お問い合わせ

葬儀会場選びで失敗しないためのポイントとマナーについて解説

この記事では、葬儀会場を選ぶ際に注意すべきポイントや、会場でのマナーについて解説しします。

葬儀会場選びは、大切なことです。この記事を読むことで、ご自身にあった葬儀会場選びにができます。ぜひ参考にして、失敗のない葬儀会場選びをしましょう。

葬儀会場と火葬・斎場の違い

斎場と葬儀会場の違い

葬儀儀場は斎場とも呼ばれ、両者の間に明確な違いはありません。

ただし、ほとんどの場合、葬儀会場は火葬場を併設していない施設を指します。

葬儀式と別れの儀式が行われた後、通常は葬儀行列が火葬場に移動します。また、葬儀ホールと葬儀会場は、時に葬儀会館やセレモニーホールとも呼ばれます。

公営の斎場と民営の斎場の違い

公営斎場とは、各市町村の自治体もしくは地域の組合によって運営されている斎場であり、民営斎場とは、民間企業が運営する斎場のことです。

公営斎場と民営斎場の最も大きな違いは、運営主体が異なることです。公営斎場は、自治体や地域の組合が運営しているため、一般的には料金が比較的安価であることが特徴です。

一方、民営斎場は、民間企業が運営しているため、料金が高額であることが多いです。

また、公営斎場と民営斎場では、設備やサービスにも違いがあります。公営斎場は、火葬場を併設している場合が多く、移動が少なく、少人数での葬儀に向いています。

一方、民営斎場は、宿泊設備が完備されていたり、無宗教葬に対応していたりすることがあり、家族の状況に合わせたサービスが提供されることがあります。

葬儀会場選びのポイント

参列人数の規模によって葬儀会場を選ぶ

参列人数を事前に把握することが重要です。葬儀形式によっても参列人数の目安は異なり、一般葬では30~70人程度、社葬では約100人以上、家族葬では10~30人程度が一般的です。

葬儀会場の選択にあたっては、参列人数に対応できる広さの会場を選ぶことが基本的なポイントです。

広すぎる会場は寂しい印象を与えてしまい、大きい祭壇に変更するなどの追加料金がかかることもあるため、注意が必要です。

葬儀会場の設備の充実度によって選ぶ

葬儀会場の設備については、会場の広さ、音響設備、冷暖房設備、トイレ、駐車場などが重要なポイントとなります。

特に、葬儀会場の広さは参列者の人数に合わせて選ぶ必要があります。また、音響設備が整っていると音声がよく聞こえるため、参列者に追悼の気持ちを届けることができます。

さらに、冷暖房設備が整っていると、季節や天候に左右されず快適に過ごせます。トイレや駐車場も充実していると、参列者の負担を減らすことができます。

また、公営斎場は、火葬場が併設されていることがあるため、通夜、告別式、火葬まで1か所で終えられるため移動が楽でスムーズに葬儀を終えることができるというメリットがあります。

民営斎場は利用希望者が多く、予約が取りにくいというデメリットがある一方、利用する葬儀社は自由に選択できるため、特定の葬儀社を利用したい場合には利用しやすいと言えます。

利用料金によって葬儀会場を選ぶ

利用料金を抑える場合は、公営斎場を選択すると良いでしょう。

民営斎場は、企業や宗教団体が運営する斎場であり、施設やサービスによって利用料金が異なります。

一般的に、公営斎場よりも高い利用料金が設定されているため、利用する際には注意が必要です。

交通のアクセスによって葬儀会場を選ぶ

葬儀において、参列者が来やすい立地条件を考慮することは大切です。

参列者が自家用車で来る場合は駐車場の有無や大きさを確認する必要があり、公共の交通機関を利用する場合は交通の利便性を確認することが重要です。

葬儀会場でできること

葬儀会場は少人数でも利用できる

近年、少人数での家族葬や一日葬が増加した結果、斎場会場も少人数でできるようになっています。

近年流行した感染症感大によって、葬儀の小規模化や簡素化が進み、少人数の葬儀会場の需要が高まっていることが示されています。

最近では少人数での葬儀を行うための小規模斎場が新たに建設されています。

葬儀会場は無宗教でも斎場が利用できる

無宗教の葬儀会場は、定められた形式がないため、自由に内容や段取りを決めることができます。

一般的には、仏式の葬儀から宗教の要素をなくした形が行われることが多く、無宗教式の流れの一例には、お通夜、告別式、火葬式が挙げられます。

宗教者を呼ばないため、宗教に関する費用がかかりません。また、無宗教葬の場合、霊園においても宗教・宗派関係なく誰でも埋葬が可能です。

葬儀会場は宴席を催すことができる

葬儀会場での会食は葬儀の習慣のひとつであり、遺族や親族、僧侶などが故人と共に最後の会席をともにして供養するとともに、弔問に来た人々にお礼をする場でもあります。

葬儀会場では告別式だけでなく、葬儀後の食事や慰霊祭も開催されることがあり、会場によっては式場としての設備を持っているものもあります。

葬儀会場は宿泊ができる

多くの葬儀会場には宿泊というよりも仮眠がとれるスペースもあります。

ただし、葬儀会場によっては宿泊人数が決まっていたり、設備が異なっていたりするため、事前に確認が必要です。また、宿泊を希望する場合は事前に葬儀会場に相談しておくことが一般的です。

家族のみが宿泊できる葬儀会場もあり、一般の参列者は宿泊できない場合、布団などが用意されている場合や用意されていない場合もあります。

事前に葬儀会場に確認しておくことが大切です。

葬儀会場の費用相場と節約方法

葬儀会場の費用相場

葬儀会場の費用相場は、葬儀会場の種類や地域によって異なります。

公営斎場や民営斎場、寺院斎場など様々な種類がありますが、公営斎場の費用は5万円から10万円程度で利用できる場合が多く、民営斎場の場合は1/3から1/2程度高くなる傾向にあります。

一方、自社斎場を持つ葬儀社では、場所や設備によって費用が異なります。例えば、東京都内の自社斎場の場合、80万円から200万円程度が相場とされています。

また、家族葬専門の会場や少人数向けの会場では、10万円から20万円程度で利用できる場合が多いようです。

葬儀会場の節約方法

参列者が少ない場合は、葬儀の規模を小規模にすることで費用を抑えることができます。

また、葬儀会場の費用相場については、地域や規模によって異なるため、複数の葬儀社から見積もりを取ることが重要です。

葬儀会場のマナーと手配

葬儀会場でのマナー

参列者同士の話し声や携帯電話の着信音は控え、故人に対して敬意を表すためにも適切な服装を選びましょう。

葬儀会場を手配する流れ

葬儀会場を手配するにはまず、故人が生前どのような葬儀を望んでいたかを近親者に確認する、遺言状に記載されていないか確認することが大切です。

その後、葬儀会社や葬儀ディレクターに相談し、葬儀会場の予約を行います。

葬儀会場を選ぶ際には、予算や参列者の人数、式場の広さや設備などを考慮する必要があります。

また、葬儀会場の場所やアクセスも重要なポイントです。近くに駅やバス停があるか、駐車場があるかなども確認しましょう。

会場の予約が完了したら、葬儀会社や葬儀ディレクターと打ち合わせを行い、式の進行や装花などの細かい調整を行います。

また、参列者に案内状を送り、葬儀会場へのアクセス方法や駐車場の利用方法などの情報を提供することも忘れずに行いましょう。

葬儀会場で必要な持ち物

葬儀に参列する際には、持ち物の準備が必要です。

一般的には、香典袋や袱紗、数珠、ハンカチ、が必要とされます。

また、香典袋は宗派や関係性によって異なる表書きがあり、事前に確認して適切なものを用意する必要があります。

袱紗は、香典を包むための布で、香典袋に汚れがつかないようにするために用意しましょう。

数珠は、仏式の葬儀では持参すると無難です。葬儀に参列する際には、バッグに必要なものをまとめておくことが大切です。

葬儀会場を探す方法

葬儀会場をインターネットで検索することは、現代において一般的な手段の一つとなっています。

費用の相場や、写真などで設備を確認できるメリットがあります。また、インターネットでの口コミや評判も見ることができますが、最終的には電話を掛けてみて、ご自分で判断すると良いでしょう。

葬儀会場でよくある質問

葬儀会場と斎場の違いはなんですか

葬儀儀場は斎場とも呼ばれ、両者の間に明確な違いはありません。

ただし、ほとんどの場合、葬儀会場は火葬場を併設していない施設を指します。

葬儀式と別れの儀式が行われた後、通常は葬儀行列が火葬場に移動します。また、葬儀ホールと葬儀会場は、時に葬儀会館やセレモニーホールとも呼ばれます。

葬儀会場で必要な持ち物はなんですか

葬儀に参列する際には、持ち物の準備が必要です。

一般的には、香典袋や袱紗、数珠、ハンカチ、が必要とされます。

また、香典袋は宗派や関係性によって異なる表書きがあり、事前に確認して適切なものを用意する必要があります。

袱紗は、香典を包むための布で、香典袋に汚れがつかないようにするために用意しましょう。

数珠は、仏式の葬儀では持参すると無難です。葬儀に参列する際には、バッグに必要なものをまとめておくことが大切です。

葬儀会場の費用相場を教えてください

葬儀会場の費用相場は、葬儀会場の種類や地域によって異なります。

公営斎場や民営斎場、寺院斎場など様々な種類がありますが、公営斎場の費用は5万円から10万円程度で利用できる場合が多く、民営斎場の場合は1/3から1/2程度高くなる傾向にあります。

一方、自社斎場を持つ葬儀社では、場所や設備によって費用が異なります。例えば、東京都内の自社斎場の場合、80万円から200万円程度が相場とされています。

また、家族葬専門の会場や少人数向けの会場では、10万円から20万円程度で利用できる場合が多いようです。

墓じまいはハカシルが代行します
墓じまいの相談は何でも無料
ハカシルの安い墓じまい