お問い合わせ

葬式のお金・香典のマナーや相場・表書き・包み方・渡し方までまるわかり!

葬儀において、お金や香典のマナーを知らないと困ってしまうことも。実際の相場や表書きの方法、香典の袋の作り方や辞退についても解説します。葬儀においてのトラブルを最小限に抑えるためにも、この文章を読んでみてください。

お香典とはお供え物として捧げる金品のこと

お香典とは、葬儀や法事などにおいて、お供え物として捧げる金品のことを意味します。

基本マナーとして、お香典は袱紗(ふくさ)に包んで持ち歩いて、渡すときは袱紗からお香典を取り出して両手でお悔やみの言葉を添えて渡しましょう。

香典の金額相場と目安

香典の金額は、故人との関係によって異なり、3,000円から50,000円と幅があります。例えば、両親の場合は50,000円から100,000円、祖父母の場合は30,000円から50,000円、兄弟の場合は30,000円から50,000円、親族の場合は10,000円から50,000円程度が目安です。ただし、これらはあくまで相場であり、実際の金額は遺族によって異なります。

同僚に出す香典は3,000円から10,000円程度です。年齢や立場によっても金額が変わります。上司に出す香典は5,000円から10,000円が多く、長い付き合いのある場合は金額も高くなります。会社の取引先や近所の人に出す場合は3,000円から5,000円程度です。

ただし、目安はあくまでも参考であり、自分にとって適切な金額を選ぶことが大切です。

また、お香典の金額を決める際には、偶数の金額(割り切れる金額)はできるだけ避け、端数や小銭の出る金額にしない、4や9などの縁起の悪い金額は入れないようにすることに注意しましょう。

香典袋(不祝儀袋)の書き方とポイント

香典袋(不祝儀袋)の書き方には、宗教や信仰によって違いがあります。一般的に、「御霊前」と記載することが多いですが、浄土真宗の方は利用しないでください。浄土真宗では、故人が浄土に召される時期が亡くなった日なので、「御仏前」と記載しましょう。キリスト教では「御花料」と記載しましょう。事前に宗派を確認し、適切な表記を使用するようにしてください。

香典を辞退された場合

香典は遺族に対しての感謝を示すものですが、遺族側が「香典は不要」と言っている場合は香典を渡すのはやめるべきです。

参列者によっては、遺族側が香典を返す負担が大きいと感じるために辞退する場合があります。その場合は、香典を送るのはやめましょう。代わりに花束、電話や手紙を送ることをお勧めします。

香典返し辞退の書き方と文例

香典返し辞退とは、香典を受け取ったが、自分にとって不要だと判断した場合に送られる返信のことです。香典返し辞退をする場合は、きちんとした書き方と文例が必要です。

香典返し辞退の書き方

香典返しを辞退するときであっても香典袋には、住所氏名を必ず記載しましょう。 

香典袋の住所と名前を記入する箇所の左側に、表書きと同じように薄墨で「お返しは辞退させて頂きます」などと書くことで、伝えることができます。どうしても薄墨が書きにくいときは、ボールペンや細字の万年筆で書きましょう。

もし、口頭で伝えることになった場合は、明確に辞退の意思を伝えるようにしましょう。

文例

「心よりお悔やみを申し上げます。なお、お香典返しにつきましては辞退させて頂きます。故人のご冥福を心よりお祈り申し上げます」

「心よりお悔やみを申し上げます。勝手ながらお返しのご配慮は不要でございます。故人の何卒ご了承の程お願い申し上げます」など。

受け取った人は香典返しへのお礼は必要ない

香典に対しての感謝の気持ちを伝えることは決して悪いことではありません。しかし、香典を受け取った人には、香典返しへのお礼は必要ありません。理由は、香典返しに対してもう一度お礼をすることは、お礼に対してもう一度お礼をすることになり、失礼になってしまうからです。

配送で送られてきたとき、送った側が無事届いたか不安になる可能性はありますが、香典返しへのお礼はしないものなので、連絡する必要はありません。