お問い合わせ

喪服で知っておくべきマナーとについて解説

この記事では、葬儀や法事など場面での喪服の着用について解説します。

喪服は、その種類や色、着用方法などによってマナーが異なるため、知っておくべきポイントがあります。

特に、喪服の種類には喪主や親族が着用するものと、参列者が着用するものがあり、それぞれのマナーを把握しておくことが大切です。

また、子供が喪服を着用する場合にも、年齢や性別によって留意すべき点があります。

さらに、喪服を着用する前に確認しておくべき注意点や、弔辞の際に持っておくべき物についても解説します。

葬儀の場面に合わせた喪服のマナー

仮通夜の場合

仮通夜は、通常、亡くなった日の夜に近親者が集まって弔問します。

これは本通夜とは別に行われ、僧侶に読経してもらうこともあります。

仮通夜に参列する際は、略式喪服と呼ばれる、地味で控えめな喪服を着用することが適切です。

喪服は不幸を予期して準備していると解釈され、失礼にあたることがあります。

通夜の場合

昔は、お通夜に喪服を着ていくと、死を覚悟していると思われ、縁起が悪いとされていました。そのため、平服で参列するのが一般的でした。

現在では、葬儀よりも通夜の方が参列者が多く、夜間に行われる告別式と化しているため、通夜には準喪服で参列するのが一般的です。

ただし、急な葬儀に参列する場合は、平服や地味な服装が適している場合もあります。

葬儀・告別式の場合

弔意を表す準喪服の着こなしは、葬儀・告別式のマナーとして欠かせないものです。

葬儀に参列する際は、急いで着飾ったという印象を与えるよりも、適切な服装をすることが大切です。

子供の喪服のマナー

学生服がある場合

学制服は正装であるため、葬儀に参列する際にも適しています。制服のリボンやネクタイが赤色などの場合は、外さずつけたままでも問題ありません。

学生服がない場合

男子の場合は、白のYシャツやポロシャツに、黒、紺、グレーの無地のズボンを着用するのが望ましいでしょう。

女の子の場合は、白のブラウスに黒、紺、グレーのスカートかワンピースがお葬式にはおすすめです。

乳幼児の場合

お葬式には普段着でも構いませんが、落ち着いた色や柄のものを選ぶとよいでしょう。

赤ちゃんは新しい環境に不安を感じることがあるので、お気に入りのタオルやおくるみなどを持参するとよいでしょう。

また、幼児にありがちな騒がしい靴は、式の妨げにならないよう避けることが大切です。

喪主や親族が着用する喪服の種類

喪主や親族は正喪服、または準喪服で、黒無地の光沢のない絹やウールのワンピース、アンサンブル、洋装のスーツなどを着用します。

服装は体型がわからないようにゆったりとしたデザインで、凝ったアクセサリーやボタンなどはつけず、できるだけシンプルなものを選びます。

スーツの場合、インナーのブラウスも黒で統一し、白や柄物の洋服は避けるべきです。

喪主や親族で和装を着用する場合

和装でお参りする場合は、黒無地に五つ紋を染め抜いた着物を着るのが適切です。

帯、帯揚げ、帯締めなどの付属品もすべて黒無地とします。衿、襦袢、足袋は白でも構いませんが、草履やバッグなど見える小物は黒にします。

参列者が着用する喪服の種類

一般参列者は、主催者に敬意を表するため、主催者より格式が高い喪服は避けましょう。

通夜・告別式では準喪服が適しています。以前は通夜に無地の喪服で参列してもよかったのですが、現在は準服装が一般的です。

参列者が和装を着用する場合

着物を着る場合は、一つ紋か三つ紋の着物に、黒い帯を締めるのが適当です。

喪服を着用する前の注意点

洋装の場合、光沢のない素材で、ボタンやレース、リボンなどの装飾のないシンプルな喪服を選ぶとよいでしょう。

華やかな印象にならないよう、大きく開いた襟やスリットの入ったスカートは避けたほうがよいでしょう。

スカートの丈は膝下からふくらはぎ丈が良いでしょう。同様にバッグもシンプルで地味なもの、できれば黒一色のものを選びましょう。

靴はローヒールのパンプスが適していますが、ブーツやサンダル、オープントゥのパンプスなどは、たとえ黒でもカジュアルになりすぎてしまうので避けたほうが無難です。

喪服はレンタルできる

急な訃報の知らせで喪服を準備していない方もいるかと思います。特に遠方に住んでいる場合、移動するだけでも時間がかかってしまい喪服を準備する時間が無い人もいます。

また、必要品を全て揃えるとなると5万~数十万がかかる場合が有ります。そこでおすすめなのがレンタル喪服です。

レンタル喪服は低予算で利用することができます。

レンタルの方法

喪服のレンタルには、貸衣装店への来店や葬儀社への相談など、さまざまな方法があります。

貸衣装店では、実際に試着することができます。また、葬儀社でも喪服のレンタルを行っている場合がありますので、葬儀社と連携して手配するとよいでしょう。

特に喪主や親族など、葬儀の準備に携わる人は、準備の負担を軽減することができます。

宅配でレンタルもできる

最近では、喪服のレンタルを宅配で行っているサービスもあり、ネットなどから簡単に申し込むことができます。レンタル期間は数日程度が多く、レンタル料金も比較的お手頃です。

当日または翌日に喪服一式が届く便利なサービスであり、レンタル開始日から返却日までの期間も十分に確保されています。

ただし、交通事情や天候による配達の遅れが発生することもあるので、事前に注文しておくとよいでしょう。

小物をレンタルできる

葬儀に参列するためには、喪服だけでなく、靴やバッグ、ネクタイなどの小物も必要です。喪服や小物が揃わない方でも、簡単に入手することができます。

喪服のレンタルは、葬儀に不慣れな方でも、必要な服装や小物を手頃な価格で揃えることができます。

レンタル喪服は高品質なので、葬儀に参列する際も安心で洗練された印象になります。

弔辞のマナーとして持っておくべき物

数珠

数珠のルールは宗派によって異なりますが、短形数珠はどの宗派でも使用できます。一式揃えることをおすすめします。

袱紗

お香典は、大人が袱紗で包むのが礼儀とされています。香典を差し出すときは、袱紗をたたんで香典をのせ、両手で手渡します。そのため袱紗は必ずもっておくと良いでしょう。

ハンカチ

弔事にはハンカチを用意するのが通例です。黒か白の無地のハンカチが好ましく、色のついたハンカチの使用は避けた方が無難です。

喪服についてよくある質問

喪服を着用する場面での注意点は何ですか?

着用する喪服の種類や色、着用方法によってマナーが異なるため、知っておくべきポイントがあります。特に、喪主や親族が着用するものと、参列者が着用するものが異なるため、それぞれのマナーを把握しておくことが重要です。

子供の喪服のマナーについて教えてください

学生服がある場合は、それを着用するのが望ましいです。学生服がない場合は、男子は無地のズボンに白いシャツ、女子は無地のスカートやワンピースに白いブラウスを着用することがおすすめです。乳幼児の場合は、普段着でも構いませんが、落ち着いた色や柄のものを選ぶことが望ましいです。

レンタル喪服について教えてください

レンタル喪服は低予算で利用することができ、貸衣装店で試着する方法や宅配でのレンタルもあります。また、喪主や親族など、葬儀の準備に携わる人は、準備の負担を軽減するために利用することができます。小物のレンタルも可能であり、高品質な喪服を手頃な価格で揃えることができます。

墓じまいはハカシルが代行します
墓じまいの相談は何でも無料
ハカシルの安い墓じまい