お問い合わせ

ご先祖に守られている人の特徴とお墓参りの方法を解説

この記事では、ご先祖についての基本的な知識や、ご先祖に守られている人の共通点や特徴について解説します。

また、ご先祖に守られるお墓参りの方法についてや墓じまいについても解説します。

ご先祖様を守ることが幸せな生活につながる可能性があるので、是非読んで参考にしてください。

ご先祖とは?守られている意味

ご先祖とは

ご先祖とは、自分の世代より前の世代で家系図に登場し、その後亡くなった人のことです。

神様のように崇められる存在なので、ご先祖様に顔向けできない などと言われることもあります。

両親や祖父母はご先祖の定義に入りますが、日常生活ではあまり意識することはないでしょう。

しかし、先祖とは亡くなった後に祀られる人を指すため、両親や祖父母も先祖に当たります。

ご先祖に守られているという意味

先祖の守護という概念は、亡くなった後も先祖が私たちを守り、祝福し、災難から守り、正しい道へと導いてくれると信じることに根ざしています。

先祖に見守られている人は、心が落ち着き、安心して日常生活を送ることができます。

ご先祖に守られている人の共通点と特徴

家族の絆が強い

先祖の守護という概念は、亡くなった後もご先祖が私たちを守り、祝福し災難から守り、正しい道へと導いてくれるとされています。

そのためには、家族との絆が深いことが関係していると言われていて、亡くなった先祖と関係が良かった、今生きている家族との絆が深い人が守護されると言われています。

先祖に見守られている人は、心が落ち着き、安心して日常生活を送ることができます。

感謝への気持ちがある

当たり前のことを当たり前にこなす人は、驕りや自信過剰と思われるかもしれません。

しかし、与えられたものに感謝することは、先祖をはじめとする周囲の人たちから、より多くの支援を受けることにつながるのです。

ご先祖様に感謝することは、意外と見落としがちですが、ご先祖様が与えてくれた命に感謝することで、強い絆が生まれ、より強く守ってくれるようになるのです。

先祖を敬うには、毎日仏壇にお参りするのが一番簡単ですが、現代では必ずしもそうとは限りません。

しかし、仏壇がなくても、先祖の存在を認め、感謝の気持ちを表すことで、絆は深まり、より大きな守護を得ることができるとされています。

お墓参りや供養を大切にする

地域や宗派によって習慣や儀式に違いはあっても、先祖を敬い、供養することは大切なことです。

よく、ご先祖に守られている人はお墓参りをする人、と古くから日本で伝わっています。

逆にご先祖のお墓参りをせずに敬意を払わないことは、罰当たりともされています。

また、ご先祖をきちんと供養することで、家族との絆が深まり、守護神としての意識が芽生え、苦しい時に連絡を取り合い、導きと保護を与えてくれるともされています。

ご先祖に守られるお墓参りの方法

感謝をこめてお墓参りをする

日本は、昔からご先祖様に見守られながら、平和で安心した生活を送ることができると信じられています。

先祖から見守られるには、先祖への感謝の気持ちを込めて、お墓参りをし、線香や花、お菓子などをお供えして、お墓の前で合掌すると良いとされています。

先祖がいなければ、私たちは生まれていません。このことを念頭に置いて感謝と敬意を持ってお参りをすることが大切です。

綺麗に掃除をする

ご先祖様をお参りする際には、お墓をきちんと管理することで、感謝の気持ちを表すのが昔からの習わしです。

昔はお墓のことを先祖が眠る家と言われるほど大切にされてきました。

しかし、お墓は墓石で作られていて通常屋外にあり、長期間にわたり風雨にさらされます。

花崗岩のような頑丈な素材で作られていますが、経年劣化は避けられません。

先祖の家であるお墓の石を長持ちさせるためには、お墓参りのたびに掃除や墓石磨きをすることが大切です。

さらに、周辺の雑草を定期的に取り除くことも大切です。

お墓はきちんと手入れをすることで、結果的に長持ちして、先祖が眠るお墓を大切にできます。

]

h2 class=”ttlMidashiL”>墓じまいは罰当たりではない

墓じまいとは

お墓の墓石を撤去して整地し、墓地管理者に返還する「墓じまい」は、近年、一般的になってきています。

お墓を処分する人が増えている背景には、少子化の影響と、お墓を処分する人の数が増えているためです。

少子高齢化により、お墓を管理する人がいなくなった人、維持費や供養費など経済的な負担も大きくなることから子供に負担をかけたくない人が墓じまいを選択する人が増えています。

また、核家族化や都市部への人口流出により、遠方のお墓参りが困難なため、自宅近くにお墓を移設する「改葬」をおこなう方も多くいらっしゃいます。

先祖の罰当たりを心配して墓じまいの手続きが出来ない人も中にはいます。

結論から言うと、お墓そのものに呪いや祟りがあるわけではありません。しかし、お墓には多くの人が大切に守ってきた大切な人やご先祖様の遺骨が納められています。

お墓を撤去することは、一見悪い行為に見えますが、先祖を大切にし、放置しないための尊い取り組みと捉えることもできるのです。

数十年前から無人のお墓が大きな問題となり、お墓があふれて不便を感じたり、墓地の劣化の一因となったりすることがあります。

私たちは、お墓という終の棲家を維持することが、先祖に敬意を表し供養することに繋がります。

そのためには、お墓じまいをして先祖を供養するのも1つの手です。

ご先祖さまについてよくある質問

ご先祖に守られている人の共通点と特徴は何ですか

家族の絆が強く、感謝の気持ちがあること、お墓参りや供養を大切にすることなどが挙げられます。

お墓参りで感謝を表すためには何をするのが良いですか

お墓参りで感謝を表すためには、線香や花、お菓子などをお供えし、お墓を綺麗に掃除することが良いでしょう。

墓じまいをすることは罰当たりなことですか

墓じまいをすることは罰当たりではありません。お墓には多くの人が大切に守ってきた大切な人やご先祖様の遺骨が納められていますが、無人のお墓が問題となることもあり、先祖を大切にし、放置しないための尊い取り組みと捉えることもできます。

墓じまいはハカシルが代行します
墓じまいの相談は何でも無料
ハカシルの安い墓じまい