お問い合わせ

洋型墓石の種類や費用相場と選び方を解説

洋型墓石とは、欧米風のスタイリッシュな墓石で、芝生墓地やガーデニング霊園などによく映えます。

この記事では、洋型墓石の特徴や種類、デザインや使われる石材の種類、選び方と価格、刻む文字や価格相場、そして建設と管理方法について解説していきます。

墓石選びで悩んでいる方や洋型墓石に興味がある方は、ぜひ参考にしてください。

型墓石の特徴と種類について知ろう

洋型墓石とは何か

洋型墓石とは、芝生墓地やガーデニング霊園などでよく使われ、欧米風のスタイリッシュなデザインが特徴の墓石です。

明るく現代的なデザインであり、モダンで瀟洒な中に格調があることから、近年人気を集めています。

洋型墓石は、和型墓石とは異なり、自由度が高いデザインが可能です。生前から自分の好きな字を掘ったり、イラストを描いて自分を表現する方が増えている傾向にあります。

洋型墓石を建てるには、石の種類や彫刻内容、加工の仕方によってかなり価格が変わるため、傾向としてはあらゆる点でこだわればこだわるほど費用がかかります。

洋型墓石の種類と特徴

洋型墓石には、いくつかの種類があります。

洋一段

墓石の洋一段とは、洋風のデザインを取り入れた一段式の墓石のことです。伝統的な和型三段墓に比べて背が低く、スタイリッシュで現代的なデザインが特徴です。

洋型墓石は和型墓石とは異なり、竿石や台石などの組み合わせで構成されていません。また、形状に制限がないため、自分の好みに合わせてデザインすることができます。

洋二段

墓石の洋二段とは、和型三段墓とは異なり、背が低く、2段の石で構成された欧米風のスタイルの墓石のことを指します。

和型三段墓は、上から竿石、上台石、中台石、芝台石の4つの墓石で構成されますが、洋二段は2つの石で構成されています。

このタイプの墓石は、洋型墓石とも呼ばれ、伝統的な和型墓石とは異なるスタイルで、現代的でスタイリッシュなデザインが特徴的です。

墓石のオルガン型

墓石のオルガン型とは、墓石のデザインの一種です。オルガン型墓石は、洋型墓石の中でもスタンダードなデザインとされています。

オルガン型墓石は、台石の上に竿石と呼ばれる細長い石を横から見て台形に近い形に組み合わせたものを指します。

オルガン型墓石は、その名の通りオルガンのような見た目が特徴で、墓石の正面が斜めにカットされています。

洋型墓石のデザインと使われる石材の種類

洋型墓石のデザイン

彫刻によるデザイン 

洋型墓石には、家名やお墓の持ち主の名前、記念日などを彫刻することができます。また、動物や自然、人物のイラストなど、オリジナルのデザインを彫刻することも可能です。

オルガン型のデザイン 

オルガン型は、洋型墓石の一種で、墓石の上段部分(竿石)に角度をつけたデザインです。形状は様々に異なりますが、明るく現代的なデザインであるため、人気があります。

フラットデザイン

フラットデザインは、シンプルで美しいデザインです。墓石全体が平面的で凝ったデザインでは無いのが特徴です。

洋型墓石のデザインで使われる石材について

洋型墓石のデザインには、多様な石材が使われます。

その石材には、日本産のものだけでなく、外国産のものもあります。一般的に、洋型墓石は和型墓石と比べ、外国産の石材が多く使われます。

代表的なものには、中国産やインド産、アフリカ産などがあります。

洋型墓石のデザインに使われる石材は多岐にわたりますが、それぞれの石材によって異なる特徴や魅力があります。

石材の種類や組み合わせ方、表面処理など、デザインに関わる要素を考慮して、自分や故人に合った墓石を選ぶことが大切です。

洋型墓石の選び方と価格

洋型墓石の選び方

洋型墓石を選ぶ上での基準は、石材の種類、形状、価格、大きさ、文字などがあります。洋型墓石を選ぶ場合、以下のポイントに注目するとよいでしょう。

石材の種類

石材には国産と外国産があります。費用を抑えたい場合は外国産をの石を利用することで費用を抑えられます。

墓石の形状

洋型墓石には、洋一段、洋二段、オルガン型があります。ご自分の好みの形状を選ぶようにしましょう。

洋型墓石の大きさ

墓地の規定に合わせて墓石のサイズを選びます。墓地の面積によって、墓石の大きさや使用する石の量が異なります。

そのため、墓地の大きさを確認してから、墓石の大きさを選ぶようにしましょう。

洋型墓石の費用相場について 

洋型墓石の平均価格は約200万円から300万円程度とされています。

しかし、洋型墓石の費用相場については、複数の要因によって変動します。

例えば、石の種類や加工方法、デザイン、大きさ、納骨棺の有無、建立する霊園などによって、費用相場は異なります。

洋型墓石の刻む文字と刻まない方が良い文字

洋型墓石に刻む文字

墓石に刻む文字は、故人を偲ぶ大切な要素の一つです。洋型墓石に刻む文字は、ご自身の好きな文字やメッセージを入れることもできます。

しかし、洋型墓石に刻む文字には、一般的に4文字までがおすすめであるとされています。

洋型墓石に刻む文字の種類には、ひらがなや漢字、四字熟語、英語などがあります。

洋型墓石に刻まれるメッセージとしては、和型墓石とは異なり、「ありがとう」や英語で「Thank you」などの感謝の気持ちを表す言葉が人気です。

また、家紋やロゴマークを彫刻することもできます。

洋型墓石に刻む文字を選ぶ際には、予算や墓石の形状、故人の趣味や人生観などを考慮して決めることが大切です。

そして、選んだ文字が故人を偲ぶ人々の心に残るものとなるよう、慎重に検討しましょう。

洋型墓石に刻まない方が良い文字

墓石に刻む文字には注意が必要です。

例えば縁起の悪い言葉や不適切な言葉を選ぶと、親族やその墓地を利用している他の家族の方を不愉快にさせてしまう可能性があります。

また、著作権で保護されている楽曲の歌詞なども注意が必要です。

洋型墓石の文字刻みの価格相場

墓石の文字刻みの価格相場は、文字数や書体、彫刻の深さ、使用する石材の種類や大きさなどによって異ります。

また、文字数が多いほど価格が上がる傾向があります。ほかにも、彫刻の深さが深いほど、より美しく仕上がる一方で、価格も高くなる傾向があります。

一般的な、価格相場は文字数が2~4文字程度で彫刻の深さが3~5mm程度の場合、おおよそ1万円~3万円程度が相場とされています。

ただし、石材や書体によっては、これよりも高くなる場合があるため、事前に見積もりを取ることが大切です。

洋型墓石の注意点

寺院では洋型墓石を認められないことが多い

洋型墓石を建設する場合、寺院墓地の一部では断られる可能性があるため、事前に確認する必要があります。

建設する際には、地元の条例やルールを守り、違法建築にならないように注意しましょう。

洋型墓石を管理の注意点

墓石表面を定期的に清掃することが重要です。外気中の汚れや腐食物質が付着し、美観を損ねる原因となります。

墓石の素材によって清掃方法は異なりますが、基本的には水洗いや墓石用洗剤を使用することが一般的です。

洋型墓石についてよくある質問

洋型墓石の特徴は何ですか

洋型墓石は、欧米風のスタイリッシュで現代的なデザインが特徴で、格調があることから近年人気を集めています。

洋型墓石のデザインにどんな種類があるのでしょうか

洋型墓石のデザインは洋一段、洋二段、オルガン型などがあります。また、石材の種類によっても異なるデザインがあります。

洋型墓石はどのような注意点がありますか

管理には、石材の劣化や汚れに注意し、専門業者によるメンテナンスが必要です。また、洋型墓石が受け入れられるお寺や霊園が限られるため、事前に確認が必要です。

ハカシルのシニアライフサポート
ハカシルの安い海洋散骨
ハカシルの安い墓じまい