お問い合わせ

お盆の時期と地域の関係について時期が分かれた理由

お盆は、旧暦の7月15日に行われるとされていましたが、明治時代に行われた改暦により、新暦の8月15日に変更されました。

これに伴い、お盆の時期も変更され、地域によっては7月13日~15日、8月13日~15日、8月20日前後など異なります。

特に、農村や漁村では、農業や漁業によって影響を受けることが多く、お盆の時期によって区切りがつくことから、旧暦のお盆を維持している地域もあります。

一般的なお盆の時期は?

お盆は、8月13日から16日までの4日間が一般的ですが、地域によっては7月13日から16日までの4日間(7月盆)で行われることもあります。

これらの時期の違いは、明治時代に行われた改暦によるもので、改暦前は旧暦の7月15日に行われていたが、改暦後は新暦の8月15日に変わったためです。

お盆の時期が分かれた理由

お盆の時期が新暦の8月13日から16日(8月盆)か旧暦の7月13日から16日かに分かれる理由は、明治時代に行われた改暦によるものです。

改暦は、暦の国際基準化を目的として行われ、その結果、日本の各行事は30日遅れとなりました。

そのため、旧暦の7月15日に行われていたお盆も、新暦の8月15日に行われるようになりました。

一部の地域では、改暦前の影響を受けなかった習慣を継承するため、旧暦の7月13日から16日に行われることが多い。

地域別お盆の時期

お盆の時期が異なる理由は、明治時代に行われた改暦が関係していると考えられています。

改暦は暦の国際基準化を目的として行われ、日本の各行事が30日遅れとなりました。

その結果、旧暦の7月15日に行われていたお盆も、改暦後には新暦の8月15日に行われるようになりました。

しかし、日本国内ではそれぞれの地域によってお盆の時期が違うことがあり、東京都や南関東の都市部、静岡や金沢の旧市街地、函館は7月13日~15日、沖縄県、奄美は8月20日前後、南関東の一部、西日本全般と北関東より北の地域は8月13日~15日とちがいがあります。

お盆はどういう流れで行われるの?

お盆前日までに、準備・飾り付け、法要手配の準備、お盆飾りの事前準備と飾り付け、お仏壇とお墓の掃除を終わらせましょう。

ご自宅や友人宅にお参りにいくときは、お供え物を準備しておきましょう。

お盆当日は、故人へ準備したお線香、お花、ローソクなどをお供えして、家族でそろってお墓詣りをしましょう。

お墓参りのあとは、自宅やお墓で迎え火を焚いて、盆提灯に灯りをつけて故人をお迎えしましょう。新盆の場合は、初盆用の白提灯にも灯りをつけましょう。

その後は、故人を偲びながらご家族や親族を招いて会食。終わったらお坊さんを読んで読経やお坊法要をとりおこないましょう。

最後は、家族でそろってお墓参りをして、自宅やお墓で送り火をたいてお片付けします。

迎え火と送り火の意味って?

迎え火の意味

迎え火は、お盆に自宅に帰ってくるとされる先祖の霊を迎える目印として、玄関先や庭などで焚かれる火のことを言います。

迎え火は、お盆に先祖の霊を家に迎え入れる時に焚く火のことで、家の門や玄関で、素焼きの焙烙と呼ばれる皿に、おがらという麻の茎の部分を折り重ねて火をつけます。

麻は清らかな植物とされており、悪いものを清めるという意味があり、迎え火の火種は、お墓参りに出かけた際に、線香やろうそくに移して持ち帰ります。

送り火の意味

送り火は、お盆の終わりに先祖の霊をお見送りするための火のことです。迎え火と同じように、玄関先や庭などで焚かれます。

お盆の16日は盆送りと呼ばれ、先祖を送りだします。家庭では迎え火と同じように、家の門や庭先で野火を焚きます。地域によっては、大きく分けて山で行われる送り火や海や川で流す送り火のような大きな行事もあります。

お盆の過ごし方

お盆は先祖を供養するための行事です。お盆期間中はお墓参りや仏壇にお供え物をすることや、家族や親戚などで集まり、お参りをすることが一般的です。

また、家族や親戚と一緒に食事をすることで絆を深めることも重要です。

地域や家庭によっては、盆踊りや水辺での行事も行われますが、お盆は亡くなられた方々を供養する期間であるため、無駄な殺生は避けるようにしましょう。

お盆の時期についてよくある質問

お盆はいつからいつまでですか

お盆は、8月13日から16日までの4日間が一般的ですが、地域によっては7月13日から16日までの4日間(7月盆)で行われることもあります。

お盆の時期が分かれた理由について教えてください

お盆の時期が新暦の8月13日から16日(8月盆)か旧暦の7月13日から16日かに分かれる理由は、明治時代に行われた改暦によるものです。

暦は、暦の国際基準化を目的として行われ、その結果、日本の各行事は30日遅れとなりました。

地域別のお盆の時期について教えてください

東京都や南関東の都市部、静岡や金沢の旧市街地、函館は7月13日~15日、沖縄県、奄美は8月20日前後、南関東の一部、西日本全般と北関東より北の地域は8月13日~15日とちがいがあります。