お問い合わせ

葬儀の費用を格安にするために相場より価格を安くするコツ

葬儀には多額の費用がかかりますが、今では葬儀費用の相場よりも安い価格で葬儀を行うことができる方法があります。この記事では、格安葬儀の方法について、具体的な手段を紹介します。

例えば、葬儀に呼ぶ人数を少なくしたり、通夜・告別式を省略したり、自治体と提携している葬儀社で市民葬をすることができます。予算の限られた方でも故人を尊重し、心温まる葬儀を行うことができるようになるでしょう。

葬儀に呼ぶ人数を少なくして規模を小さくする

参列者を限定すれば、葬儀の会場や飲食物の用意などでかかる費用を抑えることができます。また、葬儀の規模を見直すことも効果的です。規模が小さい場合、費用も抑えることができます。

ただし、参列者を限定することで親族や友人に迷惑をかけることがあるため、事前に相談し、適切な対応をすることが大切です。 葬儀の形式によっては、見送る人数を減らしても費用が高くなる場合があるので、確認しましょう。

通夜・告別式を省略して葬儀の形式を変更する

通夜・告別式を省略して葬儀の形式を変更する「一日葬」というスタイルが増えています。 この形式では、通夜を行わず、葬儀・告別式と火葬を1日で行います。

花祭壇や料理等の費用がかからないため、費用が抑えられるメリットがあります。 また、精神的・体力的負担が抑えられるため、多くのご家族に選ばれています。

しかし、参列者が集まらず、お経を一度もあげないこともあるため、抵抗がある方もいるかもしれません。 一日葬を行う場合、事前に会場費が2日分請求される可能性があることに注意しましょう。 

最近では、通夜や葬儀を省略する「直葬」も増えています。 直葬は、通夜や葬儀を行わず、火葬のみで行う葬儀スタイルです。そのため、一般的な葬儀に比べて費用を抑えられます。

一般的な葬儀では、祭壇や式場を整える費用や飲食接待費、宗教者への支払いが必要になりますが、直葬ではそういった費用が不要のため、費用を格段に抑えられます。

インターネットの定額格安葬儀プランを利用する

格安葬儀のメリット

まず、費用が安くなることです。葬儀費用は高額になることがあり、家族にとって大きな負担になることがありますが、格安葬儀を選ぶことで、負担を軽減することができます。

また、手続きが簡単であることもメリットの一つです。葬儀社によっては、電話やインターネットで手続きができ、煩雑な手続きを避けることができます。さらに、必要最低限のサービスであるため、時間が短縮され、迅速な対応が期待できます。

格安葬儀のデメリット

格安葬儀は、葬儀費用を抑えるために選ばれることがありますが、デメリットも存在します。格安葬儀は、一般的に葬儀の内容や規模が縮小されるため、葬儀を通じて故人を偲ぶ時間が短くなる可能性があります。

また、葬儀に必要な手続きや準備について、自分で行わなければならないことが多く、負担が大きくなる場合もあります。さらに、格安葬儀を行う業者によっては、追加料金やオプションが発生することもあるため、契約前によく確認することが必要です。

格安葬儀の注意点

格安だからといって、そのまま依頼するのは危険が伴います。注意点を確認しておくことが必要です。

まず、格安葬儀を検討する場合は、その費用の中に何が含まれているのかよく確認する必要があります。料金プランによって、葬儀で提供されるサービスや品質が異なるため、安さばかりに目が行ってしまわないように注意しましょう。

また、格安葬儀では、葬儀を行うまでに必要な書類の手続きや、火葬場の手配、遺品整理などのサポートが十分になされているか確認することが大切です。

便利なプランのように見えても、自分でやらなければならない作業が多かったり、追加料金がかかることもあります。注意して検討するようにしましょう。

全国各地に提携している葬儀会社があるわけではないので、急な葬儀には対応できない可能性があります。

葬儀をおこなう会社が前日まで決まらず、何キロか離れた場所で葬儀をおこなうことになってバタバタしてしまうケースもあります。

格安葬儀を利用する際には、葬儀社の信頼性や実績、口コミなども調べておくことが重要です。価格の安さだけに惑わされず、葬儀社の評判やサービス内容を比較し、信頼できる業者を選ぶようにしましょう。

自治体と提携している葬儀社で市民葬をする

市民葬は、自治体が提供する葬儀プランの一つです。自治体と提携しているので、一定の料金で葬儀を行うことができ、通常の葬儀よりも安価に済ませることができます。

この制度を利用するためには、自治体の指定する葬儀社を利用する必要があります。指定葬儀社は、心のこもった葬儀を執り行うことができます。

しかし、市民葬や区民葬には制限があります。自治体と提携することで定められた範囲内でのサービス提供となり、それ以外の部分については追加で発注する必要があります。

また、葬儀費用が安価である代わりに、葬儀の内容やサービスが簡素化されることがあるため、その点には注意が必要です。

葬祭扶助で支給される費用で葬儀をする

葬祭扶助制度は、生活保護を受けている人に対して、自治体が葬儀の費用を支援する制度です。この制度を利用することで、葬儀費用が足りなくても安心して葬儀を執り行うことができます。

葬儀費用の負担が大きく、困窮している人にとっては非常に助かる制度です。ただし、葬儀費用の全額を支給するわけではなく、必要最低限の費用が支給されます。

また、葬儀の形式によっても支給額が異なります。葬祭扶助制度を利用するためには、自治体に申請する必要があります。申請には、遺族の生活保護状況や葬儀費用などが必要となります。

葬祭扶助制度は、生活保護受給者だけでなく、少し特殊な条件でも利用できる場合があります。制度を正しく理解し、必要な場合には利用することが大切です。

格安の葬儀についてよくある質問

格安葬儀をするための具体的な方法は

葬儀に呼ぶ人数を少なくする、通夜・告別式を省略する、インターネットの定額格安葬儀プランを利用する、自治体と提携している葬儀社で市民葬をする、葬祭扶助で支給される費用で葬儀をするなどがあります。

格安葬儀にはどのようなメリットがあるの

格安葬儀は葬儀費用を大幅に削減することができ、負担を軽減できます。また、通夜や告別式の省略で遺族の負担軽減もできるため、手間や時間の節約にもなります。

格安葬儀にはどのような注意点があるの

格安葬儀には、葬儀社によってプランの内容が異なることがあるため、比較検討する必要があります。また、プランに含まれない費用や、当日に発生する可能性のある追加料金にも注意が必要です。また、葬祭扶助の受給条件や手続きにも注意が必要です。

墓じまいはハカシルが代行します
墓じまいの相談は何でも無料
ハカシルの安い墓じまい