お問い合わせ

遺品整理がつらい!悲しみから乗り越えるにはどうしたらいい?

「故人が亡くなって遺品整理が進まない」
「辛い悲しみから乗り越えるにはどうしたらいい?」
とお問い合わせが多くあります。

今回の記事では、このような質問にお答えします。

遺品整理がつらいと思う理由

遺品整理がつらいと思う理由として挙げられるのは下記の3つです。

いずれも遺品整理が精神的につらいと感じさせる理由になっています。

故人がなくなった後は心も体も疲れている上に、遺品整理自体もハードなので一層負担を感じる場面があるでしょう。

ここからは遺品整理がつらいと思う理由について具体的に解説します。

気持ちの整理がついていない

遺品整理が辛い理由の一つに、生活のすべてのモノが思い出深く感じます。

たった、一枚のレシートの紙切れさえも捨てることができず残す人がいます。

悲しみにあふれているうちは、気持ちの整理がつきづらいのです。

精神的に疲れている

当然のことではありますが、大切な家族が亡くなった後なので精神的に疲れている場合があります。

さらに、悲しい気分が続いているので遺品整理をするどころか、普段の生活もままならないということもあり得るでしょう。

もちろん大切な家族が亡くなった後でも、つらい気持ちを切り替えて遺品整理に取り組める人も中にはいらっしゃいます。そのため、個人の性格によるところも大きいです。

ただ、精神的にタフな方でも急に気分がダウンすることもあるので、遺品整理を必ずしも自分の手で行う必要はありません。

どうしても遺品整理をするのがつらいという場合は、遺品整理業者に依頼するのも手段の1つとなっています。

何を残して何を捨てればいいかわからない

故人の洋服や日用品は、捨てずに残しておくか、どこに捨てればいいのかなかなか大変なことです。

特に、財産として見れるものは捨てるべきか残すべきか迷うケースが多く、相続問題になり兼ねません。

できる限り、話し合いの場をつくって生前前に確認するといいでしょう。

遺品整理するものが多い

故人の所有していたものの量にもよりますが、遺品整理する際には基本的に物量が多くなることがあります。

場合によっては家電や家具なども残ることがあるので、処理自体がつらいと感じる場合も多いでしょう。

また、細かいアイテムが多く残っている場合は単純に作業量が極端に増えてしまい作業がつらいため、途中で挫折してしまうことも珍しくありません。

遺品整理をするモノの多さでにつらいと感じてしまうのが事実です。

遠方に住んでいるためしんどい

遺品整理を行う際に故人が遠くに住んでいた場合は、移動すること自体がつらいと感じる方もいらっしゃるでしょう。

電車、飛行機、車いずれの方法で移動したとしても疲労感が強く残るので負担になりやすいです。

また、故人が遠くに住んでいた場合は長距離移動の後に遺品整理を行う必要があるので、さらに負担がかかります。

遺品整理のつらい悲しみから乗り越える方法

遺品整理のつらい悲しみから乗り越える際には下記の3つの方法を実践してみましょう。

  • 時間をかけて落ち着くまで悲しむ
  • グリーフケアを受ける
  • 法事のタイミングで整理する
  • 遺品整理に対して意識を変える

いずれも遺品整理を行う際の悲しい気分を落ち着かせる方法です。そのため、ここからは遺品整理を行う際の悲しい気分を落ち着かせる方法について具体的に解説していきます。

遺品整理を行う際の悲しい気分を少しでも和らげたいという方は是非、ご参考にしてください。

時間をかけて落ち着くまで悲しむ

親しい間柄の方がなくなると、どうしても精神的に大きなダメージを受けてしまうことがあります。

そのため、時間を十分にかけてつらい気持ちが落ち着くまで悲しむことが大切です。実際にはたくさん泣いたり、休むことで精神的な回復に繋がります。

もし、無理をしてすぐに遺品整理を行ってしまうと、さらに精神的にダメージを受けてしまうことがあります。

自分の精神的なダメージが回復するまで十分に時間をかけて悲しい気持ちを落ち着かせるようにしましょう。

グリーフケアを受ける

もし、大切な方を失って気持ちが沈んでいる場合はグリーフケアを受けることも手段の1つです。

グリーフケアとは下記の方法で悲しい気分に陥っている人をケアすることを指します。

  • 病院での治療
  • 専門家によるカウンセリング療法
  • 集団によるワークショップ
  • 日常生活での精神療法

グリーフケアを受けることで自分の気持ちを整理できる上に、周りからサポートをしてもらえるので精神的な立ち直りが早くなります。

精神的にダメージを受けていて、中々遺品整理をすることができない場合はグリーフケアを受けることを検討しましょう。

法事のタイミングで整理する

法事のタイミングに実施するといいでしょう。つまり、遺品整理を49日の後にすること。

仏教では、故人の魂は死後49日まで現世をさまようという考えがあります。したがって、日本では故人の魂が次の世へ旅立っていく49日後に遺品整理を行うことも多いです。

また、法事のタイミング(49日後)であれば精神的につらい気持ちから回復している時期でもあるので、個人が亡くなった直後よりも落ち着いている可能性があります。

そのため、遺品整理を行うタイミングとして適した時期となっているのです。

遺品整理に対して意識を変える

遺品という言葉の重み感じてしまって、なかなか処分が進まないかと思います。

ここは、思い切って遺品ではなく、それぞれ「モノ」という意識をもって割り切ることです。故人との思い出は胸にしまっておいて、まずはしっかり整理することが大事です。

それが故人へのありがとうの気持ちであり供養になるのです。

もし、モノの区別が難しいと感じるなら、そこら辺の親戚に頼むより、買取業者にお願いしましょう。リサイクル業者は、プロなので変に気を遣わずに全人類におすすめできます。

遺品整理がつらくてできないなら遺品整理のプロにお願いする

故人が亡くなった関係でもし精神的につらいと感じているのであれば、遺品整理はプロに任せるという手段もあります。

というのも、プロに任せると下記のようなメリットが存在するからです。

  • 遺品整理士の資格を持っていることが多いため、相談に乗ってくれたり遺品整理の際の適切なアドバイスをくれる
  • 遺品整理のプロなのでスピーディーに遺品を整理してくれる
  • 遺品整理と同時に買取を行ってくれる業者もあるので、費用を軽減することができる
  • 遺品整理のプロということもあり、個人では処分しづらい家具や家電など大きなものも処分してくれる

実際に遺品整理のプロに任せると上記のようなメリットがあります。

もし精神的につらく、なかなか遺品整理に踏み切れないという場合は依頼してみることを検討してみましょう。

【無料】お墓の質問・相談窓口
【無料】お墓の質問・相談窓口

お墓・永代供養を探す

北海道・東北

関東

信越・北陸

中部・東海

近畿

中国

四国

九州・沖縄

ハカシルのサービス