お問い合わせ

四天王寺(大阪府大阪市)の永代供養の費用・評判と見学予約

四天王寺

  • 住所:〒543-0051 大阪府大阪市天王寺区四天王寺1-11-18
  • 経営主体:寺院墓地
  • アクセス:地下鉄谷町線 四天王寺前夕陽ヶ丘駅から徒歩5分
  • 総区画数:–

条件

国籍 宗派 ペットと埋葬 檀家義務 生前申込
宗派不問
不可
なし
可能

費用の価格幅

永代供養 10,000円~30,000円~

永代供養の無料相談

ご相談は何度でも無料です

ご相談は何度でも無料

四天王寺の永代供養の費用

永代供養のお墓の種類には、合祀墓・個別墓といった屋外に建てる永代供養墓、墓石の代わりに樹木を墓標として故人を供養する樹木葬、屋内に遺骨が収蔵できる納骨堂があります。

四天王寺には合祀墓があって、納骨する際に他の方と一緒に法要をする場合は10,000円~、個別で法要を希望する場合は30,000円~の費用がかかります。

また、四天王寺では改葬や墓じまいの受け入れもしています。改葬や墓じまいをする場合は、まず現在の遺骨を埋葬しているお寺(菩提寺)と遺骨を移す手順を相談してください。

永代供養

四天王寺 納骨総祭塔

四天王寺 納骨総祭塔の費用
費用 ■10,000円~
※個別法要をする場合は30,000円~
管理費 不要

※また、別途で遺骨を供養する納骨総祭法要(読経)の費用5,000円が必要です。

費用の支払い方法
支払い方法
分割払いの対応

※故人の命日などで法要を希望する場合は、法要にかかるお布施を受け付けで現金払い、または、現金書留でお申し込みをすることができます。現金書留でお布施を支払う場合は、お堂名、申込内容、施主名、供養するご戒名(霊名)、ご連絡先、等を記載したお手紙を同封する必要があります。

四天王寺 納骨総祭塔の概要

空き状況
安置方法 合祀
遺骨の埋葬方法
遺骨の安置場所 納骨総祭法要まで納骨堂(屋内)に安置したあと屋外の納骨総祭塔へ移動
安置期間 6月末、10月末、2月末頃に行われる納骨総祭法要まで納骨堂に安置
安置期間経過後 納骨総祭塔へ移動し合祀
遺骨の供養方法 6月末、10月末、2月末頃に行われる納骨総祭法要(総供養)
継承者の有無 必要なし
遺骨の最大収容人数 申し込み費用を支払えば何霊でも可能
お墓の耐震性
区画面積
ペットと埋葬 ×

2月1日~5月31日の期間に申し込まれた方は6月末頃に行われる夏季納骨総祭法要にて、6月1日~9月30日の期間に申し込まれた方は10月末頃に行われる秋季納骨総祭法要にて、10月1日~1月31日の期間に申し込まれた方は2月末頃に行われる春季納骨総祭法要にて総供養をおこなっています。

総祭法要がおこなわれた遺骨は納骨堂から、納骨総祭塔に移動し合祀となります。

また、四天王寺に遺骨を永代供養する際の注意事項として、納骨総祭塔は合祀墓のため、1度埋葬された遺骨は取り出すことができません。そのかわりに、四天王寺では遺骨の代わりとして「霊砂」と呼ばれている砂をお渡ししています。

ほかにも四天王寺では遺骨以外の物は埋葬ができないほかに、ペットを埋葬することはできません。しかし、ペットを埋葬することはできませんが、お経をあげる回向(法要)であれば、ペットの名前を唱えて供養をしています。

四天王寺の永代供養の見学予約

見学をおこなっている曜日
見学ができる時間帯

四天王寺の見学予約をご希望の場合は、ハカシルにお電話もしくはメールフォームでご連絡ください。見学予約についてご案内します。

また、見学後、別の寺院(霊園)をご希望される場合は、ご希望に沿う寺院(霊園)をご案内します。

永代供養の無料相談

ご相談は何度でも無料です

ご相談は何度でも無料

四天王寺の永代供養に納骨するまでの流れ

1.見学予約をする

ハカシルの電話または、メールフォームから見学予定日をご連絡ください。

2.見学にいく

四天王寺へ見学にいきます。質問がありましたら見学の際に住職の方へお聞きください。

3.契約をする

実際に見学をして、墓地の雰囲気が気に入りましたら契約をします。

契約する際に必要な書類や物などは、【火葬許可書(改葬許可書)】、【印鑑】【戒名(法名)】、【俗名・死亡年月日・享年】、【費用(1霊ごとに10,000円~、個別で法要を希望する場合は30,000円~)】【遺骨】が必要になります。

4.納骨式に参列する

契約に必要な書類や物を揃えて四天王寺の境内にある、納骨や法要を受け付けしている六時堂に行き提出します。そのあと、六時堂で納骨式に参列(法要)して終了となります。

四天王寺で納骨された遺骨は、翌日から阿弥陀堂の横にある納骨堂にて安置して、夏季納骨総祭法要、秋季納骨総祭法要、春季納骨総祭法要のいずれかの法要が行われたあと、納骨総祭塔へ遺骨を移して合祀します。

四天王寺の設備情報

四天王寺の景色・外観と設備情報

四天王寺の境内は自然を感じることができる草木や池、歴史を感じさせる建物が数多くあります。境内の南から順に中門、五重塔、金堂、講堂と直線状に建物が並んでいて、この並び方は日本最古の建築様式の1つである四天王寺式枷藍配置といわれています。

毎年、多くの方が四天王寺式枷藍配置を見に参拝にきているほかに、人形供養・ぬいぐるみ供養の申し込みをしに来ている方、四天王寺の堂内で故人の位牌を供養する永代祠堂の申し込みをしに来ている方、故人の遺骨を永代供養しに来ている方が多くいます。

四天王寺の開門・閉門時間 四天王寺の門は24時間開門
四天王寺の参拝・拝観ができる時間 ■お堂・中心伽藍・庭園(4月~9月)8:30~16:30/(10月~3月)8:30分~16:00
■六時堂は8:00~18:00
■お堂の外からのお参り:24時間、門が開いているためお堂の外からのお参りはいつでも可能

お堂・中心伽藍・庭園は毎月21日、拝観時間が変更になります。4月~9月は8:00~17:00、10月~3月は8:00~16:30、10月21日のみ8:00~17:00となります。

六時堂は毎月21日、8:00~18:00と拝観時間が変更となります。

四天王寺の境内やお堂の拝観は無料ですが、中心伽藍・極楽浄土の庭・宝物館の3カ所が有料となります。拝観料については下記の表をご確認ください。

大人 高校生
大学生
小学生
中学生
幼稚園児
個人 団体 個人 団体 個人 団体 個人 団体
中心伽藍 300 円 200 円 200 円 100 円 無料 無料 無料 無料
庭園 300 円 200 円 200 円 100 円 200 円 100 円 無料 無料
宝物館 500 円 300 円 300 円 200 円 無料 無料 無料 無料

※また、障害者手帳をお持ちの方と付き添いの方、幼児は無料となります。

四天王寺の設備

トイレ 喫煙所 休憩スペース 会食施設 法要施設
×
水場 売店 車いすの用意 障がい者用トイレ 車いすでの参拝
ごみの処分箱 管理人駐在 防犯カメラ・見回り 駐車場 バリアフリー

四天王寺では、車いすを6台無料で貸し出しをしています。ほかにも、1部スロープ対応をしているため境内は車いすで参拝することができます。しかし、スロープ対応していない階段もあるため、車いすで入堂できない建物もあります。

また、六時堂裏側のに車を「無料で停車」ができる場所がありますが「無料駐車場」ではありません。法要の受け付けテナントなどを設営や、大型バスを止める場所のため、「境内放送で車のナンバープレートを読んだ際にすぐに車を移動して頂ける方」のみが止めることができる場所となります。

そのため、できる限り四天王寺の付近にある有料の駐車場などをご利用ください。

四天王寺の供養のルール

四天王寺では参拝や供養をしにお越しになる方に向けて、感染症対策のためマスクの着用と各お堂に設置している消毒液で手指の消毒をお願いしています。四天王寺に行かれる際は、四天王寺の指示に従い感染症対策をおこなってください。

また、四天王寺では正式な訓練を受けた盲導犬を除いて、リード(引き綱)を外してペットを散歩させることを禁止しているほかに、六時堂や中心伽藍などの各お堂の敷地内(軒先含む)にペットを連れて入ることを禁止しています。

四天王寺の最寄り駅・駐車場とアクセス方法

四天王寺の周辺地図

電車でのアクセス方法

【四天王寺前夕陽ヶ丘駅からお越しの方】
四天王寺前夕陽ヶ丘駅から徒歩5分

【天王寺駅からお越しの方】
天王寺駅から徒歩12分

【阿部野橋駅からお越しの方】
阿部野橋駅から徒歩14分

バスでのアクセス方法

【天王寺駅からお越しの方】
天王寺駅から徒歩2分程度にある【大阪シティバス62 あべの橋(北)】に乗車したあと、【天王寺警察署前】で下車。天王寺警察署前から徒歩5分

自動車でのアクセス方法

【天王寺駅からお越しの方】
4分

【四天王寺前夕陽ヶ丘駅からお越しの方】
車で4分

【夕日丘IC 国道165号/国道25号と大阪市道天神橋天王寺線/松屋町筋経由からお越しの方】
車で6分

四天王寺年間行事と歴史

四天王寺の年間行事

四天王寺では、6月末、10月末、2月末におこなう納骨総祭法要以外にも、彼岸会の法要や仏教文化講演会などの行事もおこなってます。ほかにも毎月21日と22日に四天王寺の境内では骨董品や食べ物を販売する露店が並び、多くの人が訪れています。

四天王寺に行かれる際はぜひ年間行事もご確認ください。

1月1日~1月14日 修正会 去った年の反省と新たな年の決意をし希望に満ちた一年の門出のためのお参りする日。14日には日本三大奇祭のひとつ「どやどや」がおこなわれます。
2月15日 涅槃会 お釈迦様が入滅された日の法要日
3月17日~3月23日 春季彼岸会 春分の日と前後3日間の合計7日間で法要がおこなわれます。
4月1日~4月30日 十三まいり かぞえ年で13歳という年齢の男女が親子一緒に仏様の手を合わせ、厄除けと開運の祈願をします。
5月21日 英霊堂回向 大師会の毎月21日、英霊堂において世界平和を祈り、戦死者並びに万国の英霊供養のため追善法要をする日
6月22日 講問・六観音法要 太子奥殿奉安の太子六観音像の開眼法要並びに奉安各家の総供養をおこなう日
7月15日~8月15日 夏法要 7月15日~8月15日まで金堂にて毎日、夏法要がおこなわれます。また、結願日の8月15日正午から行われる法要の参詣者には、一ヶ月間祈願されたご本尊のお守が特別に授与されます。
8月9日~8月16日 四天王寺お盆供養(盂蘭盆会) 四天王寺で万灯ローソク(万灯供養)やお経をあげて先祖を供養をする日
9月26日 彼岸会結願法要 ご先祖供養の中心である六時堂で信徒各家のご先祖、戦死者、交通犠牲者の各霊の供養をする日
10月13日 日蓮聖人忌法要 日蓮宗祖師、日蓮聖人の祥月命日の法要をする日
11月13日 人形供養 大阪府人形問屋協同組合による人形供養をする日
12月31日 除夜の鐘 四天王寺にある黄鐘楼・太鼓楼・太子引導鐘堂の3ヶ所にある吊り鐘堂をつくことができる日

四天王寺の歴史

日本最古の官寺と言われている四天王寺は、593年(推古天皇元年)に聖徳太子によって創建されたと日本書記に記載されています。

明治以降に四天王寺は、明治維新の神仏分離令によって四天王寺に所属していた神社が離されて厳しい状況に追い込まれましたが、人々の深い信仰を受けて行事などは変わらずおこなわれていました。

昭和9年(1934年)9月21日、近畿を襲った室戸台風によって五重塔が倒壊し、境内の全域が深刻な被害を受けました。昭和15年(1940年)には五重塔が再建されましたが、昭和20年(1945年)の東京大空襲によって1部の建物を残して境内のほぼ全ての建物が火事によって焼失します。

しかし、各方面から人々の協力を得て昭和38年(1963)には伽藍、昭和54年(1979)には聖霊院奥殿・絵堂・経堂が再建されています。そのほかの建物も次々に再興されて、現在では四天王寺の境内はほぼ旧観の状態になっています。

四天王寺でよくある質問

四天王寺の永代供養の費用を教えてください

四天王寺には合祀墓があって、納骨する際に他の方と一緒に法要をする場合は10,000円~、個別で法要を希望する場合は30,000円~の費用がかかります。くわしくはこちら

四天王寺に見学予約をする方法を教えてください

ハカシルの電話(0120-061-029)または、ホームページのメールフォームから見学希望寺院と見学希望予定日と時間をご連絡ください。

見学希望予定日と時間につきましては、四天王寺の境内にある納骨や供養を受け付けしている六時堂の営業時間(8:00~18:00)の範囲のなかでお選びください。くわしくはこちら

四天王寺の永代供養の口コミ・評判

四天王寺

0

交通の利便性

0.0/10

寺院の雰囲気

0.0/10

お墓の管理状況

0.0/10

寺院の設備状況

0.0/10

寺院の周辺環境

0.0/10

口コミの入力はこちら

ご相談は何度でも無料