お問い合わせ

祭壇で使用される花の費用相場や選び方のポイントを解説

葬儀やお葬式において祭壇で使用する花の種類や配達方法について知っておくことは、故人を偲ぶための大切な準備の1つです。

この記事では、祭壇花を選ぶ際のポイントや注文方法、価格相場について解説します。

また、祭壇で使用されることが多い花の種類や花の意味、近代で使用されることが多い花についても紹介します。

これらの情報を参考に、故人への最後のお別れを心穏やかに過ごせるようにしましょう。

葬儀やお葬式における祭壇の花を選ぶポイント

祭壇の花の役割と意味

祭壇の花は、宗教儀式や式典において欠かせないものとして、多くの文化圏で用いられています。祭壇の花には、さまざまな役割や意味があります。

神聖さを象徴する

祭壇の花は、宗教的な儀式において神聖な場所であることを象徴します。

花が美しく咲き誇ることで、その場にいる人々に安らぎや安心感を与え、精神的な浄化を促す役割があります。

贈り物としての意味合い

祭壇の花は、その場に参加する人々から贈られることもあります。

贈り物としての花は、感謝や敬意の気持ちを表現する手段として用いられます。また、花を贈ることで、その人の祈りや願いが届くように願うこともあります。

色彩の意味合い

花の色彩には、それぞれ意味があります。

たとえば、赤い花は情熱や愛情を表し、白い花は清潔や純粋さを表します。祭壇の花の色彩は、その場に合わせて選ばれ、その儀式や式典にふさわしい雰囲気を演出します。

供え物としての役割

祭壇の花は、その場に供えられるものとしても用いられます。花を供えることで、その場にいる人々が自分自身を清め、神々に対して敬意を表すことができます。

結びつける役割

祭壇の花は、その場に参加する人々を結びつける役割も担います。花を贈り合ったり、供え合ったりすることで、人々の間に感情的な結びつきを生み出すことができます。

祭壇の装飾としての役割

祭壇の花は、その場の雰囲気を演出する装飾としても用いられます。美しい花々が咲き誇ることで、その場に華やかな雰囲気をもたらし、儀式や式典の重要性を際立たせます。

祭壇の花を選ぶ際のポイントとマナー

葬儀の規模や会場の大きさに合わせて祭壇のサイズや飾る花の本数を選ぶことが大切です。

また、花を供える際には、花の数や種類に気を配ることがマナーとされています。

一般的には、白い菊やユリが使用され、花の数は奇数が良いとされています。

また、花の種類や色彩によっては、宗教的な意味合いがあることもあります。

最後に、祭壇に花を飾る場合には、葬儀社や専門の業者に依頼することもできます。

これらのポイントやマナーを参考にして、故人を偲び見送ることが大切です。

祭壇の花を選ぶ際の注意点

祭壇に飾る花を選ぶ際には、いくつかのポイントに注意する必要があります。まずは故人が好んだ花や色を選ぶことが大切です。

ただし、祭壇の種類や大きさは宗教や宗派、国や地域によって異なるので注意が必要です。

さらに、花言葉や色にはそれぞれ意味があるため、選ぶ際にはその意味を理解しておくことも大切です。

もし、迷った場合は葬儀社と相談して花祭壇のデザインやサイズを決めると良いでしょう。

これらのポイントを踏まえて、故人にふさわしい花祭壇を作ることができます。

葬儀やお葬式で使われる祭壇の花の種類について

伝統的でよく祭壇に使われる花の種類と特徴

伝統的な葬儀では、花祭壇によく使われる花の種類には菊、蘭、百合、カーネーション、バラなどがあります。

特に、白い菊は葬儀に最もよく使われ、真実の花言葉を持ち、高貴な印象があるため人気があります。

蘭の花言葉は美しい淑女、優雅の花言葉があり、洋風の葬儀で使われることが多いです。

百合は高貴や清浄、威厳の花言葉を持ち、悲しみの場でも凛とした姿で咲き誇り、故人の姿を重ねることもできます。

カーネーションは愛情という花言葉を持ち、色々な色があるため葬儀で使われることもあります。

バラは愛という花言葉を持ち、赤いバラが特に葬儀で使われることが多いです。

これらの花は、生花で祭壇を作ることが基本的なため、花祭壇には華やかで豊富なアレンジが施されます。

また、白い花が多く使われるため、清楚で高貴な印象を与えます。

近代で使用される祭壇の花の種類と特徴

近代は葬儀も変わりつつあり、最近では故人が好きだった花や、色鮮やかな洋花もよく使用される傾向にあります。

また、費用を抑えるために造花で作った花や、洋花なども使用されます。

一般的に故人が好きだった花を飾るため、添えてはいけない花に特に決まりはありません。

祭壇で使用する花の価格相場について

祭壇で使用する花が高くなる要因

祭壇に使用する花が高くなる要因には以下のような要因があります。

花の種類による要因

使用する花の種類によって、費用に大きな差が出ることがあります。特に希少な花や季節外れの花を使う場合は、高額になる傾向があります。

使用する花の量

祭壇の大きさや花の配置によって、使用する花の量に差が出ることがあります。大量の花を使用する場合は、それだけ費用がかかる傾向があります。

花壇の形状

花壇の形状によって、花の配置や使用する花の種類が変わることがあります。より複雑な形状の花壇は、より高価になる傾向があります。

生花の場合

生花を使用する場合は、鮮度や配送方法に注意が必要です。また、季節や天候によっても花の価格に変動が生じることがあります。

デザイン性

花壇のデザインによって、使用する花の種類や量が変わることがあります。よりデザイン性の高い花壇は、より高価になる傾向があります。

依頼先の葬儀社による差異

葬儀社によって、花壇のデザインや使用する花の種類に違いがあることがあります。そのため、費用に差が生じることがあります。

葬儀の規模による差異

葬儀の規模によって、花壇の大きさや使用する花の量が変わることがあります。大規模な葬儀の場合は、より高価になる傾向があります。

葬儀の際には、これらを事前に葬儀社とよく相談し、予算や故人の希望に合わせた花壇を作ることが大切です。

祭壇花の価格帯の相場と見積もり方法

祭壇に飾る花の相場は、花の種類や大きさ、注文先の葬儀社・花屋によって異なります。

一般的に祭壇に飾る花の相場は20万円前後ですが、花の本数や種類、大きさ、祭壇の段数によって価格が変わります。

そのほか、生花は季節や状況によって流通量が異なるため、価格が変動することがあります。

祭壇花の見積もり方法については、葬儀社に相談することが大切です。予算に応じて、最適な花を提案してくれます。

また、祭壇の段数を増やすと、使うお花の本数も連動して多くなるので、その点にも注意しましょう。

祭壇花の注文方法や手続きについて

祭壇で使用する花を注文する際のポイントと手順

花の注文は葬儀社や花屋さんなどに依頼することが一般的です。

注文の際には、故人の名前や葬儀の日程、祭壇の大きさ、花の種類や色などを伝える必要があります。

注文時には、予算や納期、花の配置なども確認しておくことが重要です。

また、花の配置には決まりがあります。祭壇の中央最上段には故人の写真や遺影、棺などを配置し、その周りに花を飾ります。花は、故人と近しい人から順に並べます。

花の種類には、菊やユリなどが一般的です。特に白い花が多用されることがあります。生花だけでなくプリザーブドフラワーを使用することも最近では多くなっています。

祭壇で使用する花の配達や手配について

祭壇で使用する花の配達や手配については、葬儀会社に相談することが大切です。

花は、故人への供養の気持ちから、親族や近親者が祭壇の隣に飾るお花で、通夜や告別式の際に供えられます。

間に合うように何日の何時までに配達をしてもらうか決めるのも大事ですが、飾り付けもあるため、気持ち早めの時間に配達をしてもらうことをおすすめします。

祭壇で使用される花についてよくある質問

祭壇の花を選ぶポイントは何ですか

祭壇の花は故人を偲ぶものであり、色や種類には意味があります。また、会場の雰囲気や故人の好み、季節や天候なども考慮する必要があります。

祭壇でよく使われる花は何ですか

一般的には白や黄色の菊や白百合、カーネーションなどがよく使われます。近年はバラやアジサイ、カラフルなお花も人気です。

祭壇に飾る花の相場はどのくらいですか

祭壇花の価格は花材やデザイン、サイズなどによって異なりますが、一般的には20万円前後が相場となっています。

ただし、急な注文や特殊なデザインの場合は、価格が上がる場合があります。

エリアで探す

【無料】墓じまいガイドブック