お問い合わせ

礼服の意味、マナー、シーン別・男女別・地域別で紹介

礼服は、特別なで場面着用する服装です。正式な婚礼やパーティー、公式な場面などで着用されることが多いです。礼服には、男性用と女性用があります。また、地域によって着用方法や種類が異なります。 本記事では、礼服の意味、マナー、シーン別・男女別・地域別を詳しく紹介します。 礼服に興味がある方はぜひ読んでみてください。

礼服とは

礼服とスーツの違いとは?

また、礼服はおしゃれになるために細部にこだわってスーツに仕立てられており、には襟元に白いタイジャケットを使ったり、胸にバッチをつけたりしています。結婚式や公式の式典などで着用する際は、礼服を選ぶことが一般的です。 一方、スーツはビジネスマナーやカジュアルな場面でも着用することができます。

礼服と喪服の違いとは?

礼服と喪服の違いは、それぞれが着用される場面やシチュエーションが異なります。 礼服は冠婚葬祭の場で着用され、フォーマルな場面での着用を前提にしています。の場で着用されるもので、まごころを込めた哀れな衣装となっています。また、礼服は男女ともに着用するものですが、喪服は男性が着用します。地域や文化にもよりますが、礼服や喪服には様々なルールやマナーがあるため、詳しく知っておくことが大切です。

礼服の種類

正礼装は、最もフォーマルな礼服のことを指します。典型的な例としては、結婚式や入学・卒業式などの式典での着用が挙げられます。男性はスーツ、女性はドレスを着用することが一般的です。

準礼装は、正礼装よりも軽やかなフォーマルな礼服のことを指します。典型的な例としては、披露宴やパーティーなどのイベントでの着用が挙げられます。男性はスーツ、女性はドレスを着用するのが一般的です。

略礼装は、正礼装や準礼装よりもカジュアルな礼服のことを指します。 典型的な例としては、カクテルパーティーや宴会などのイベントでの着用が挙げられます。 男性はスーツ、女性はドレスなどです。

男性の礼服とは

服には3つの種類があり、それぞれ「正礼装」、「準礼装」、「略礼装」と呼ばれます。正礼装は、結婚式や記念式典など準礼装は、改まった席に着用するもので、ディレクターズスーツやブラックスーツなどがあります。略礼装は、カジュアルな結婚式や披露宴などで着用するもので、ダークスーツなどがあります。着用する礼服は、イベントや場面、立場によって異なります。

女性の礼服とは

格式がもっとも高い正礼装

洋装の場合、昼の装いはアフタヌーンドレス、夜の装いはイブニングドレスで、結婚式では、新婦、両家の母親、媒酌人夫人が着用します。

和装の場合、既婚者か未婚者かによって装いがちがいます。既婚者の正礼装は黒留袖で、結婚式では新郎新婦の母親や、既婚の親族が着用します。色留袖も既婚者の正礼装となります。未婚女性の和装の正礼装は振袖です。結婚式の場合、新婦がお色直しで着用したり、新郎新婦に近い親族の方や、親族や一般招待客が着用します。

改まった席で着用する準礼装

洋装の場合、昼の装いはセミアフタヌーンドレス、夜の装いはディナードレスカクテルドレスです。結婚式では、親族、主賓、ゲストが着用します。

和装の場合、既婚者か未婚者にかかわらず、色留袖(三つ紋、一つ紋)、訪問着(格調高い柄のもの)、色無地(三つ紋、一つ紋)を着用します。

よりカジュアルな場所で使える略礼装

洋装の場合アイテムやスタイリングに制約はありませんが、昼、夜同様にドレスアップすることが原則です。格式ばらない結婚式・披露宴、二次会のゲストが着用します。

和装の場合、既婚者か未婚者にかかわらず、つけさげ、江戸小紋(格調高い柄のもの)を着用します。

格式ばらない披露宴や「平服で」との断わりのある場合、二次会といった比較的カジュアルな結婚式でのスタイルのときに、着用します。

礼服がない場合の対応

礼服がない場合は、購入やレンタルの利用が最も一般的な対応方法となります。 葬儀や結婚式などの正式な場では、自分の立場に合った礼服を着用することが求められます。

また、インターネットでのレンタルサービスもあり、商品ラインナップが豊富で比較検討ができますが、試着ができないのでサイズの確認には注意が必要です。

葬儀会社や衣装屋から喪服を借りることも可能です。

地方別にみる礼服の考え方

地方によって、礼服・喪服の考え方が異なります。 例えば、嫁ぎ先や配偶者の出身地では、自分の地域とは異なる慣習があることも多いです。これは日本の文化の豊かさを示しています。

一般的に、礼服・喪服は黒で統一されることが多いですが、地方によっては、葬儀の場にはふさわしくないものを採用することもあります。参列者は黒の喪服を着用することが許されています。また、一部の地域では、「予想していたお別れではないこと」を示すために

ネクタイを日常使いのものにすることがあります。

礼服の選び方

礼服の選び方について考える際には、着用シーンや使い分けが大切です。 まずはシンプルなデザインを選ぶことが重要で、流行に左右されないものが最適です。 弔事には向きませんので、使い分けを考慮して選ぶことが大切です。 また、年齢や立場、生活レベルに合った礼服を選ぶこともです。ビジネス用のブラックスーツを参列時に使用することも避け、オールシーズン着用できる礼服を選ぶことが勝負でしょう。

エリアで探す

【無料】墓じまいガイドブック