お問い合わせ

複数ある正しい遺骨の処分方法と費用相場

遺骨に対して処分という言葉をつかうのは印象が良くないかもしれませんが、遺骨の処分について考えなければならない状況は以下のようなケースがあり、誰にでも起こりえるといえます。

このように、先祖代々のお墓がある方だけでなくお墓がない方でも悩む時がくるでしょう。また、深い交流はないもののお墓の面倒を見ることになる可能性がある親戚がいる方は、あらかじめ遺骨の処分方法を知っておくことで、実際に対応する際に落ち着いて方法を選択することができます。

火葬場に依頼できる遺骨の処分方法

関東地方を含む東日本では、火葬場で遺骨を骨壺に収める収骨(=拾骨、骨上げ、骨拾い)では、すべての遺骨を骨壺に収める全収骨となりますが、西日本では、部分収骨の習慣があります。

部分収骨とは、足・腰・胸・腕・喉仏・頭の骨を少しずつ骨壺に入れること。

そのため火葬後に骨壺に入りきらない遺骨については、とくに追加費用なく、火葬場に処分を依頼できます。遺骨は供養塔に埋葬されたり、産業廃棄物として処理されるなど自治体ごとの対応がなされます。

ゼロ葬により火葬場で遺骨を引き取ってもらう

火葬後、遺骨を引き取らず火葬場に骨上げや埋葬をお願いする方法としてゼロ葬(0葬)といわれる供養方法があります。

ただし、どこの自治体でも受け付けているわけではありません。部分収骨が習慣となっている関西では、遺骨を持ち帰らず火葬場に処分をお願いすることが可能な場合もありますが、ゼロ葬が可能かどうかについては、事前に火葬場にご確認ください。

お墓に納骨されている遺骨の処分方法

すでにお墓に納骨されている遺骨について処分を考える状況としては、お墓がいっぱいで新たに骨壺が入らない・墓じまいしたいといったケースが考えられます。

それぞれの状況について対処方法を確認していきます。

骨壺を新たに入れるスペースを確保したい場合

お墓の下には骨壺をおさめるカロートといわれる納骨室がありますが、お墓の大きさや納骨する人数によってやがていっぱいになります。

今後お墓に納骨予定がある場合は、人数分の骨壺スペースを確保しなければなりません。

骨壺を開けて遺骨を土に返す

この状況の対応方法のひとつ目は、自然(土)に返すという方法です。

骨壺を収めるカロートには、土が露出している「息抜き穴」といわれるスペースがあり、そこに遺骨を埋めることで自然に返します。骨壺も息抜き穴に遺骨とともに埋葬します。

お墓の石を動かす作業は自分でもできますが、100kg程度の重さがあるため、費用が掛かっても石材店に依頼して動かしてもらうことをおすすめします。

石を動かす作業費用は5万円~10万円程度です。

ただし、息抜き穴がないタイプのお墓の場合は、ほかの方法で遺骨の安置スペースを確保しなければなりません。

遺骨を粉骨して小さい骨壺に移し替える

2つ目の方法は、専門業者に依頼して遺骨を粉骨し小さい骨壺に移し替える方法です。

遺骨は、骨壺から取り出し汚れを落として乾燥させてから粉骨機にかけると、サラサラのパウダー状になります。費用はおよそ3万円程度です。

遺骨すべてを骨壺におさめる場合は7寸壺の骨壺が使われますが、粉骨すると4寸壺の骨壺におさまる程度に容積が小さくなります。1寸は約3cmなので7寸壺は直径約21cmです。4寸壺の直径は約13cm程度のため、粉骨して骨壺を小さくすれば2倍近い数の骨壺をカロートにおさめられることになります。

遺骨を永代供養に移す

3つ目の方法は、納骨されている遺骨を新しいお墓に移す方法(=改葬)です。

永代供養への納骨は10万円前後~となりますが、息抜き穴がないお墓であったり、骨壺を小さくしても納骨スペースがいっぱいになるようなケースでも問題を解消できます。

また、永代供養は生前申し込みできるところも多く、ご先祖さまの遺骨を納骨した永代供養墓に生前予約すれば、同じお墓で眠ることができます。

永代供養について詳細が知りたい

エリア専任スタッフが対応

ご相談は何度でも無料です

ご相談は何度でも無料

今あるお墓を処分したい場合

お墓を継ぐ子どもがいない・思い入れのない故人のお墓の管理が負担といった理由で、墓じまいをしてお墓をなくしたい場合も、永代供養にすることでお墓や遺骨を管理する負担が軽減されます。

永代供養であれば、納骨後にお墓の管理をし続ける必要がなく、年間管理費も発生しないことがほとんどです。納骨後の管理や供養は寺院・霊園にお任せすることができます。

合わせて読む

手元にある遺骨の処分方法

遺骨の一部をアクセサリーに入れて身に着けたり自宅で骨壺を安置する手元供養をおこなっていたり、生前深い交流がなかった方の遺骨を引き取った場合の遺骨の処分方法としては、散骨あるいは永代供養があります。

手元供養でつかっていたアクセサリーや骨壺の処分は、葬儀会社や石材店など専門の業者に依頼する、あるいは不燃物として処分するという方法があります。

遺骨を粉骨して山や海に撒く散骨をおこなう

散骨は、故人の思い出の土地である海や山に、粉骨した遺骨を撒いて弔う方法です。新しくお墓を建てる必要もなく、散骨してしまえば管理費用などの費用も発生しません。

散骨する場合はまず、専門業者に依頼して遺骨を粉骨する必要があります。汚れを落として乾燥させ散骨できる状態にする作業費は、1万円~3万円程度です。

その後、海や山で散骨することになりますが、海洋散骨であれば、費用は10万円~50万円程度になります。

散骨はどこでもおこなえるものではないため、専門の業者に依頼してルールに従っておこなうことをおすすめします。

永代供養で供養する

2つ目の方法は、永代供養で供養する方法です。

永代供養は遺骨を粉骨する必要はとくにありませんので、納骨に必要な費用を寺院・霊園に支払います。一般的なお墓と違って管理費用が毎年発生したりお墓を掃除する必要もありません。

永代供養にするとお参りもできなくなると誤解されることがありますが、好きな時にお参りすることもでき、お布施を準備すれば年忌法要をおこなえることがほとんどです。

永代供養について詳細が知りたい

エリア専任スタッフが対応

ご相談は何度でも無料です

ご相談は何度でも無料

遺骨の処分で永代供養を選ぶメリット

遺骨の処分を考えるのは、一般的なお墓を持つ(建てる)と、「いつまでもお墓を管理しなければならない」「お金がかかる」といった懸念があるからではないでしょうか。

永代供養であればいずれの懸念点も解消されます。将来的にお墓を継承していく必要もなく、一般的なお墓を建てるよりも費用をぐっと抑えることができます。

永代供養はお墓を継承していく必要がない

永代供養は、寺院・霊園が家族に代わって供養やお墓の管理をおこなう供養方法です。

契約するときに支払いを済ませば、その後管理費用などの費用が発生しないことがほとんどです。

供養や管理は寺院・霊園にお任せできるため、代々受け継いでいく必要もありません。

そのため、子どもがいないのでお墓を処分したいという方は、今あるお墓を墓じまいして遺骨を永代供養に移す改葬をおこなえば、お墓がいつまでも残ってしまうという心配がありません。

永代供養であれば費用を抑えることが可能

一般的なお墓を建てる場合は100万円~300万円程度かかるといわれていますが、永代供養であれば、大幅に費用を抑えることが可能です。

永代供養には、ほかの方の遺骨と一緒に埋葬される合祀(=合葬)タイプと個別に遺骨を安置するタイプがありますが、個別安置タイプで50万円程度、合祀タイプであれば10万円前後が相場です。

また一般的なお墓では毎年2000円~2万円程度の管理費用がかかりますが、合祀タイプの永代供養は管理費用が不要であることがほとんどで、契約時にかかる費用以外に支払いが発生しないことも安心といえます。

永代供養であれば無縁仏になることがない

一般的なお墓では、管理費用を支払わずお墓の管理を放棄すると、墓地使用の契約が解除されて無縁仏になってしまいます。無縁仏になると、身元がわからない方を埋葬する無縁塚に合祀され、納骨後に供養されることがありません。

永代供養の合祀もほかの方の遺骨と一緒に埋葬はされますが、合同の供養祭などがおこなわれ無縁塚と異なり、しっかり供養がおこなわれます。

永代供養について詳細が知りたい

エリア専任スタッフが対応

ご相談は何度でも無料です

ご相談は何度でも無料

遺骨を捨てたり墓地以外に埋めるのは犯罪

遺骨の処分について考える状況はさまざまですが、それぞれの状況に応じて適切な方法で対処しなければなりません。

日本には遺骨の処分に関する法律と埋葬に関する法律が定められており、遺骨を通常のゴミとして破棄したり放置することは違法となり懲役刑になります。

最後に、その法律の内容を確認していきます。

刑法190条

なにが犯罪となるのか、また犯罪に科せられる刑の内容について定めている「刑法」の190条には、「死体,遺骨,遺髪又は棺に納めてある物を損壊し,遺棄し,又は領得した者は,三年以下の懲役に処する。」とあります。

遺骨も死体と同じように扱われるため、遺棄すると遺骨遺棄罪となり罰せられます。

遺骨遺棄とは、遺骨を捨てたり放置すること、通常の埋葬方法ではない方法で放棄することです。

墓埋法第4条

埋葬については墓埋法、正式名称「墓地、埋葬等に関する法律」といわれる法律で方法が定められていて、この墓埋法と都道府県などが定める条例にのっとって埋葬がおこなわれます。

墓埋法第4条には「埋葬又は焼骨の埋蔵は、墓地以外の区域に行ってはならない。火葬は、火葬場以外の施設で行ってはならない。」とあり、自宅の庭などお墓以外に埋葬することは認められていません。

なお、この法律が適用になるのは人骨であって、産業廃棄物であるゴミとして扱われるペットの遺骨は適用外です。ペットの遺骨は自宅の庭に埋葬することが可能です。

遺棄と遺骨を適切に処分するというのは全く異なりますので、正しい方法で故人を供養することが大切です。

永代供養を探す

北海道・東北

関東

信越・北陸

中部・東海

近畿

中国

四国

九州・沖縄