お問い合わせ

取引先関係者の葬儀の対応やお悔やみの言葉や弔電の送り方

取引先の関係者が亡くなった際、どのように対応すればよいのかについてまとめました。

確認すべき流れや報告、連絡方法に加え、ビジネスマナーに則ったお悔やみの言葉や弔電の送り方、香典の相場や手配方法についても解説しています。

取引先関係者が亡くなった際の対応方法

取引先関係者が亡くなったときにやるべきこと

取引先から取引先関係者の訃報の連絡が届いたら、まず上司に報告し、指示を仰ぎ、敏速に対応することが重要です。

通夜に出席するか、弔電を送るか、弔問の訪問をするか、その他の方法で参列するかは、取引先との関係性や喪家の意向によって異なります。

すでに葬儀が終わっていて、担当者が変更された場合は、挨拶に来られることがありますが、相手の話を聞き、心をこめたお悔やみの言葉を伝えましょう。

取引先関係者へのお悔やみの言葉や弔電の送り方

ビジネスマナーに則った取引先関係者へのお悔やみの言葉のマナー

取引先の担当者のメールが会社を代表してのお悔やみの言葉となるので、失礼のないように注意する必要があります。その際は、敬称を用いて丁寧に伝えることが重要です。

また、お悔やみの言葉には故人と関わったことがある場合はそのことに触れ、遺族の気持ちに寄り添う言葉を書くことが望ましいです。

お悔やみの言葉を伝える際には、忌み言葉や適切な敬称の使用に注意が必要です。具体的には、故人を直接指す言葉や「お悔やみ申し上げます」などの敬語表現を使います。一方で、「死ぬ」などの直接的な表現や、フランクすぎる言葉遣いは避けるべきです。

ビジネスマナーに則った取引先関係者への文例

件名:【株式会社○○より】お悔やみ申し上げます。

本文:

株式会社○○ 担当者様

突然の悲報に接し、驚きを隠せません。ご遺族ならびに貴社の関係者のご不幸を深くお悔やみ申し上げます。心よりご冥福をお祈りいたします。

取引先関係者に送る弔電の書き方

会社の社内規程を確認し、差出人名義や手配を担当する部署、金額の基準を把握します。

次に、喪主の名前やお通夜・葬儀・告別式の日程、弔電の届け先名と住所を確認し、正確な情報を用いて手配を行います。

弔電の宛名は、通常の葬儀なら喪主ですが、社葬なら会社の葬儀責任者宛になることがあるので、事前に確認しましょう。差出人は、会社名なら正式名称で記載してください。略称にはしないようにしましょう。

敬称は相手の地位や役職に合わせ、丁寧な表現を用いることが大切です。また、弔電には「忌み言葉」を使わず、故人を偲ぶ内容に留めることがマナーとされています。

ビジネス上のマナーに留意しつつ、遺族にお悔やみの気持ちを伝えることが弔電の目的です。

こちらも読まれています

取引先関係者に送る弔電の送付先

取引先関係者に送る弔電の送付先は、通常は葬儀場に送るのが一般的です。ただし、場合によっては相手方の自宅に送る場合もあります。

弔電を送る際には、喪主の名前やお通夜・葬儀・告別式の日程、弔電の届け先名と住所をしっかりと確認することが大切です。

弔電を送るタイミングについては、訃報に接したらすぐに手配するのが望ましいです。

取引先関係者との関係に応じた香典の相場と手配方法

通夜や告別式に参列する場合は、香典を持参することが一般的です。香典の金額は、地域や業種によって異なりますが、3,000円以上が一般的とされています。

取引先の人が亡くなったときには、法人として対応することが一般的であり、香典を出す場合は、上司に確認した上で、会社名、部署名、個人名を書いた香典袋を送るようにしましょう。

複数人で香典を出す場合は、金額が端数にならないようにまとめ、連名を書くことが一般的です。

こちらも読まれています

取引先関係者として葬儀や通夜、告別式に参列する際のマナー

取引先関係者の葬儀の参列時の服装や持ち物

参列者は略礼服や喪服を着用し、靴も黒系の地味なものを選びます。アクセサリーやバッグは黒色に限り、光沢素材やデザインが派手なものは避けるようにしましょう。

女性は白や黒のパールや黒珊瑚のネックレスやブローチが無難で、パールは一連のものとすることが望ましいです。

男性は金の腕時計を避けるべきです。寒色系のふくさに包んだ香典を持参し、会場では携帯電話のマナーモードに設定することも必要です。

取引先関係者の葬儀に参列する立場での挨拶の仕方

葬儀に参列する場合、自分の名前、所属している会社名や部署名、役職名も書くようにして、ご遺族に分かりやすくすることがマナーです。名前はフルネームで記帳してください。

名刺を渡す場合は、名刺の右上に「弔」と記載して受付で渡すことが一般的です。

取引先の葬儀についてよくある質問

取引先関係者が亡くなったときにやるべきことは

遺族からの指示を仰ぎながら葬儀や告別式などに参列し、お悔やみの言葉を伝えることが大切です。また、弔電を送ることや香典を贈ることも一般的です。

取引先関係者へのお悔やみの言葉や弔電の送り方は

取引先関係者へのお悔やみの言葉は、ビジネスマナーに則って丁寧に表現することが大切です。また、弔電の送り方については、メールや手書きのはがき、ファックス、専用のWebサイトなど、さまざまな方法があります。

取引先関係者の葬儀に参列する際のマナーは

黒色の喪服やスーツが一般的です。また、持ち物としては、手拭きやハンカチ、香典袋などが必要となります。参列時には、遺族に対してお悔やみの言葉を伝えるとともに、社交的な行動は控えめにすることが望ましいです。

墓じまいはハカシルが代行します
墓じまいの相談は何でも無料
ハカシルの安い墓じまい