お問い合わせ

日泰寺(愛知県名古屋市)の永代供養の費用・評判と見学予約

日泰寺にある永代供養墓の種類
永代供養墓 30万円~55万円
日泰寺の注意事項
  • 日泰寺の永代供養は生前申込ができません。

納骨に予約はありませんので、当日受付でお申し込みください。

日泰寺以外の寺院を選ぶ方が増えています

日泰寺以外を選んだお客さまの声

  • 生前予約しておきたかったので、生前申込できる別の寺院を選んだ
  • 不安だったので納骨日時を予約できる寺院を選ぶことにした
  • 家の近くの寺院の永代供養にしたおかげで好きな時に参拝しやすい

永代供養のご相談はハカシルへ

永代供養墓の無料相談はハカシル

永代供養墓の無料相談はハカシル

永代供養の無料相談の対応スタッフ

通話料・ご相談は無料です
永代供養墓にも種類がありますので、希望や予算をお聞かせください。

ハカシルではご希望にあう寺院をご提案していますが、有名寺院だからという理由で寺院を選ぶ方より、参拝することや納骨の際に遺骨を運ぶことを考えて、できるだけ家から近い寺院を選ぶ方、費用を可能な限り抑えらる寺院を選ぶ方が増えています。

ご希望にあう寺院のご案内

  • 最安値3.5万円~
  • 年間管理費0円

エリアを熟知した専任スタッフが対応します

ご相談は何度でも無料です

  • 最安値3.5万円~
  • 年間管理費0円

檀家義務のない永代供養墓、墓じまいによる改葬を受入可能な寺院・霊園をご案内

日泰寺の永代供養の費用

永代供養のお墓の種類には、合祀墓・個別墓といった屋外に建てる永代供養墓、墓石の代わりに樹木を墓標として故人を供養する樹木葬、屋内に遺骨が収蔵できる納骨堂があります。

また、遺骨を永代供養する方法は、2種類あります。1つは他の方の遺骨と一緒に埋葬する合祀と呼ばれる方法、2つ目は他の方の遺骨と一緒に埋葬しないで個別で埋葬する方法があります。覚王山 日泰寺の永代供養は合祀のみです。

遺骨を個別で安置する期間を設けていないため、申し込み後はすぐに合祀となります。

永代供養墓

日泰寺 合同納骨

合同納骨は、他の方の遺骨と埋葬する合祀のため、あとから遺骨を取り出すことができません。また、お参りは合同納骨をした奉安塔前までしかいけません。そのため、お参りする際は日泰寺の階段上の通天門から手を合わせてください。

日泰寺 合同納骨の費用
費用 ■30万円(納骨+月牌)
■55万円(納骨+日牌)
管理費 不要

日泰寺の永代供養には、過去帳に記し50年間供養される月牌(がっぱい)と、過去帳に記し御位牌を作り100年間供養される日牌(にっぱい)の2種類があります。

合同納骨の納骨料5万円の他に、月牌25万円もしくは日牌50万円にお申込みいただくことで50年あるいは100年間供養されます。

上記は1霊の費用ですが、先祖代々の遺骨を同時に納骨する場合は、納骨料「先祖代々10万円」のプランもあります。この場合も供養には月牌25万円、もしくは日牌50万円が必要です。

永代経法要は、毎日お昼の12時30分に本堂でおこなわれています。永代経法要(月牌・日牌)を申し込んだ翌日から、いつでも参詣することができます。

費用の支払い方法
支払い方法
分割払いの対応
日泰寺 合同納骨の概要

空き状況
安置方法 合祀
遺骨の埋葬方法 骨壺や骨袋から取り出して合祀
遺骨の安置場所 屋外
安置期間 永代
安置期間経過後
遺骨の供養方法
継承者の有無 なし
遺骨の最大収容人数 ■1霊:申し込み費用を支払えば何霊でも可能
■先祖代々:5霊※
お墓の耐震性
区画面積
ペットと埋葬 ×

【備考】
※先祖代々とは、1家系5霊を同時に納骨し、申込用紙1枚できるプランです。先祖代々のプランで納骨をした場合、納骨された故人の一人ひとりの記録が残りません。

しかし、5霊別々で納骨を申し込みした場合、1霊ごとに申し込み用紙の記入と5万円が必要ですが、納骨された故人一人ひとりの記録が残ります。

日泰寺の永代供養墓の見学予約

見学をおこなっている曜日
見学ができる時間帯

日泰寺の納骨は予約不要です。受付時間である9:00~14:00にお越しいただき、お申し込みください。

ただし、お彼岸・お盆・年末年始はお控えいただき、行事がある場合は午前のみとなる場合があります。

また、見学後、別の寺院(霊園)をご希望される場合は、ご希望に沿う寺院(霊園)をご案内しますので、ハカシルまでお問い合わせください。

日泰寺の永代供養に納骨するまでの流れ

実際に見学をして、墓地の雰囲気が気に入りましたら契約をします。

日泰寺で契約する際に必要な物は、「お申込書」、「納骨料」、「火葬埋葬許可証」もしくは、「改葬許可証」が必要です。

納骨式に参列する

同じ時間帯に納骨を受け付けした方と一緒に納骨法要を行います。そのため、納骨法要の時間帯は決まっていません。

※覚王山 日泰寺では納骨法要したあと遺骨をすぐに埋葬しています。遺骨の埋葬はご家族の立ち合いができません。

日泰寺の設備情報

日泰寺の景色・外観と設備情報

お釈迦様の遺骨が眠っている日泰寺は閑静な住宅街にあります。日泰寺は、お寺では珍しい高さ30mの五重塔もあり、見ごたえがあります。さらに日泰寺では、桜の木が沢山植えられており、春には満開の桜を見ることができます。

そのため、故人に静かに眠って欲しい方や、四季が楽しめるところに眠って欲しい方、お釈迦様と一緒に眠りたい方は一度、覚王山 日泰寺に見学に行ってみてください。

日泰寺では感染症対策として消毒液を完備しています。覚王山 日泰寺に見学に行く際は、ぜひご利用ください。

日泰寺の開門・閉門時間 5:00~16:30
日泰寺の参拝・拝観ができる時間

※日泰寺は年中無休で寺院を開門しています。また、日泰寺で御朱印・お経などを希望する場合は、受付時間が9:00-14:00までです。

日泰寺の設備

トイレ 喫煙所 休憩スペース 会食施設 法要施設
×
水場 売店 車いすの用意 障がい者用トイレ 車いすでの参拝
ごみの処分箱 管理人駐在 防犯カメラ・見回り 駐車場 バリアフリー

※車いすは本堂内での使用に限り貸し出ししています。(1台)

日泰寺の供養のルール

日泰寺に拝観する際は、仏様のいらっしゃる場所では、【合唱一礼】をしてください。

ほかにも、日泰寺では飲み物の自販機などがありませんので参道でお買い求めをする必要があります。

参拝時の注意事項として、日泰寺の境内にある草花は大切にしてください。また、ペットの連れ込みは禁止です。

日泰寺の最寄り駅・駐車場とアクセス方法

日泰寺の周辺地図

住所:愛知県名古屋市千種区法王町1-1

電車でのアクセス方法

【地下鉄東山線 覚王山駅からお越しの方】

地下鉄東山線 覚王山駅の1番出口から徒歩10分

【JR名古屋駅からお越しの方】

名古屋市営東山線の藤が丘行・藤が丘行・栄行に乗車したあと、【覚王山駅】で下車。覚王山駅の1番出口から徒歩10分

バスでのアクセス方法

【覚王山バス停からお越しの方】
名古屋市営東山線の藤が丘行・藤が丘行・栄行に乗車したあと、覚王山駅で下車。覚王山駅の1番出口から徒歩10分

自動車でのアクセス方法

【名古屋高速方面 四谷ICから車でお越しの方】
車で10分

【東名阪高速方面 吹上東ICから車でお越しの方】
車で約25分

【東名阪高速方面 名古屋ICから車でお越しの方】
車で約25分

日泰寺の年間行事と歴史

日泰寺でおこなっている年間行事

日泰寺では毎日お昼の12時30分に本堂で、永代供養をした方の永代経法要をおこなっています。永代経をお申込みされた方はいつでも参詣できます。

ほかにも、日泰寺では年間を通して行事をおこなっていますので、日泰寺に足を運ぶ際はあわせて年間行事もご確認ください。

1月1日~1月3日 元旦祈祷 国家安泰、五穀豊穣、並びに皆様の家内安全、身体健全を祈祷する日
3月15日 涅槃会 お釈迦様の御命日。報恩感謝の法要を行う
3月下旬 春季彼岸会 一週間彼岸供養をおこなう日
4月8日 灌仏会 お釈迦様の誕生日
6月15日 奉安記念 タイ国から日本に御真骨を頂いた日の記念法要日
8月13日~8月15日 盂蘭盆会 3日間お盆供養を行う日
8月24日 盂蘭盆会 千体地蔵堂にて供養を行う日
9月下旬 秋季彼岸会 一週間彼岸供養を行う日
10月23日 チュラロンコン大王法要 チュラロンコン大王の御命日。タイ大使館で主催する追善法要日
11月15日 奉遷記念 御真骨が日泰寺に遷された日の記念法要日
12月8日 成道会 お釈迦様が悟りを開いた日
12月31日 年末祈祷 国家安泰、五穀豊穣、並びに皆様の家内安全、身体健全を祈祷する日

日泰寺の歴史について

愛知県の覚王山日秦寺は超宗派の寺院です。

1900年6月15日(明治33年)にバンコク王宮においてチュラロンコン国王(ラーマ5世:第5代のシャム国王)より真舎利(釈迦の遺骨)を受け取りました。

真舎利を受けとった当時は、真舎利を安置する寺院が創建されていなかったため、京都の妙法院に仮安置されたあとに覚王山日秦寺の創建がはじまりました。

1904年(明治37年)に現在の愛知県名古屋市千種区法王に10万坪の敷地を用意して、真舎利と寺院完成時の御本尊にとシャム国(現在のタイ王国)から受け取った黄金の釈迦像を安置する「覚王山日暹寺」が創建されました。

1918年(大正7年)には、真舎利を安置するガンダーラ様式の奉安塔も完成して、盛大な法要が行われたあとに関係者が見守る中、遺骨をいれた金の塔が奉安塔の中に納められました。

真舎利はこの日を最後に奉安塔の中に塗り込められ、永久に封印されたとのことです。

1949年(昭和24年)にシャム国のタイ王国への改名に合わせて「覚王山日暹寺」を「覚王山日泰寺」に改名しました。

現在は奉安塔の設計図が残っていないため、お釈迦様の遺骨が中でどのように納められているのか知る人はいないといわれています。

また、覚王山日泰寺の「覚王」とは、釈迦の別名です。また「日泰」とは、日本とタイの友好の象徴としています。

境内には真舎利を日本に寄贈したラーマ5世の像もあり、在日タイ大使は誕生日に参拝するのが習わしになっています。在日タイ大使以外にも、在日タイ人も参拝に訪れることが多いお寺です。

日泰寺でよくある質問

日泰寺の永代供養の費用を教えてください

日泰寺の永代供養は、50年間の供養では30万円、100年間の供養では55万円です。それぞれ納骨料と永代経(読経)がふくまれていて、供養期間で費用が異なります。くわしくはこちら

日泰寺に見学予約をする方法を教えてください

日泰寺の納骨は予約は不要です。受付時間である9:00~14:00にお越しいただき、お申し込みください。

ただし、お彼岸・お盆・年末年始はお控えいただき、行事がある場合は午前のみとなる場合があります。

愛知の永代供養の資料を無料請求

  • 最安値3.5万円~
  • 年間管理費0円

檀家義務のない永代供養墓、墓じまいによる改葬を受入可能な寺院・霊園をご案内

ご相談は何度でも無料です

  • 最安値3.5万円~
  • 年間管理費0円

檀家義務のない永代供養墓、墓じまいによる改葬を受入可能な寺院・霊園をご案内

永代供養を探す

北海道・東北

関東

信越・北陸

中部・東海

近畿

中国

四国

九州・沖縄

日泰寺の永代供養の口コミ・評判

日泰寺

0

交通の利便性

0.0/10

寺院の雰囲気

0.0/10

お墓の管理状況

0.0/10

寺院の設備状況

0.0/10

寺院の周辺環境

0.0/10

口コミの入力はこちら