お問い合わせ

永代供養の費用はどれくらい?【種類・タイプ別。手続費用】

近年広がりつつある永代供養。どんなものか興味を持つと気になってくるのが、「費用はどのくらいか」ということ。永代供養の費用相場や手続きにも費用がかかるのかなど、早めに把握しておきたいポイントです。

今回はそうした疑問や不安を持たれやすい、永代供養に関連する費用の目安、一般的な費用の内訳までを詳しく解説します。永代供養の種類・タイプ別に費用をチェックするので、自分が興味のある部分についてよく確認してみてください。

また、手続きにかかる費用目安については、手続きの流れを簡単に見てからチェックしていきます。永代供養をおこなうための流れ・手続きについて知りたい方は、そちらも確認してみてください。

この記事でわかること
  • 永代供養における費用の一般的な内訳
  • 永代供養の種類別・タイプ別の費用相場
  • 永代供養・墓じまいの手続きにかかる費用の目安

永代供養の概要

まずは費用を知る上で、永代供養に関する基礎知識が必要となるため、順にお伝えします。

永代供養とは

永代供養とは、ご遺骨を納骨した後の管理・供養などを、霊園や寺院に任せることができる供養方法のこと。永代供養の読み方は、「えいだいくよう」もしくは「えいたいくよう」です。

従来のお墓制度では定期的なお墓の管理・清掃や、法要のたびに寺院・霊園へ足を運ぶことが、ご遺族にとって負担になることがありました。また、寺院の檀家である場合には、お布施や行事への参加なども、同様に負担を感じることもあります。

一方、永代供養ではお墓の掃除・修繕などは全て施設側がおこなってくれるだけでなく、故人の供養も全面的にお任せすることができます。
供養に関しては春・秋のお彼岸やお盆など、決められたタイミングが来ると施設が責任を持っておこなってくれるので、ご遺族側で法要をおこなう必要はありません。

このように、永代供養は従来のお墓に比べて、ご遺族側の負担がずっと少ないのが特徴です。

永代供養における「永代」の意味

「永代」という言葉から、「永代供養」は「ずっとご遺骨を供養・管理してもらえるもの」と考えてしまいがちですが、厳密には違います。

永代供養における「永代」とは「ずっと長い期間」といった意味です。決して「永遠・永久」と同じ意味ではない、という点には注意しなければいけません。
たとえば、寺院・霊園であっても場合によっては経営が困難になって、倒産してしまう可能性があります。その場合、最悪「永代供養がストップしてしまう」ということがあるのです。

しかし、別の表現をすれば、「その施設が存続する間は、ずっと永代供養は続いていく」という意味合いにもなります。つまり、施設が存続さえすれば供養は続けられていくため、永代供養先を選ぶ際は、その寺院・霊園の経営状態にも注目することが大事になってくるのです。

そのため、経営がしっかりしている永代供養先であれば、それだけ安心してご遺骨を任せられます。

合わせて読む

永代供養における、ご遺骨の安置方法

永代供養におけるご遺骨の安置方法には、「初めからご遺骨を合祀するパターン」と「骨壺の状態で安置するパターン」の2通りがあります。

初めからご遺骨を合祀するパターン

このパターンでは、骨壺からご遺骨を取り出し、共同スペースに埋葬されているほかのご遺骨と一緒に埋葬します。こういった埋葬方法のことを「合祀(ごうし)」と呼びます。

ご遺骨を一度合祀すると、二度と取り出すことができないので、分骨・改葬(ご遺骨を別の場所に移すこと)に対応することはできなくなります。

骨壺の状態で安置するパターン

一方、骨壺のままご遺骨を安置するパターンもあります。
合祀するパターンと違い、ご遺骨を個別に安置しておけるのがメリット。また、ご遺骨が骨壺で安置されている間は、分骨・改葬に対応してもらえることが多いです。

ただし「骨壺を安置できる期間」は決まっていることがほとんどなので、注意が必要となります。期間は施設によってさまざまですが、「7回忌まで」「13回忌まで」と、ある年忌法要を基準に定められていることが多いです。そして、その期間を過ぎると、一般的にご遺骨は合祀されます。

合祀後はほかのご遺骨と一緒に、施設が存続する間は供養され続けていきます。

永代供養の種類

永代供養には大きく分けて「永代供養墓」「納骨堂」「樹木葬」という3つの種類があります。
それぞれの特徴について簡単に解説します。

永代供養墓

読んで字のごとく「永代供養をおこなうお墓」のこと。永代供養墓は霊園・墓地の一画で、一般墓とは区別して運営されることが多いです。また、永代供養墓は屋外で運営されることがほとんどなので、お参りの際には天候に気をつける必要があります。

永代供養墓の中にもいくつかのタイプがあります。タイプ分けの方法もいくつかありますが、ここでは費用相場に関わる「ご遺骨の安置方法によるタイプ分け」を紹介します。

合祀型 ご遺骨を初めから共同スペースに合祀するタイプ
集合安置型 骨壺を共通の棚やスペースに安置するタイプ
墓石安置型 一般墓と同じく墓石を建て、個別にご遺骨を安置するタイプ

納骨堂

納骨堂とは、建物の中に納骨スペースや参拝スペースを設置し、ご遺骨の管理・供養をおこなう施設のこと。もともとはご遺骨を保管する場所として使用されてきましたが、近年では永代供養をおこなう場所として利用される納骨堂も増えてきました。

納骨堂の場合、参拝スペースが屋内にあることが多いので、天候に左右されず、ゆっくりとお参りできるというメリットがあります。

おもなタイプは以下のとおりです。

合祀型 ご遺骨を共同スペースに合祀するタイプ
ロッカー型 ロッカーのように区切られた棚にご遺骨を収めるタイプ
仏壇(霊廟)型 上下2段に分かれた棚にご遺骨を収めるタイプ。
下が納骨スペース、上が仏壇や掛け軸、お供えものを置けるスペースとなっていることが多い。
機械式納骨堂 機械で運ばれてきた骨壺と、専用空間で対面できるタイプ。
「自動搬送型」とも呼ばれる。

樹木葬

樹木葬とは、墓石の代わりに「シンボルツリー」と呼ばれる樹木や草花を植え、その周囲にご遺骨を埋葬するお墓のことです。樹木葬のほとんどは永代供養がセットになっているので、一般的に永代供養の一種と考えられています。

樹木葬のメリットは自然豊かな環境の下で眠れることです。また、ガーデニングタイプの樹木葬や、ペットと一緒に入れる区画が用意されている施設もあるため、従来のお墓にとらわれないものをお探しの方などは樹木葬を検討されてみると良いかもしれません。

樹木葬にもさまざまなタイプ分けの方法がありますが、ここでは費用に関わるタイプ分けを紹介します。

合祀型 シンボルツリーは共有で、共同スペースにご遺骨を合祀するタイプ
集合型 シンボルツリーは共有で、その周囲に骨壺を安置するタイプ
個別型 1区画に1本のシンボルツリーを用意し、世帯ごとに骨壺を安置するタイプ

永代供養の費用の内訳

永代供養の場合、費用は契約時に「一式料金」で支払うことが多いです。ただし、永代供養の種類や施設によっては、一式料金のほかにも継続的・追加的にかかってくる費用があります。

一式料金に含まれるもの

上記が一式料金の一般的な費用の内訳です。

ただし、内訳にどのような費用項目が含まれているかは寺院・霊園によって異なります。そのため、上記はあくまで参考とし、契約時にしっかりと費用内訳を確認することが大事です。

墓石代がかかってくることも

永代供養墓の中には、「墓石安置型」と呼ばれるタイプがあります。このタイプは一般墓と同じように墓石を建て、その下にご遺骨を安置するタイプです。

この場合「墓石代」が別途かかってくるだけでなく、墓石の大きさ・デザインによっても大きく費用が変わってくるので、契約前に十分に検討する必要があります。

継続的にかかってくる費用

場合によっては、契約時に支払う「一式料金」以外にも、継続的な費用がかかってくることがあります。

年会費・管理費

よくあるのが「年会費」や「管理費」といった名目の費用です。
施設の維持・管理にかかる費用で、永代供養の「納骨堂」タイプの場合、必要となるケースが多いです。

また、永代供養の生前契約を結んだ場合に、契約者が存命中の間だけ「年会費」が請求されるケースもあります。これは、契約者が生きている間でも、スペースを確保しておかないといけないためのものなので、納骨後にはかからなくなることがほとんどです。

入檀料・護持会費

永代供養は寺院の檀家にならなくても利用できるケースがほとんどですが、ごくまれに檀家になる必要がある場合があります。その際は、入檀料・護持会費などがかかってくることがあるので、注意してください。

とくに寺院が運営する永代供養を検討する際は、有無を確認しておくことが大事です。

追加でかかってくる費用

個別の法要にかかる費用

永代供養の一式料金の中には「永代供養料」があって、ここには定期的におこなわれる合同供養祭などの費用も含まれています。

とはいえ、ご遺族サイドで個別に法要をおこないたいという状況もあるかもしれません。とくに一周忌から三回忌までは、親族が集まる場所を確保する、身内で故人を偲びたいという意味でも、法要はおこないたい…という考え方もあります。

もしも法要をおこないたい場合は、寺院・霊園に依頼することで、個別に法要をおこなうことが可能です。あるいは、別の会場を貸してもらい、そこに僧侶を派遣してもらって法要をおこなうこともできます。

その際は、法要のお布施代や会場の使用料などがかかってくるので、どの程度の費用がかかるのか、事前に確認しておくことが肝心です。

永代供養の費用相場は?

一般的なお墓と永代供養の相場をお伝えします。

一般的なお墓の費用相場

一般的なお墓を新しく建てるのにかかる費用は、おおよそ150万円~250万円程度といわれています。
これはあくまで「相場」であって、実際にかかる費用はお墓を建てる場所や墓石の大きさ・産地によって変わってきます。

永代供養の費用は種類・タイプによって異なる

一方、永代供養の費用相場は10万円~100万円程度といわれています。費用相場に開きがあるのは、永代供養の種類によって、管理にかかる手間・スペース・サービス内容が変わってくるためです。
ただし、それでも従来のお墓に比べれば安価ですむことが多いため、「永代供養は一般的なお墓より費用を抑えやすい」といえます。

では、永代供養の種類・タイプ別の費用相場はどのようになっているのか。
その点について詳しく見ていきます。

永代供養の各種類・タイプ別の費用相場

永代供養墓の費用相場

タイプ 費用相場
合祀型 10万円前後
集合安置型 20万円前後
墓石安置型 40万円~100万円

「合祀型」は管理に手間・スペースがかからないため、もっとも費用が安くなっています。

骨壺を安置する「集合安置型」は、「合祀型」よりも管理に手間・スペースがかかるため、少し割高な傾向です。

「墓石安置型」の費用には開きがありますが、これは先ほどもお伝えしたとおり、「永代供養料」や「納骨手数料」に加えて「墓石代」がかかってくることが影響しています。「墓石代」がかかる場合は、墓石の大きさ・デザイン・産地によって、費用が変わります。費用対相場は40万~100万円程度としていますが、まれに200万円いくケースも無いとはいいきれません。

納骨堂の費用相場

タイプ 費用相場
合祀型 10万円前後
ロッカー型 20万円前後
仏壇(霊廟)型 30万円~100万円
機械式納骨堂
(自動搬送式)
50万円~100万円

納骨堂の場合も、各タイプの中では「合祀型」が最も安くなっています。「ロッカー型」は個別の区画を用意する必要があるとはいえ、作りがシンプルなので、「仏壇(霊廟)型」「機械式納骨堂」に比べると費用は安い傾向にありますね。

「仏壇(霊廟)型」はひとつの区画が上下2段に分かれているため、「ロッカー型」よりもスペースは広め。そのため、費用も「ロッカー型」よりは高くなります。

最も費用が高い傾向にあるのが「機械式納骨堂」。「機械式納骨堂」は地価が高い都市部に多く、ほかのタイプに比べて設備投資も必要です。そのため、必然的に費用が高くなる傾向にあります。

樹木葬の費用相場

タイプ 費用相場
合祀型 5万円~20万円
集合型 15万円~60万円
個別型 20万円~80万円

樹木葬の場合も、骨壺なしで埋葬する「合祀型」が最も費用が割安。ひとつのシンボルツリーの周囲にある各区画に骨壺を安置する「集合型」は、「合祀型」の次に費用がかかるタイプです。

各区画にひとつのシンボルツリーを用意する「個別型」が、3タイプの中では最も割高。ただし、ひとつの区画に複数の骨壺を納められることも多いので、“一人あたりの費用”に換算すると、それほど高いとはいえないかもしれません。

永代供養の手続きと費用

永代供養の種類・タイプ別の費用相場を確認したところで、次は「永代供養をおこなうための手続き」にかかる費用の相場を見ていきます。

永代供養・墓じまいの手続きの流れ

永代供養をおこなうためには、「墓じまい(今までのお墓からご遺骨を取り出し、お墓を撤去すること)」や関係各所との書類手続きなどが必要です。

具体的な流れをお伝えします。

ご遺骨を永代供養先へ移すには、「墓じまい」をおこなう必要があります。

「墓じまい」とは簡単にいえば、今までのお墓からご遺骨を取り出し、解体・撤去工事をおこなうことです。そのためには、事前にお墓の関係者と話し合いをし、「改葬許可申請」という書類手続きをする必要があります。

なお、「改葬許可申請」は手続き自体が少々煩雑で、やり取りをする窓口も複数あります。現在のご遺骨がある墓地が所在する市区町村の役所窓口で確認の上、どのような流れで進めるべきかを確認してください。

「改葬許可申請」をおこなった後は、お墓を撤去する業者を決め、「閉眼法要」をおこなってから、お墓からご遺骨を取り出します。最終的にお墓の解体工事が終わったら、更地になった墓地を返還し、永代供養先へご遺骨を納骨すれば、永代供養・墓じまいの工程は完了です。

費用がかかる手続き一覧

永代供養をおこなう流れの中では、複数の相手とさまざまなやり取りをする必要があります。その中で費用がかかってくるのは、以下の7つの工程です。

項目 内容
書類手続き
(改葬許可申請)
自治体、寺院、永代供養先とやり取りをして、「改葬許可申請」という手続きをする
お墓からご遺骨を取り出す作業 今までのお墓から、ご遺骨を取り出す
ご遺骨の魂抜き
(閉眼供養)
お墓からご遺骨を取り出す際におこなう法要。
今までのお墓があった寺院に依頼するのが一般的
お墓の解体・
撤去工事
石材店によるお墓の解体・撤去工事
ご遺骨を永代供養先へ
移送する作業
ご遺骨を新しい納骨先(永代供養先)へ移す作業
永代供養先での
開眼法要、納骨法要
永代供養先で納骨をおこなう際に必要な法要
檀家を離れる
(離檀)
寺院の墓地を利用していた場合は、檀家を離れる(離檀)ことが必要になる

墓じまい・永代供養手続きにかかる費用

次に、各工程でかかる費用について見ていきます。以下の表におおよその費用相場をまとめたので、ぜひチェックしてみてください。

項目 費用相場
書類手続きにかかる費用 3,000円前後
ご遺骨を取り出す作業にかかる費用 4万円~5万円
魂抜き(閉眼供養)にかかる費用 1万円~5万円
お墓の解体・撤去工事にかかる費用 10万円程度(1平方メートルあたり)
ご遺骨を移す作業にかかる費用 2万円~3万円
開眼法要、納骨法要にかかる費用 1万円~5万円
離檀にかかる費用 3万円~15万円
墓じまい全体の費用 50万円~100万円

上記はあくまで目安であって、「どんな業者・寺院に各工程を依頼するか」によって、実際の費用は変わってきます。

また、スムーズに手続きをおこなう上で、注意すべき点もいくつかあります。永代供養にするまでの流れ・墓じまいの手続きについてさらに詳しく知りたい方は、以下の記事をご参照ください。

地域・宗旨によって費用は異なる?

地域・宗旨によって費用に違いはあるのか。あるとすれば、どのくらいの違いがあるのか。全体的な傾向性をお伝えします。

地域による永代供養費用の違い

まず、地域による費用の違いについて、関東地方を例に見ていきます。

これは想像どおり…といえるかもしれませんが、東京都や神奈川県など、いわゆる「都市部」と呼ばれる場所では、永代供養の費用が比較的高い傾向にあります。そして、地方へ行けば行くほど、全体的に費用は安くなっていきます。

しかし、これはあくまで“全体的な傾向性”の話です。実際の費用は、永代供養を運営している寺院・霊園がどのような料金体系を設定しているか…という点に大きく左右されます。

都市部にはいわゆる「高級霊園」と呼ばれる、費用が高い施設がありますが、一方で永代供養を10万円前後で利用できる施設も存在しています。また、地方にある施設だからといって、どこでも費用が安くすむ…というわけでもありません。

宗旨による永代供養費用の違い

永代供養の費用が宗旨(宗教や宗派)によって大きく変わるのか。

この点については、大きな違いは見られません。宗教・宗派というよりも、やはりその寺院・霊園がどのような料金体系を設定しているか、という点に左右されます。

まとめ

今回は永代供養の種類・タイプ別の費用相場や、永代供養の手続きにかかる費用の目安について紹介しました。

永代供養には永代供養墓・納骨堂・樹木葬という種類があって、種類ごとに細かいタイプ分けが可能です。

しかし、どんな種類であっても、管理に手間・スペースがかからない「合祀型」が最も費用が安いという点は共通しています。逆に、管理に手間・スペースがかかったりサービスが充実していたりするほど、費用は高くなる傾向にあります。

また、永代供養先へご遺骨を移したりお墓を撤去したりする際にも費用がかかります。今回紹介した費用相場・目安を、ご自身にとって最適な選択に役立てていってください。