お問い合わせ

葬儀社のサービス内容や種類別に葬儀社を解説

この記事では、葬儀社がどのような存在であるか、葬儀において喪主や家族がやること、葬儀社が提供するサポートの範囲、などを解説します。

葬儀において重要なことを知りたい方や葬儀で慌てたくない方は、ぜひ読んで参考にしてください。

葬儀社とは

葬儀社とは

葬儀社は、死者を弔うための手配や準備を行う企業です。葬儀社は、死者の遺骨の除去や葬儀の式典の企画、実施、運営などを行います。

また、葬儀社は、遺産の分配や遺骨の保管などの後片付けのサポートも行うことができます。葬儀社は、遺族にとって葬儀を通じ死者を敬うことができる環境を提供する会社だとも言えます。

葬儀社が提供するサービス

葬儀社は、死者の遺骨の除去や葬儀の式典の企画、実施、運営などを行います。葬儀社によって提供されるサービスは、地域や社によって異なります。

葬儀社の連絡方法

葬儀社の公式ホームページに記載されている電話番号に電話をかけ、葬儀に関する相談や手配を行います。また、葬儀社の店舗へ直接行き、葬儀に関する相談や手配を行うことができます。

葬儀で喪主や家族がやることは?

葬儀の手配

葬儀社を選び、葬儀に関する相談をおこなう必要があります。葬儀社が提供するプランの中から、遺族にとって適したプランを選びます。プランが決まれば、 葬儀場を予約し、式典を行う場所を決めます。

葬儀に関する準備

葬儀場の装飾は自分の好みの位置に配置する場合は、装飾品の準備などが必要です。基本的には、葬儀社も手伝ってくれます。

葬儀場を整理し葬儀の流れを確認します。葬儀の流れは全て、葬儀社がおこなってくれたり指示、アドバイスがあります。

葬儀の弔問や配膳

葬儀の弔問は、葬儀の参列者に対し、謹んでお悔やみを申し上げることで、死者の遺族に対し敬意を表します。慌てないようにあらかじめ、自分で用意しておくことをおすすめします。

また、葬儀の参列者に対して、飲み物や軽食を提供する場合はあらかじめ用意しておく必要があります。

その場合は、葬儀のスタッフに配膳の件を伝えれば用意をしてもらうことが可能です。

葬儀社のサポートの範囲

搬送と安置

現代では、病院や施設などで死を迎えることが多く、ご遺体の移動が必要になります。そこで、葬儀社がご遺体の搬送を担当し、依頼を受けると病院から車でお迎えに上がり、安置場所へ運びます。

なお、多くの葬儀社は365日24時間対応しており、いつでも連絡を受け付けています。また、安置する際も葬儀社がサポートし、安置施設の利用や、ご遺体を保全するためのドライアイスなどの物品を用意して枕飾り一式も設置します。

葬儀のプランの提案や相談

喪主や家族、故人がどんな葬儀をしたいかを聞いて、それに合った計画を提案してくれます。

プランの中に入っているもの、入っていないものも説明して、家族が満足できる葬儀になるように決めます。

また、お葬式は、初めてだったり、わからなかったりすることがあるかもしれません。そういったことを解消するためにも、葬儀社に相談してもらうことができます。

葬儀会場の手配やサポート

葬儀社はお葬式をする場所だけでなく、火葬場の手配もしてくれます。火葬場には、公営と民営の施設があって料金やサービスの質も違うので、葬儀社から説明を受け、納得したうえで、予約をしましょう。

ご逝去されたら行うこと

死亡診断書の受け取り

ご家族が亡くなった場合、医師によって死亡診断書を受け取ります。これは今後の手続きに必要な書類ですので、できるだけコピーを取って保管しましょう。

もし、病院で亡くなった場合はそこで死亡診断書が出ますが、ご自宅など病院以外の場所で亡くなった場合はすぐに書類を受け取れないことがあります。死因の特定に必要な手続きを経て死体検案書が発行されます。

書類の提出

死亡診断書を受け取ったら、次にすることは、死亡届と火葬許可申請をすることです。死亡届は、誰が死んだか、いつ死んだか、死因などを報告する書類です。

火葬許可申請は、火葬場に遺体を置いて火葬するための許可をもらう書類です。どちらも7日以内に申請する必要があります。

葬儀社が代行してくれることもあります。また、死亡診断書も大切に保管しておく必要があります。

公的手続き

亡くなった人が年金をもらっていた場合、早めに年金事務所に連絡して、年金をもらうのをやめる手続きをしましょう。

もし手続きを怠ったら、もらうべきでない年金をもらってしまうかもしれません。

ほかにも、公的手続きがありますのでくわしくはお問合せください。

葬儀当日までに行うこと

葬儀の規模を把握

葬儀に参列する人の数を把握して、式場の規模や食事の数を決めます。まず最初に、誰に訃報を知らせるかを決めましょう。

そして、参列人数がわかったら、「近所の人や会社関係の人も参列するなら一般葬」「家族だけで行うなら家族葬」など、葬儀の形式を決めます。同時に、祭壇や棺の種類なども決めましょう。

葬儀の服装の準備

葬儀用の喪服が無ければ用意する必要があります。

故人に親しい人が多い場合には、故人が好きだった色やデザインの洋服を着ることもありますが、葬儀は儀式の一部であり葬儀場にあった喪服を着るのが一般的です。

そのため、葬儀に参列する際には、故人やご遺族の意向に沿った服装を心がけることが重要です。

葬儀の日取りと場所を親しい人に連絡

葬儀の日時や場所を知らせるために、親戚や友人、故人の職場などに連絡をします。また、故人が信仰していた宗教の寺院や神社にも連絡をすることも必要です。

葬儀の費用を抑えるためのポイント

葬儀の規模を簡素にする

葬儀の規模を簡素にすることで、参列者の人数や式場の使用料、食事などの費用が減らせます。

ただ、家族などによっては、故人に対する敬意や、参列者に対する思いやりのために、大きな規模の葬儀を行うこともあります。費用面だけでなく、故人や家族の意向を考慮しながら、適切な規模の葬儀を決定することが重要です。

葬儀会場を自宅などにする

葬儀会場を自宅などにすることで、式場のレンタル料や、会場の装飾費用などを省くことができるため、費用は抑えられる可能性があります。

ただ、自宅などによっては、人数制限や設備の整っていないこともあり、葬儀の規模によっては適していないこともあるため、事前に確認をすることが必要です。

複数の葬儀社から見積もりを貰う

複数の葬儀社から見積もりを貰って比較することで、費用を抑えることができる可能性があります。また、葬儀に必要なサービスを選び抜くことでも、費用を抑えることができます。

ただし、葬儀社によっては見積もりを出す際に必要なサービスを提示していない場合があるため、葬儀社ごとにサービスの内容をみて見積もりを比較すると良いでしょう。

葬儀社を選ぶ際の注意点

葬儀費用が明確に記載されている

葬儀社によっては見積もりに詳細な内訳が載っていないこともあるので、葬儀費用の内訳や見積もりをもらう際には注意が必要です。

対応もよく信頼できる

契約後に後悔しないように、葬儀社のスタッフが親切に対応し、遺族の気持ちに寄り添ってサポートするかが葬儀社を選ぶことが重要です。

素人にも分かりやすく説明し、葬儀のプランや費用などについても丁寧に説明してくれる葬儀社を選ぶと良いでしょう。

支払いの期日に柔軟性がある

支払いの方法にゆとりを持っている葬儀社を選ぶことも大切です。葬儀費用はプランによって高額になるケースが多いです。いますぐに支払うことができない場合は注意が必要です。

そのため、支払い期間を延ばしてくれる、クレジットカード払いができる、分割払いができる葬儀社を選ぶと良いでしょう。また、葬儀ローンという選択肢もあります。

葬儀社についてよくある質問

葬儀社がなにをしてくれるか教えてください

葬儀社は遺体の安置、葬儀の手配や進行、葬儀した後の法要までをサポートしてくれます。

葬儀の準備をはじめるまえに、葬儀社がやってくれること、自分たちでやるべきことを知る必要があります。

葬儀社の連絡方法について教えてください

葬儀社の公式ホームページに記載されている電話番号に電話をかけ、葬儀に関する相談や手配を行います。また、葬儀社の店舗へ直接行き、葬儀に関する相談や手配を行うことができます。

葬儀社の選び方ついて教えてください

葬儀社を選び、葬儀に関する相談をおこなう必要があります。葬儀社が提供するプランの中から、遺族にとって適したプランを選びます。プランが決まれば、 葬儀場を予約し、式典を行う場所を決めます。