お問い合わせ

妙満寺(京都府京都市)の永代供養の費用・評判と見学予約

妙満寺

  • 住所:〒606-0015 京都府京都市左京区岩倉幡枝町91
  • 経営主体:寺院墓地
  • アクセス:木野駅から徒歩5分
  • 総区画数:–

条件

国籍 宗派 ペットと埋葬 檀家義務 生前申込
国籍不問
宗派不問
不可
なし
可能

費用の価格幅

永代供養墓 50,000円
納骨堂 50,000円~600,000円

永代供養の無料相談

ご相談は何度でも無料です

ご相談は何度でも無料

妙満寺の永代供養の費用

永代供養のお墓の種類には、合祀墓・個別墓といった屋外に建てる永代供養墓、墓石の代わりに樹木を墓標として故人を供養する樹木葬、屋内に遺骨が収蔵できる納骨堂があります。

妙満寺では、屋内型の合祀墓と納骨堂があって、合祀墓は50,000円、納骨堂は50,000円~600,000円の費用がかかります。

永代供養墓

妙満寺の合祀墓は申し込み後、すぐに合祀をするAプラン、13年間は遺骨を個別で安置したあとに合祀をするBプランがあります。

また、遺骨を13年間、個別で安置する場合の費用はかかりません。

妙満寺 仏舎利大塔納骨 集合墓

妙満寺 仏舎利大塔納骨 集合墓の費用
費用 A・Bプランともに50,000円
管理費 不要
費用の支払い方法
支払い方法 現金手渡し/銀行振り込み
分割払いの対応 ×

※申し込み後、費用はなるべくお早めにお支払いください。

妙満寺 仏舎利大塔納骨 集合墓の概要

空き状況
安置方法 ■Aプラン:合祀
■Bプラン:個別
遺骨の埋葬方法 ■Aプラン:骨壷から取り出して合祀
■Bプラン:骨壷
遺骨の安置場所 A・Bプランともに屋内
安置期間 ■Aプラン:–(永代合祀)
■Bプラン:13年まで
安置期間経過後 ■Bプラン:骨壺から取り出して集合墓で合祀
遺骨の供養方法 慶讃大法要にて仏舎利大塔納骨の精霊を追善供養
継承者の有無 必要なし
遺骨の最大収容人数 1霊ごとに費用を支払えば何霊でも可能
お墓の耐震性
区画面積
ペットと埋葬 ×

【備考】

妙満寺の集合墓は改葬や墓じまいをした遺骨(先祖代々の霊)の受け入れをおこなっています。

お墓に入れていた遺骨を全て1霊として取り扱い、50,000円で纏めて供養・納骨することができます。ただし、1霊1霊、過去帳には記載されません。

また、改葬や墓じまいをおこなう場合は遺骨を納骨しているお寺(菩提寺)と相談の上、妙満寺にご相談ください。

妙満寺に納骨する際の注意点として、後から遺骨を取り出すことができない、遺骨以外の物を入れることはできません。また、ペットと一緒に埋葬することもできません。

しかし、妙満寺ではペット専用の動物塚で埋葬をすることができます。ペットを埋葬する場合の費用は1万円~で、金魚や小鳥なども埋葬可能です。

納骨堂

特別納骨霊壇は、納骨する区画の大きさと納骨をする壇の位置によって費用が異なります。

区画が大きい(大サイズ)場合は400,000円~600,000円、区画が小さい(小サイズ)場合は50,000円~150,000円と費用が異なります。

妙満寺 仏舎利大塔納骨 特別納骨霊壇

妙満寺 仏舎利大塔納骨 特別納骨霊壇の費用
費用 【大サイズ】
■上段:400,000円
■中断:600,000円
■下段:500,000円

【小サイズ】
■最上段・最下段:50,000円
■上段・下段:70,000円
■中段:150,000円
管理費 大サイズ・小サイズ全て300,000円(※管理費用は30年分)

※永代供養料だけではなく、30年分の管理費費用を一括で支払う必要があります。

費用の支払い方法
支払い方法 現金手渡し/現金振り込み
分割払いの対応

※申し込み後、費用はなるべくお早めにお支払いください。

妙満寺 仏舎利大塔納骨 特別納骨霊壇の概要

空き状況 大サイズ・小サイズともに〇
安置方法 大サイズ・小サイズともに個別
遺骨の埋葬方法 大サイズ・小サイズともに骨壺
遺骨の安置場所 大サイズ・小サイズともに屋内
安置期間 大サイズ・小サイズともに30年間
安置期間経過後 大サイズ・小サイズともに安置期間が過ぎた後は遺骨を引きとるか、共同墓で合祀するか、1年ごとに1万円の管理費用を支払い納骨堂で安置するか選ぶことができます。
遺骨の供養方法 大サイズ・小サイズともに、慶讃大法要にて仏舎利大塔納骨の精霊を追善供養
継承者の有無 継承者は必要ありませんが、室内型のお墓として代々継承して使用することもできます。
遺骨の最大収容人数 区画に空きがあれば1霊ごとに費用を支払うことで何霊でも可能
お墓の耐震性
区画面積 ■大サイズ:(外寸)縦510mm×横440mm
■小サイズ:(外寸)縦330㎝×横340㎝
ペットと埋葬 ×

【備考】
妙満寺の檀家の方で特別納骨霊壇に納骨をして、遺骨の安置期間が30年になる前に継承者が途絶えた場合は、残りの年数も妙満寺が供養をおこなっています。また、30年過ぎたあとは、遺骨を引き取るか集合墓で合祀をするか選ぶことができます。

妙満寺の檀家ではない方で特別納骨霊壇に納骨をして、遺骨の安置期間が30年になる前に継承者が途絶えた場合は、遺骨を引き取るか集合墓で合祀をするか選ぶことができます。

妙満寺に納骨する際の注意点として、後から遺骨を取り出すことができない、遺骨以外の物を入れることはできません。また、ペットと一緒に埋葬することもできません。

しかし、妙満寺ではペット専用の動物塚で埋葬をすることができます。ペットを埋葬する場合の費用は1万円~で、金魚や小鳥なども埋葬可能です。

妙満の永代供養の見学予約

妙満寺に見学をする際は、住職の方が直接ご案内をいたしますので、分からないことや気になることがあればすぐにお聞きすることができます。

また、見学を希望する場合は事前に予約が必要です。

妙満寺の見学予約をご希望の場合は、ハカシルにお電話もしくはメールフォームでご連絡ください。見学予約についてご案内します。

また、見学後、別の寺院(霊園)をご希望される場合は、ご希望に沿う寺院(霊園)をご案内します。

見学をおこなっている曜日 いつでも可能
見学ができる時間帯 9:00~16:00

永代供養の無料相談

ご相談は何度でも無料です

ご相談は何度でも無料

妙満寺の永代供養に納骨するまでの流れ

1.見学予約をする

ハカシルの電話または、メールフォームから見学予定日をご連絡ください。

2.見学にいく

妙満寺へ見学にいきます。質問がありましたら見学の際に住職の方へお聞きください。

3.契約をする

実際に見学をして、墓地の雰囲気が気に入りましたら契約をします。

契約に必要な書類などは、【申し込み書】、【印鑑】、【遺骨】、【永代供養料】、故人の【戒名・俗名・行年・没年月日】、改葬や墓じまいをおこなう場合は、【改葬許可証】が必要になります。

また、申し込み書は妙満寺の公式サイトにあるPDFをダウンロード・印刷をする必要があります。

契約した後は、妙満寺から【使用許可書】が発行されますので、無くさないように大切に保管してください。

4.納骨式に参列する

妙満寺で納骨式をして終了となります。

妙満寺の設備情報

境内は、春は桜とツツジ、秋は紅葉、冬は「雪の庭」といわれている庭園を楽しむことができます。そのため、毎年多くの方が妙満寺に参拝や拝観に来ています。

妙満寺の開門・閉門時間 6:00~17:00
妙満寺の参拝・拝観ができる時間 ■本坊(本堂・雪の庭・展示室):9:00~16:00
境内:6:00~17:00

妙満寺の境内は無料で参拝や拝観をすることができますが、本坊(本堂・雪の庭・展示室)は拝観料が必要です。拝観料については下記の表をご確認ください。

大人(個人) 大人(団体) 小・中学生
本坊
(本堂・雪の庭・展示室)
500円
400円
350円
境内
無料

4月上旬頃、5月上旬頃の、11月下旬頃の期間中は、本坊と境内を含めて拝観料が必要になります。

団体20名以上で拝観をおこなう場合や、拝観の説明が必要な場合は、妙満寺までご相談ください。また、妙満寺の窓口で障害者手帳を提出することで、身体障碍者割引きを適用することができます。

現在、妙満寺では感染症対策のため、消毒液の設置、室内の定期的な換気、職員もマスクの着用、手指の消毒をおこなっています。参拝者や見学者にも、マスクの着用と拝観受け付け窓口に設置している消毒液で手指の消毒をお願いしています。

妙満寺に参拝や見学に行かれる際は、妙満寺の指示に従い、感染症対策をおこなってください。

妙満寺の設備

トイレ 喫煙所 休憩スペース 会食施設 法要施設
×
水場 売店 車いすの用意 障がい者用トイレ 車いすでの参拝
ごみの処分箱 管理人駐在 防犯カメラ・見回り 駐車場 バリアフリー

妙満寺では普通車・中型車を40台、大型車3台を無料で駐車ができる駐車場があります。車でお越しになる方はご利用ください。

また、妙満寺に会食施設はありますが、施設使用料が必要です。くわしくは、妙満寺の公式サイトの施設使用料ページをご確認ください。

築地本願寺の供養のルール

供養のルールは特にありません。

妙満寺の最寄り駅・駐車場とアクセス方法

妙満寺の周辺地図

電車でのアクセス方法

【木野駅からお越しの方】
木野駅から徒歩5分

【国際会館駅からお越しの方】
徒歩20分

バスでのアクセス方法

【京都バス40・46・50系統からお越しの方】
「幡枝」バス停に下車してから徒歩4分

自動車でのアクセス方法

【京都南IC 第二京阪道路 経由からお越しの方】
車で53分

【京都東I C白川通り 経由からお越しの方】
車で43分

妙満寺の年間行事

妙満寺では、年間を通して彼岸会法要や、花まつりなどの行事をおこなっています。妙満寺に行かれる際は、合わせて年間行事もご確認ください。

1月1日 新歳国祷会 新しい一年を迎えて、世界の平和と家族や親族縁者の無事息災を祈念する日
2月28日 御開山会・釈尊涅槃会・日蓮大聖人降誕会 お釈迦さま入滅した日(15日)、宗祖日蓮大聖人ご降誕(16日)、妙満寺を創建された日什大正師お命日28日)と、聖日が重なる大切な月
3月20日 春季彼岸会 彼岸法要をおこなう日
3月下旬 春季彼岸会 様々な煩悩に生きる私たちの生活の中で、夕日が真西、お浄土の方向に沈む春分の日を中心とした1週間、彼岸(お浄土)を思いながら聞法する法要
4月3日 花まつり お釈迦さまのご生誕祝いの法要をおこなう日
5月22日~5月23日 慶讃大法要 祠堂並びに仏舎利大塔納骨の精霊を追善供養をおこなう日
8月7日 盂蘭盆会施飢餓会 餓鬼道に堕ちて苦しむ人々に供物を捧げて供養と法要をおこなう日
9月23日 秋彼岸会
敬老会
秋彼岸会:彼岸法要をおこなう日
敬老会:ご年配方々の健康長寿をご祈念する日
10月12日~10月13日 日蓮大聖人御会式 日蓮大聖人のご命日(10月13日)に営む報恩法要をおこなう日
12月5日 釈尊成道会・大根だき お釈迦さまがインド・ブッダガヤの菩提樹の下で悟りを開かれたことを喜び、心から感謝して法要をおこなう日
12月31日 除夜の鐘 大晦日の夜、108回鐘を撞いて煩悩の熱をさまし、新しい年の招福を願う日

妙満寺の歴史

妙満寺は永徳3年(1338年)、顕本法華宗の開祖である日什が六条坊門室町(現在の京都市京徳)にて法華堂を建立したのが始まりです。

康応元年(1389年)には、寺の建物を整備して妙満寺としています。

しかし、応永2年(1395年)の火災により寺の建物が焼失して綾小路東洞院(現在の京都市下京区)に再建をしますが、応仁元年(1467年)の応仁の乱による戦火によって再び妙満寺が焼失して四条堀川(現在の京都市下京区)に移転しています。

その後も、天文5年(1536)、比叡山の僧徒による焼き討ちによって妙満寺の建物が火災により焼失します。

一時は泉州堺(大阪府南部)に逃れ、天文11年(1542年)に元の地である四条堀川に再建されますが、天正11年に豊臣秀吉の命により寺町二条(現在の京都市上京区榎木町)に再移転をしています。

寺町二条に移転したあとも度々火災にあい妙満寺の建物が焼失していますが、その度に再建されています。

昭和43年(1968年)には、近代都市化が進み日ごとに増す喧騒と環境悪化を避けるために、妙満寺の現住所である岩倉の地に移り、今日に至ります。

妙満寺でよくある質問

妙満寺の合祀墓と納骨堂の費用を教えてください

妙満寺には合祀墓(集合墓)と納骨堂があって、合祀墓は50,000円、納骨堂は50,000円~600,000円の費用がかかります。納骨堂は遺骨を納骨する区画の大きさと納骨する壇の場所によって費用が異なります。くわしくはこちら

妙満寺に見学予約をする方法を教えてください

ハカシルの電話(0120-061-029)または、ホームページのメールフォームから見学希望寺院と見学希望予定日と時間をご連絡ください。見学希望予定日と時間につきましては、妙満寺の見学予約時間(9:00~16:00)の範囲のなかでお選びください。くわしくはこちら

築地本願寺の永代供養の口コミ・評判

妙満寺

0.00
0

交通の利便性

0.0/10

寺院の雰囲気

0.0/10

お墓の管理状況

0.0/10

寺院の設備状況

0.0/10

寺院の周辺環境

0.0/10

口コミの入力はこちら

永代供養を探す

北海道・東北

関東

信越・北陸

中部・東海

近畿

中国

四国

九州・沖縄