お問い合わせ

お墓を建てる際の祝い金の相場

祝い金の金額相場を知り、適切な品物を贈ることで、気持ちのこもったお祝いをすることができます。また、包み方のマナーや注意点にも気を配りましょう。お墓建立祝いについて、徹底的に解説します。

お墓建立祝いの意味と由来

新しくお墓を建てたことを祝うために行われるお祝いのことです。この祝いは、墓石に魂を入れる法要を行う「建碑式(けんぴしき)」の際に行われます。

お墓は亡くなった人を偲ぶ場所であり、このように「祝う」ことは悪いことのように感じるかもしれませんが、新しいお墓が大切な場所であることを示すために行われます。

お墓は、故人を供養するために建てられますが、その建立には多大な費用がかかります。お墓建立祝いの一部は、お墓を維持管理するときに必要な費用にもあてられます。

また、生前に自分自身でお墓を建てることを「寿陵(じゅりょう)」といい、古来から縁起が良いとされています。お墓の建立祝いは、親族や友人知人からの贈り物が一般的で

お墓を建てる際の祝い金の相場

お墓を建てる際の祝い金の相場は、親族で約1万円から3万円、友人知人で約1万円程度が一般的だとされています。

ただし、お墓の建立にあたって親族であれば、建立時にある程度費用を負担していた場合、祝い金の金額は低くてもよいとされています。また、将来的にお墓を受け継ぐ長男の場合、祝い金の金額が高めになることがあります。

地域によっては贈る習慣がない場合もありますので、あくまでも目安として考えてください。

お墓建立祝いの包み方のマナー

贈り物として渡す際には、紅白の水引をかけた包み紙に入れて渡すのが一般的です。包み紙は、黄色や白など地域によって異なりますが、色のついたものや、お祝いの意味がある柄のものが使われることが多いようです。表書きは、基本的には「建碑御祝」と書きます。

お墓建立祝いに贈るおすすめの品物

お墓を建立した方への建立祝いには、お茶やお菓子、タオル、カタログギフト、商品券などがおすすめです。

お墓建立祝いについてよくある質問

お墓建立祝いの意味と由来は

お墓建立祝いは、お墓を建てたことを祝い、建てた人に贈るものです。自分のお墓を生前に建てることは「寿陵」と言われ、縁起がよいとされています。お披露目の式を「建碑式」といい、親族や知人たちが集まって、建て主を祝福します。

お墓を建てる際の祝い金の相場は

お墓を建てる際の祝い金の相場は、建て主との関係性によって異なりますが、親族の場合は約2万〜3万円、友人や知人などの場合は約1万円が一般的です。ただし、地域によっても異なるので、事前に調べることが重要です。

お墓建立祝いに贈るおすすめの品物は

お墓建立祝いには、主に「お金」「お花」「お菓子」などを贈ることが一般的です。お金を贈る場合は、祝儀袋に入れて渡します。また、建て主の好みや趣味に合わせた品物を贈ることもできます。カタログギフトや商品券などもおすすめです。

ハカシルのシニアライフサポート
ハカシルの安い海洋散骨
ハカシルの安い墓じまい